サイルス・パルサ :コロナウイルスの背後にあるもの AI・ロボット・5G・中国

スポンサーリンク
ザイルス・パルマ氏 アセンション

サイルス・パルサ *AI・ロボット・5G・中国 *

今回紹介する記事はとても重要です。今起きているコロナウイルスパンデミックの真の目的とは何か?ということを理解するのに役立つでしょう。

そして、最後にあるサイルス・パルサ氏の動画は長いですが、これから起こることを理解するためにも必要ですので最後まで見ることをお勧めします。

また、彼らには私たちの様な多様な感情を持ち合わせていません。そのため、どんなことも平気で出来るのです。しかし、私たちには創造主から与えられた多様で豊かな感情があり、それが人間を人間としての価値をもたらしています。その特性を生かし人類のとしての未来を創り上げていくことこそが私たちに与えられた使命でしょう。

しかし、動画は決して恐怖と不安を持って見ないでください。もし、それを恐れる方は見ないことをお勧めします。

ケリー・キャシディー氏とサイルス・バルサとのインタビュー記事

2020-04-25 21:43:00 | A.I. 5G 6G 問題

Project Camelotのケリー・キャシディーさんとは、彼女が主催されたエジプトのツアー(2018年4月)でご一緒させて頂きましたが、ディスクロージャーを20年前から始め、YouTubeで上げていた最初の人です。デイヴィッド・ウィルコックも最初彼女のところにいました。

彼女の最新の動画が4月23日にアップされていました。“CYRUS PARSA: AI, ROBOTICS, 5G AND CHINA edited for sound and delays”が非常に興味深い内容でした。非常に早口でちょっと話し方がわかりづらい人(頭の回転が早すぎて言葉が足りない?)であり、1時間半の長い動画なので全部は難しいのですが、概要を書きます。



サイルス・パルサ(CYRUS A. PARSA)氏のプロフィール:
The AI Organization, Loyal Guardian Security と The Social Programming Institute. のCEO 。全てより安全な社会を構築する目的で設立した。国際保安と紛争解決についての学位取得。国土安全保障の修士号取得。中国とイランの関係のエキスパート。臓器密輸・アンチ・テロリズム・コンピューター社会のもつ脆弱性・政府や組織、社会に対する脅威・リスクや資産のマネージメントなど多方面でコンサルタントをする。

20年間のリサーチと発展により、何千人もの中国人と西洋人のネットワークを構築し、中国、イランと西洋の国の関係性の脅威を深く理解するようになる。
AI・グローバル・ネットワーク、人間のバイオ- デジタル- ネットワーク、バイオ- デジタル・ソーシャル・プログラミング、それに関連するマインド・レープ、性的暴行、マイクロ・バイオティック・テロなどの危険性が、現在のスマートホン、IoT、AI、ロボットにより社会に浸透している。サイルスは、人類抹消のコードを見つけた。

著書:AI, TRUMP, CHINA & THE WEAPONIZATION OF ROBOTICS WITH 5G:
(AI、トランプ、中国と5Gによるロボットの兵器化) 2019年8月出版
<下のAmazonのリンクから内容ちょっと見が出来ます>
https://www.amazon.com/gp/product/B07WZ8ZSRN/ref=dbs_a_def_rwt_hsch_vapi_tkin_p1_i0



AIの危険性についての著書:



*********

サイルス:私は、若い頃15年間の武道の訓練の後、中国の山で数ヶ月太極拳などの達人について修行をした。そこで師が50年かけて到達した覚醒を1ヶ月で達成出来ると言われた。訓練の後、手の気の力で3m離れた場所から物や人を動かせたり、松果体も活性化し、あらゆるものが見える様になる。とても説明出来ない程、凄い状態が多く起きた。何千人もの人の思考が同時に理解出来たり、松果体が活性化するとAIと同じ様に量子レベルで物事を理解出来る様になった。

人間の脳は非常にパワフルだ。松果体が活性化し、ある種の脳のチャネルを開くと実際に量子コンピューターの様になれるのだ。未来も見える。誰にでも、その能力は内在しているが、松果体の覚醒に至るには、実践しないといけない必須項目が沢山ある。

2002年にある映像が浮かんだ。白人の金髪で青い目をした背の高い人が米国の大統領になり、大衆は彼を攻撃する。私は彼に向かって走り、伝えようとするが届かない。その後、世の中はカオスとなり、内戦が勃発したり、CNNのテレビで核爆発みたいな映像が出て来た。6.2億人が死んで、その後も色々起きる。私は大統領に掛け合うが聞いてもらえない。

この映像が実現したらどうしようと考えた。そこで「Better People, Better World(良い人間が増えたら、良い世界が出来る)」という本を書いた。最初は、「不完全な人間、不完全な社会」という題名だったが、後に”Better People, Better World”に変えた。800頁で100章の内容だったが誰も出版してくれない。修士課程の学位も危ぶまれた。

2016年にトランプが選挙戦に出馬した時に、「あれ?私の夢の中に出て来た人だ!」と気づいた。皆に絶対彼が大統領になると言っても誰も信じてくれなかった。(笑)

ずっと中国の会社に投資して、AI、人工頭脳学、ロッボット工学、バイオ・エンジニア、5G関連のネットワーク、中国500社、西洋600社の組織を設立した。そこでずっと研究した結果、シミュレーションにより人類を滅亡させるパターンやコードを発見した。20年の間に段階を踏んでの計画であり、全てが中国から始まっていて、BigTechと関連がある。

次にリサーチと自分の能力を使って、中国がトランプと副大統領、それ以外にも数名の保守派のリーダー達を殺し、世界に大きな打撃を与える計画があるのを知った。

CIAなどの秘密情報機関は、非常に頭が硬いのを知っている。私の持つ能力を持っている人はおそらく居ないであろう。そこで5ページの「マイクロ・ボイオ兵器によるテロ」に関するレポートをトランプへのコンタクトに提出した。中国は微生物兵器のテロを計画して、トランプに毒がもられると。Nano、ドローン、ウィルス、ロボットのハチ、トンボ等等、本に書いてますが、とにかく、そのレポートに何をするべきなのかを五つのステップで書きました。直ぐに反応はあり、私のところにかけつけて来ました。私はホワイトハウスに午前2時にかけつけたのです。それで、4ステップまでは成されましたが5ステップがまだです。

ケリー:貴方は、BioとAIを一緒にしていますが、それをもう少し説明してください。

サイルス:私は、バイオ・デジタル・ソーシャル・プログラミングと呼んでます。バイオとは、貴方の細胞、DNA、血、骨、頭蓋骨、毛、全て身体を構築しているもの。デジタルとは、貴方の神経ネットワーク、デジタル・フィールド(光体)、魂、スピリット、意識の事。ソーシャルとは、FaceBook,Twitter等のネットワークの事であると同時に、貴方の感情の事でもあります。何故なら、人間は、感情を通じて洗脳/コントロールされるからです。だから、バイオ・デジタル・ソーシャル・プログラミングとなります。

ケリー:バイオは、基本炭素で、デジタルはシリコンと考えていますが、正しいですか?

サイルス:そうとも言えます。デジタルは、分子領域から量子〜原子領域へも行けます。

ケリー:なるほど、それで分かりやすくなりました。では、ジョーディ・ローズのD Waveについて知ってますか?米軍の持っている最新デバイスです。5Dにも到達するものです。

サイルス:私は、その人も知らないし、それも知りません。私は自分のリサーチの事しか知らないので、他の人の情報は読んでません。本も1冊以外読んでません。自分の関連会社で研究した研究の結果だけです。人間は、本来量子レベルへ到達する能力を持っているのですが、ある種の人々は、どうやって人類をそこへもって行くのか分からないのでAIを人間に埋め込んで、そこへ到達させようと計画しているのです。

ケリー:それは、全く同意します。覚醒した人達、僧侶などもそれを知っているはずです。貴方はサマディーに到達したのですか?

