破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:異次元の存在」

スポンサーリンク
精霊 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:異次元の存在」

今日の破・常識!

何かいつも見えないものが見えてしまった・・

そういうときは、あ~、見えてしまったのね・・

と怖がったり、面白がったりせずそのままでいてください。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1250 異次元の存在

「異次元の存在」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたのまわりには、たくさんの存在が同時に存在しています。

たくさんの次元が重なり合っているのです。

だから、常にあなたの後ろだろうが、前だろうが

横だろうが、ひざの上だろうが(笑)

いろんな存在がいるのです。

ただ、次元が違うのであなたの肉眼では

見えていないだけなのです。

いつもは見えていませんが、ときどき何かの拍子に

ちょっとだけ、違う次元(特に異次元・・

お化けと呼ばれる存在や妖怪、眷属神「ケンゾクシン」など)と

交信してしまう(波動を合わせてしまう)ことがあります。

そういう時に、お化け(お化けだけではありませんが

あなた達はお化けに対して大きな興味があるので

お化けと合わせることが多いので)などが見えてしまうのです。

見える人と見えない人がいるというのも、個性の違いだけです。

波動を超えて交信しやすい人と

交信しにくい人の違いだけなのです。

違う次元の存在と交流出来る人が

特別で偉いなどということはありません。

ただ、ツールを持っているかどうかだけの違いです。

常にいろんな存在があなたのまわり

(まわりというか重なってというか)にいます。

ですから、むやみに怖がる必要はありません。

そして、一時的に見えたからといって

何かトラブルが起きることもありません。

見えたからといって、その人に何かトラブルを

起こすこともないのです。


あなたの後ろにお化けがいます・・

そのためにあなたに悪いことが起きます(起きています)・・

すぐにお祓いをしなければいけません・・

ということもないのです。

反対に、ただいるだけの存在に次元を超えて

何か意図的に接触(お祓いなど)をしてしまうと

ある意味ケンカを売ったことになりますので

おすすめしません。

何かいつも見えないものが見えてしまった・・

そういうときは、あ~、見えてしまったのね・・

と怖がったり、面白がったりせずそのままでいてください。

フッと誰かが通った気がする・・そういう時も同じです。

ちょっとだけ違う次元の存在と

波動を合わせてしまっただけですので何も怖くはありません。

違う次元の存在に好奇心があるのは分かりますが

あまり興味を持ってしまうと

そこと波動を合わせやすくなってしまいます。

それは、自ら他の次元に干渉してしまうことになりますので

とても危険なことになります。

お化けだけでなく、妖怪や眷属神と呼ばれている存在も同じです。

彼らも、彼らの領域があります。

そして、彼らも彼らの考え方があります。

あなた達が干渉すると、彼らもあなた達に干渉してきます。

エネルギー的には彼らの方が強いのです。

ですから、排除しようとするとかなり危険なことになります。

反対に依存しようとしても同じです。

眷属神として、崇め、何かのお願いを聞いてもらおうとすることも

依存ですので、それなりに干渉して来るということを

忘れないでください。

彼らは、あなた達を守護しようなどとは思っていません。

彼らはあなた達の考え方、概念とはまったく違うのです。

まったく価値観も考え方も違う存在に

あなた達の利益になること(願いことをするなど)を

求めないでください。

お願いしても、それを聞き入れて

何かをしてくれることはありません。

反対に彼らの利益になるような

(あなた達にとっては不利益になるかも知れない)ことが

起きることもあります。

それをあなた達は祟り(たたり)などと呼んでいるのです。

勝手に祟ってくるのではありません・・

あなた達が干渉するから起きるのです。

住み分けるのが一番いいのです。

それぞれの波動領域で

それぞれに存在しているのが一番いいのです。

むやみに興味をもったり、怖がったり

排除しようとしたりしないでください。

それは、異次元への介入になります。

違う次元に介入すると、トラブルの元になります。

次元が違っても、あなた達と同じ存在です。

尊敬と感謝を忘れないでくださいね。

そして、干渉しないでください。

それがお互いの平和のためなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

世のなか、霊の見える人は見えるんですね。

私は見えませんが・・・。

別に見たいとは思いませんが、見える人のブログとか読んでみると

あちらこちらにいるようです。

しかも、怖いのはとりつかれることです。

自分の知らないうちにそうなっていることが多いので興味半分に

相手にしない方がいいです。

昔、こっくりさんというのが小中学生を中心に流行りましたが、それを

やった後で狐につかれたとかいう現象が多発し、学校ではこっくりさん

禁止令を出したらしいです。

梅図かずおさんの漫画が特に有名ですね。それと水木しげるさんの

ゲゲゲの鬼太郎シリーズなんかお化けや異界の住人をを扱った漫画と

して有名ですが、お二人にはその姿が見えていたんでしょうね。

まあ、見えてもアシュタールの語るようにそのままにしておいた方が

いいです。触らぬ神に祟りなしです。

でも、アニメなんかではこの世界を取り上げる例が結構多いですね。

興味をそそられる子供も多いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました