破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:税金・次のステップは?」

スポンサーリンク
外国為替特別会計 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:税金・次のステップは?」

今日の破・常識!

あなた達の思考が変われば、税金のことも変わって行きます。

それには、真実を知ることです。

新しい情報を得ることです。

そうすれば、思考が変わります。選択肢が増えます。

選択肢が増えれば、道も増えるのです。

パラレルワールドも新しく出来るのです。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1203 税金・次のステップは?

「税金・次のステップは?」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

ご質問ありがとうございます。

質問する、疑問を感じるということは、考えるということですので

とても素晴らしいと思います。

そして、同じように思っている方への大きなプレゼントになります。

感謝いたします。


では、ご質問に関してですが・・

思考が変われば新しい道が出来るのです。

パラレルワールドと言ってもいいかもしれませんね。

税金のことが分かり、税金を払いたくないという思考になれば、

払わない道が出来るのです。

難しいですか?

いつもお伝えしますが、急にはムリです。

魔法のように突然税金のない世界に

スリップするようなことは出来ません。

でも、意識のエネルギーがそちらに向かうと

アイディアがたくさん湧いてくるのです。

たとえば、パン屋さんが一軒しかないと思い込んでいるとします。

そのパン屋さんのパンはとても硬くて、味もあまり好みではない。

でも、パンを食べるにはそのパン屋さんで買うしかない

・・と思いこんでいると、ブツブツ文句を言いながらも

ずっとそこで買い続けるしかないのです。

でも、どうしてもそこのパンがイヤで仕方がない

・・じゃあ、どうしたらいいだろうか?

パン屋さんがないなら、自分で好きなパンを焼こうと

考えることも出来るようになるのです。

気にいったものがないなら自分で作る・・という発想も出てきます。

もしかしたら、誰かの情報から他にも

パン屋さんがあるとわかるかもしれません。

他にもパン屋さんがあるなら、そこで買えばいい

・・という選択も出来ます。

もしかしたら、一軒ではなく他にもたくさんパン屋さんがある

という情報を得ることもあるかもしれません。

でも、ずっと決められたパン屋からしか

買うことが出来ないと固く信じてしまっていると

自分で焼こうという発想も浮かんできませんし

他にもパン屋さんはあるという情報も耳に入ってこなくなるのです。

それは、道を探すことがないので、

新しい道は出てこないからです。

思考が変わるということは、そういうことなのです。

だから、思考が変われば現実も変わるのです

(違う道を行くならば・・ですが)

思考が変わるということは、選択肢が出来るということなのです。

だから、税金は何が何でも言われた金額を

言われたように払わなければいけない・・

と思い込んでしまったら、払わなければいけない道しかないのです。

そして、前回の記事でもお伝えしたように

えらい人が決めたことだから・・という思考を持ち続けていると

自分には力がないからえらいひとの言うとおりに

しなければいけないと思い込み

ブツブツ言いながらも従わざるを得ない現実しかなくなるのです。

何もデモをして、不払い運動をしてください

・・とお伝えしているわけではありません。

脱税をしてください・・とお伝えしているわけでもありません(笑)

ただ思考を変えてください・・

それだけで現実は変わってくるのです。

たとえば、一時期話題になった避難訓練

(Jアラートがなると頭を抱えてうずくまるみたいな)を

真面目に訓練した方がいらっしゃるでしょうか?

たぶん一部の方や、小学生などは先生に言われて

したかもしれませんが、街の中でJアラートがなったからといって

うずくまった人はそれほどいないと思います。

(Jアラートってなに?そんなのならないよ・・

という現実の中にいる方もいらっしゃるかもしれませんね)

これなのです。


きっと、戦前と言われる時代の人たちであれば、

政府が指示したことを実行する人が多かったと思います。

でも、いまはほとんどの人がスルーします(しました)

だから、何も起きなかったのです。

これが、戦前の人と同じような思考をしている人が多ければ、

そのまま戦争になっていたかもしれません。

でも、いまは誰も戦争をしたくない・・と思っています。

そして、戦争がなんのために起こされるのかも

うすうすですが感じています。

そして、政府の人たちがやっきになって

戦争をしようとしていることがわかり、

それを冷静に見ることが出来るようになっているので

あなた達を扇動して戦争に持ち込むことが

出来なくなっているのです。

これが、思考が変われば現実も変わるということです。

そして、思考が変わっていますので

脅しもきかなくなっています。

ある政府の方が、戦争に行かない人は死刑だ

・・と言った話がありますが、

庶民は、ある意味出来るならやってみれば

・・というエネルギーを出しました。

全員を死刑にすることが出来るのでしょうか?

全員を閉じ込めるだけの場所(刑務所)があるのですか?

・・と声に出さなくてもこころの中で思いました。

だから、脅しにも何もならなかったのです。

そして、すぐにその政治家の声は消えてしまいました。

怖いと思わなかった・・それも思考が変わったからです。

だから、何も影響はなかったということです。

違うパラレルワールドを選んだということなのです。

ですから、いますぐには表面上では

税金のことはどうにもならないように思えますが、

あなた達の思考が変われば、税金のことも変わって行きます。

それには、真実を知ることです。

新しい情報を得ることです。

そうすれば、思考が変わります。選択肢が増えます。

選択肢が増えれば、道も増えるのです。

パラレルワールドも新しく出来るのです。

先ずは思考です。

もう一度お伝えします・・思考が変われば、新しい道が出来ます。

理解していただけましたでしょうか?


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

 

マイコメント

税金ほど悩ましく無理難題と思うものはありません。

本当は払いたくない。しかし、払わないだけ脱税容疑で牢屋にぶち込まれる。

それが怖いので、「払わない!」とは言いたくても言えないし実行できない。

この世の中借金は帳消しに出来ても税金は出来ません。

移転して住所が変わっても幽霊のように追いかけてきます(笑)。

ただ、特例として自治体の場合は免除になる場合がありますが、国税は死ぬ

まで付きまといます。

そういう現実が身に染みてわかっているので逆らえないという思考が出て

くるのが現状だろうと思います。

 

もし、アシュタールの語るように税金に対する見方を変えることで新しい

パラレルワールドを移行するとするなら・・・。

ひとつ考えられることは「彼らが税金をきちんと使っていないという事実」を

知ることです。

先日書いたように特別会計と言うのは一般会計の約4倍もありながら、決して

使い道が詳細にはわからないようになっています。

その特別会計の中に国民年金がありますが、この年金が株式の売買に使われて

いることはご存知と思います。

これがなぜ株式に使われているかと言うと、決して年金資金を増やして安定した

年金運用に充てるためではありません。

もし、安定した利益を上げることが目的なら国債を購入すべきです。国債は

まず国が破たんしない限り利益や元値がゼロにはならず、確実に少ないながらも

資金を増やせるからです。

それなのに、なぜ株式に資金を投入するのか?

それは年金資金を外国株主に利益移転させるためです。

また、特別会計は米国国債の購入に充てられているとことです。外国為替特別会計

というのがそれですが、実際には日本国民から集めた税金を米国を助けるために

使っているということを知ることです。

これだけでも、税金が国民のために使われていないということがわかるでしょう。

それには反対ですという意識を持つことが税金の在り方を変えていく流れにつながる

と思います。

それ以外にもいろいろとあると思いますが、そうした事実を知ることです。

それが現実のタイムワールドを変えていきます。

参考

日本を食い荒らすものたちの正体

54兆円損失解消棒に振り新たに18兆円の損失




コメント

タイトルとURLをコピーしました