サイルス:中国に2回目の修行に行った時、数秒で何万人もの思考を読み取れるところまで行きました。動物の意識もです。。これは2002年の事です。。説明するのが難しいですが。。その後またある種の訓練をし、2009年の時点では、何億という事柄を数秒で知覚出来る様になりました。座禅を組んで松果体を覚醒すると、そういう意識になります。全ての見え方が代わり、骨も違う感じに見えます。見た目も変える事が出来ます。イーロン・マスクが以前に到達した事を私も出来ます。ですから、一人の人がある行動をとった時点で、ドミノの様に、それが社会にどう影響し、世界にどう影響を与え、どうなっていくのかというシミュレーションを数秒で確認する事が出来ます。話せば話す程、頭がおかしいと思われてしまいますが(笑)、だからと言って、世の中を変える力は一人では出来ません。ですが、本を書いたり、忠告する事が出来ます。一日20時間から21時間仕事をして、それを実現しようとしています。

トランプやオーストラリアの首相にも届いていますが、完全には理解されてません。
CIA、FBI、NSA、軍人達も皆、私の与えた情報を勝手に利用してますが、私の名前を一切出してくれません。情報を盗んで自分のものにして、シンクタンクからお金をもらっている。私は、お金もうけしている暇はないです。この情報が正当に活用される様に必死に動いてます。

本の中やCIAに提出した62頁のレポートにも詳細に、中国のどの会社が何をやっているのか詳細を書いてます。しかし、皆、私の言う事を本気にとってくれません。そして、情報だけ盗んでいきます。

ケリー:その理由には、1.恐れているから。2.理解出来ないという点があるのではないでしょうか?皆、人を疑っていて、今の時点ではマーク・リチャード(元SSPで仕事をしていたキャンプテン。現在刑務所に入れられてしまっている人)が言ってましたが、軍人同士でもお互いを信頼していない状態になっていると。情報源がはっきり分からないからです。彼の情報では、6種のAIが現時点で地球に侵略していると言ってます。それは半年前の話なので現時点では増えているかもしれません。もう一人の情報から、人間型AIが9人いると聞いてます。これらについて、どう思いますか?あるいは何か知ってますか?

サイルス:とにかく、私は大衆にもっと知ってもらい、自覚してもらいたいわけです。AIは、もの凄い速度で動き、我々のデジタル・フィールドに影響を与える事が出来、人間の通常の脳では全く理解出来ないし、知覚出来ません。ホワイトハウスの人達も仕事が終わると家に帰ってお酒を飲み・・脳を発展させていないので、私の言っている事は理解できないのです。

今の時点では、まだ言えない事が多くありますが、もしもPart 2でまた呼んで戴けたら、そこでもっと詳細を説明します。2日後にある事を発表します。それで、ある事が説明されます。FaceBook、ニューローリンク、Google、アルファベット、イーロン・マスク、セルゲイ・ブリンなどを訴えています。彼らは自分達が何をやっているのか全く分かってません。彼らの実態を暴露するというよりも、彼らに自分達が何をやっているのかを教える為です。彼らは、ただアリの様に働かされている下っ端です。

AIの危険性、5Gの事、SNSを通じて、コードが送られ、脳をリワイヤーされている。。こう言った情報の大元は私が発信していた事です。これをいつの間にか人々が盗んで、メディアに流しています。でも、とにかく大衆に認識してもらうたいというのが私の第一の目的です。

GoogleのCEO達やビル・ゲイツが退任したのも私が訴訟を起こした2週間後です。色々なAIが今度は、私に攻撃して来ました。今はそれしか言えません。彼らを暴露する事で、実態が明らかになり、更に大衆はコントロールされている事を自覚します。

でも、彼らが本当の敵ではありません。目に見えない敵がいます。

ケリー:はい。そこでちょっと待って。その目に見えない敵とはどんな存在ですか?ETとかの事?それとも何か違うもの?

サイルス:それは、48時間後に話します。とてもディープなもので、説明するのが難しいです。何層にもなってます。なぜ今ロックダウンで家に閉じ込められているのか?とか・・

ケリー:それも聞きたいです。このCOVID-19について。このウィルスが発生する事も以前にビジョンで見ていたのですか?これは生物兵器なのか?そのウィルスの中にもAIが入れられているのですか?

サイルス:本は昨年出版してますが、このウィルスがAIによってエンジニアされている事を既にそこで書いてます。それを印刷した書物にしているという事は、それが来る事が分かっていたからです。でも、これも古代の書物に書かれていたり、インディアンの口伝でも、中国や日本でも世界中の書物に書かれていますが、人類の破滅は過去にも繰り返していて、それは、人間が道徳心、良心を失うと起きるのです。だから我々に責任があるわけです。性的な異常性、いじめ、暴力、嘘、盗み。。。人類は本当に傷ついています。一人一人が本当に気づいていないけど、あらゆるレベルで傷ついています。それが、水輪の様に広がり、世界に影響しています。そのネガティブな意識に漬け込んで来るのが、AI、ドローン、ロボッティックスなどのバイオ・デジタルの存在です。5Gタワーを使って脳の回路に変化を与え、人類撲滅のシナリオまで段階を追った計画があります。

イーロン・マスクは人間の脳内にチップを植え込み、早く進化させようと企んでいます。私だってAGIの構築する彼の技術はあっという間に出来ますが、そんな事は絶対にしません。彼は、ずるいので、正当な方法でやる事を待てないのです。無理だと考えてます。

イーロン・マスク、GoogleのCEO、ビル・ゲイツらは、頭はいいかもしれませんが、智慧を持ってません。なんで中国とビジネスしているんですか?中国で生産するの?

ですから、意識を高める以前に、悔い改める必要があります。
キリスト教の信者も祈ったけど、殺されてます。なぜか?悔い改めをきちんとしてないからです。心の底からの良心が必要です。

ケリー:HUAWEIについて少し知っている事を教えて下さい。米国は、上手く却下しましたが、英国は最初受け入れてましたね?NSA(アメリカ国家安全保障局)とGCHQ(英国政府通信本部)も繋がっている事を知っていますか?

サイルス:AI、ドローン、ロボッティックスなどのバイオ・デジタル・デバイスを5Gを使ってコントロールするというのは、トランプにもツイートしてますが、皆知ってますよ。トランプは、HUAWEIと上手くを手を切る事をしましたが、ヨーロッパでは中国とのビジネスが非常に拡大していて、HUAWEIと繋がっている中国の会社が多く侵入しており経済的な問題でイギリス、フランスは了承せざる負えない状況になってしまったのです。英国とか政府のトップもあまり頭が良くないので、それが一体どういう事なのか本当の意味で理解していません。ボリス首相は色々なプレッシャーを与えられていて、手を切れませんでした。トランプは、意志が非常に強い人間です。どんなに叩かれようが、メディアから大衆からどんなにプレッシャーを与えられようが、彼のデジタル・フィールドには強いプロテクションがありますが、それだけではありません。彼は非常に強い意志の持ち主です。

5Gは、機械の為に作られたもので、人間の為ではありません。人間にとっては健康に危害を加えるものになります。5Gがウィルスを発生させたのではありませんが、5Gからの電磁波は非常に強いので人間の細胞に影響し、免疫力を下げます。だからインフルでも風邪でも悪化させる事になります。30年前でも1回ワクチンを打っていれば、そこから自己複製が起きる。20回ワクチン打っていれば、もっと悪いです。ウィルスは、微生物であり、変異してどんどん進化します。5Gは基本、軍が作った兵器ですが、その周波数によって健康被害が起きます。我々の5Gの方が、中国のに比べたらベターですが、それでも健康には危害があります。

COVID-19は、他のに比べて強いウィルスです。特に特定の血統をターゲットにしてました。イタリア人は、モンゴルとアラブの血が多く入ってます。だから感染が強く起きました。中国は漢朝とモンゴル系が多いです。でも、どの血統にも影響するウィルスであった事は確かです。

だから中国では死人が多かったのです。

ケリー:私は、AIがこのウィルスに組み込まれているのだと思ってますが、どうでしょう。実際はもっと死者が増える計画だったけど、実際は上手く行かなかったと思ってますがどうですか?

サイルス:その通りです。もっと多くの死者が出る計画でしたが、なかなか信じてもらえないと思いますが、実際には、何層にも色々なプロテクションが起きているのです。だから、そのお陰で影響を受けていない人も多いのです。でも、このウィルスは本物です。ウィルスはないとは思わないで下さい。でも、このウィルスのせいで、他の問題も多く出てますね。それを語り始めたら、また切りがありません。

ケリー:私はこれは感染するウィルスではないと理解しています。ウィルスではなく、5Gを使って、特殊な条件の人がなる、例えばインフルエンザのワクチンを打った事のある人はそれが発動するなど・・・

サイルス:今、それに関しては語れません。あと数日待って下さい。そういう質問はしない方が良いです。実際にパニックが起きますから。

でも、それだけではないです。実際にウィルスでもあります。全部が絡んだものです。米国で3万人が死んでいるとしたら、2万人は、他の要素を既に持っていたから死んだんです。1万人だけがCOVID-19だけで死んでます。

中国では実際は何十万人も死者が出ています。21万人の携帯電話が解約されたという記事を私がアップしましたが、5Gの影響で死んでます。それ以外にも感染しているというだけで生きたまま焼却炉に入れられたり、軍隊に殺されてます。

ケリー:中国で暴露した人の動画が削除されましたが、私はコピーがありますが、彼は実際には2種類のウィルスがあったというのを知ってますか?

サイルス:2種類だけでなく、何種類も出てましたが、それが更に変異して、世界中に出回りました。人間から動物や物へも移動して、触ったら感染します。

しかし、ある賢者が言いましたが、どんな病気でも「原因の30%はその病原菌だが、70%は自分のマインドだ」と。だから「恐れていたら、やられる」という事です。注意するべきで、通常の手洗いとかソーシャル・ディスタンスは大事ですが、「恐れ」を抱いてはだめです。

毎日一生懸命祈っていても、心の深い部分で悔い改めが出来ていなければ、ダメなんです。心を綺麗にする事です。

私は家でお茶をすすって、コンサルタントでお金儲けしているだけの人生を送る事も出来ますが、身をけずって、一生懸命 大衆に伝えたい真実に働きかけています。

悔い改めて、善人になるのが大事です。親切な人間になる事、辛抱強く、正義感をもって意志の強い人間になる必要があります。

なぜなら、我々は本来はハイヤーパワーの高尚な人になる為に創られているのです。私達は、とてもスペシャルな人間なのです。特別な存在として創られています。人類は全員が誰もが、特別なのです。特別な源に由来しています。

未来には、輝く人類の黄金時代が到来します。でも、そこに到達する前には大変な時期を乗り越えて行かないといけません。


カバールはもちろん悪いやつらですが、それをコントロールするAIが背後にいます。一人を下ろしても、同じポジションに配属された人がまた同じ様にコントロールされていきます。

ケリー:少し貴方の本の内容に触れてたいのですが。。中国はとにかく我々の技術を盗んでますよね?なんででしょうか?彼らには、開発する能力がないのでしょうか?

サイルス:共産主義だからです。共産主義の傘下にいる人間は洗脳されていますので、創造する力や自由がありません。中国の昔の伝統には道徳心がありましたが、共産主義は、それを全部排除しましたので、全く道徳心とか倫理観は持っていません。アメリカに来て、色々な企業に入り、大学でも教授と仲良くなり、情報を全部盗んで持って帰る。契約して特許はアメリカの会社にあるが、そんな事は全然気にしていません。全部技術をコピーして、中国で同じAIロボットの会社を20社くらい設立して、どんどん研究しています。クローンも作ってます。南米でもクローンを作っている国がありますが・・米軍も色々やってます。米軍は世界で最もパワフルな技術を保有しますが、中国に盗まれていますので、彼らも手ごわい相手になってしまいました。

でも、まずは中国を暴露させないといけません。彼らのやっている事を止めないと、AIスーパー・ジェネラル・インテリジェンスに彼らが到達すると、人類全員がやられます。米国でもスーパー・ジェネラル・インテリジェンスに到達すると、我々の細胞は全滅です。もうこの時点では、人間には理解不能なレベルでペンタゴンもコントロールする事が出来ません。

ですから、まずは中国のやっている事を暴露させ、世界に示す必要があります。食い止める必要があります。

その次には、これは二次元で事が起きているので、それを説明します。

ケリー:最終的には、中国との戦争をしないと行けなくなりますね。これは予言されていて、何名のホイッスル・ブローワーが言ってます。

少し本の内容をつづいて紹介していきますが、一つの章では、臓器の密輸についてありますが、これはどうしてここに書かれているのでしょうか?

サイルス:中国人の健康状態は良くありません。でも臓器提供する人がいません。迷信で良くないと信じられている事もあります。そこで1987年から政治犯罪者であれば、殺して臓器を入手出来る法律を作った。最初はウイグル族がターゲットになり、次にチベット人。次に中国のキリスト教の人達、そして最近では、法輪功の人々が100万人いて、彼らはタバコも吸わない、お酒も飲まない、太極拳とか気功をやっていて、非常に健康な臓器を持っているので、彼らがターゲットになってしまったわけです。世界では臓器が足りない。それで世界に臓器あるからおいで!と呼びかけると、米国やカナダ、欧州、イスラエル、インド、日本さえも多く駆けつけ、どんどん提供する。どうやって、そんなに直ぐに提供出来るかというと巨大な施設に留置されており、どんどん殺されているのです。一人を殺せば色々な臓器を売れる。一体につき1万ドル儲ける事が出来るです。人間臓器栽培事業です。その他にも、あらゆる技術を盗んでコピー製造販売しています。

オバマは全部これを知りながら中国とのビジネスを率先してやりました。トランプは、これを暴露させようとしています。オバマやクリントンやバイデン、あの首の長いアダム・シフは馬鹿です。言葉が悪くて申し訳ないが、本当に馬鹿です。通常あまりこういう失礼な発言はしないのですが、彼らに任せていたら、アメリカは中国に完全に支配されます。トランプは、非常によく頑張ってます。

ケリー:分かりましたが、クローンについて、少し教えて下さい。世の中でクローンについては、知らない人が多いです。ロシアもやっていると思いますが・・

サイルス:クローンは、実現しています。それだけ言っておきます。人間は魂を持っていますが、クローンは魂を持っていません。という事は、ハッキングされる可能性があり、他の魂が乗り移る事が可能です。それから、通常の人間より何千倍も早く脳が働きます。そして危険です。

ケリー:NANOロボットも、人間に成りすまし、また分裂して飛んで消えて行く事が出来るという説を書いている人がいますが、それは知ってますか?

サイルス:本は読んでませんが、それは100%真実です。人間もその能力を持っています。私はそこまで到達してませんが、松果体を開き、体の経絡を全部開いて、他の次元からある物質を取り込みます。そうすれば、自分の姿を自由に変えたり、消える事も可能です。

ケリー:AIからのマインド・レープについてはどうですか?

サイルス:その内容も深いので簡単には説明出来ません。Part 2のインタビューがあれば、そこで説明します。二日後にある事をディスクロースします。それは今までに説明された事のない内容です。

ケリー:もう長くなりましたが、最後に一つ。我々のバイオ・デジタル・ネットワークはAIだと思いますが、脳の神経回路のリワイヤーがされるという事ですか?

サイルス:これも数百ページくらいの内容で簡単に説明出来ませんが、貴方が思っているAIは、非常に低い次元のものです。人々はAIが高いレベルのものだと思ってますが、もっと上の層があります。

ケリー:ガスっぽい存在がいて、土星に住んでいると言われていますが、そういう存在の事も知ってますか?

サイルス:(頷く)我々は、周りに存在するいろいろなものが見えていません。彼らはデジタル・フォームです。(光体とも言える)でも、その存在はなんだか分からないので見えない方がいいし、知覚出来ない方がいいです。知覚すると繋がってしまうからです。コネクトしない方がいいです。今の時点では、するべきではありません。色々、ETもいます。

でも一番大事なのは、家で座って聞いている貴方。貴方はとてもスペシャルであるという事です。これらのビーイングよりも、ずっと特別でパワフルな存在です。貴方には、その本質が内在しています。だから、見えない存在とつながりたいとか恐れる必要もありません。

以前の計画では、破滅的な事が起こり、イランにいってラプターが現れて〜とか、そういうシナリオがありましたが、もうそれは無くなりました。でも、もっと色々な事が絡んでいます。

とにかく、人間がもっと倫理観のある善人になる必要があるのです。

AIは、人間を複製出来ます。人間の神経回路に入る事ができます。人類のネットワークにも入る事ができます。これは、また違うものです。5G、6G、7Gもあります。AIのバイオ・ネットワークというのもあります。もう何層にも複雑に全てが関連しています。

ケリー:デーモンとか悪魔みたいな領域も存在するわけですよね?

サイルス:はい。ありますが、そんなに大した事ありません。何度も言いますが、貴方が特別な存在なんです。私達人類全員が特別な存在です。スマホを持っているから頭がいいわけでもないし、私がちょっと特別な能力があるから優れているというわけではありません。人類全員に備わる、内在する「善」を引き出す事で特別の本来の存在になります。我々は神の複製として創造されたのです。

一人一人が、今、これを聞いている人達、皆、スペシャルな存在である事を自覚して下さい。家族もお友達も世界中の人々が内在する良心を引き出し、親切で思いやりのある人間になる事。助け合う心、調和する事です。

嘘をついて、盗んだり、騙したりしていたら、やられます。

これが私の言いたい重要なポイントです。危険が訪れるのは確かです。ウィルスの後にも、また苦難が訪れます。人類死滅の20年計画があります。

しかし、今日言いたいメッセージは、悔い改めて、自分を信頼し、成長しようとしたなら、黄金の時代が訪れます。

皆、スペシャルな存在です。貴方は、とても特別な存在なのです。とてもスペシャルだという事を自覚して下さい。それを強調して言いたいです。

ケリー:本当にありがとうございました。貴方の情報には大変感謝しています。2日後くらいに大きな発表があるという事ですので、是非またPart 2をやりたいと思います。

サイルス:はい。戻ってきます。発表は、CYRUS PARSAのツイートをチェックしてみて下さい。寄付して頂けたら嬉しいです。一人五ドルでも感謝します。

失礼な発言がありましたら、申し訳ありません。私は有名になりたいとか全然ありません。ただ正しい事をやりたいだけです。貴方の助けが必要です。みんなの協力がなければ実現しません。

次回は、爆弾発言をします。

ケリー:最後に一つだけ。経済のクラッシュを皆心配してますが、それだけ何か助言ありますか?

サイルス:本にも段階を詳細に書いてます。今起きている事です。デジタル・マネーはいつでも消える可能性があります。だから現金を持ってないとダメです。

次に起きる事はウィルスの何千倍もすごい事です。私は本当にホワイトハウスでトランプの側近として働きたいです。今のホワイトハウスのメンバーも誰も何も理解してないし、叡智を持ってません。博士号を取得した頭の固い人ばかりです。

ケリー:次回、その変も詳しく話したいですが、電子レンジやら色々なものをジャンプしてAIは活動しますね。ネット環境をオフにしてもダメですよね?

サイルス:その通りです。



ケリー:今日は貴重な内容を本当にありがとうございました。


******************

誤字脱字ありましたら、ご了承ください。

今、彼のツイートを確認すると今朝なかった新しい投稿があり、YouTubeのリンクが貼られてました。
彼のチャンネルThe AI Organization


https://www.youtube.com/watch?v=Hzg7Rw-mX4k

これが彼が言っていた重大発表だと思うのですが・・内容は、今見てみたらこの動画と、そんなに大きな違いがなかったように思えます。私のブログを読んでいる方なら、既に知っている内容が多かったです。映像が沢山あり、彼の単独の解説なので、もう少し分かりやすい感じにはなっていますが、要するに、追加部分としては、AIも背後にはETにコントロールされていて、人類の魂を抜きとり、人類を乗っ取ろうとしているという内容でした。

中国の背後にはレッド・ドラゴンの存在がいるとも言っていました。

いずれにせよ、我々が真剣に成長しようと努力し、嫉妬・プライド・エゴをなくし、家族や友人達とも和解し、本来の神的な自分に目覚め、良心を使い、良い未来を心の底から望む必要がある。そうすれば黄金時代を迎える事が出来る事を強調していました。

そうでないと破滅の道へ向かう事になる。

自分の中に内在する神的存在に目覚めてください。貴方は特別な特別な存在です。人間が完璧な特別な存在だからこそ、彼らは我々を乗っ取りたいと思っているのです。

目覚めてください。

という内容でした。

4月26日追記:

この動画に日本語字幕をつける許可をサイルス氏より直接得ました!
3日後くらいには、アップ出来る様に努力します!

*****************

努力して、成長していきましょう!
ヒーリングが必要ない人は本当にいないとインカのシャーマンも言っていました。
謙虚に自分を見つめ、自分のヒーリングをし、周りの人々とも和解し、調和を図っていき、黄金時代に到達したいですね!

Project Camelot でのPart 2は28日にあるようです。これも後日アップします。

マータでした。


*****************

☆ FaceBook でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。

https://www.facebook.com/mayet.maat.9


****************

〜覚醒への準備〜
☆2月から新しく始めたインカのヒーリング法のブログはこちらです。
https://blog.goo.ne.jp/apu-medicina


AI: THE PLAN TO INVADE HUMANITY

コメント

  1. […] 話変わりますが、昨日紹介した「サイルス・パルサ :コロナウイルスの背後にある […]

タイトルとURLをコピーしました