破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:口ぐせ、思考のくせ」

スポンサーリンク
食べたいのを我慢する アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:口ぐせ、思考のくせ」

今日の破・常識!

考え方はくせなのです。

思考の方向性はくせです。

くせを自分で認識するのはなかなか大変だと思いますが

ちょっと自分が口にする言葉に意識を持っていっていただくと

思考のくせが分かってきます。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1285 口ぐせ、思考のくせ

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

エネルギーは判断しません。

エネルギーは、あなたが思うように動くのです。

その使い方は良くないので、やめた方がいいですよ・・

こちらにした方がいいですよ・・などとは言わないのです。

エネルギー自身が判断して、あなたの思考と違うことをすることは

絶対にないのです。

ただ、あなたが思うように動くということです。

ナイフと同じなのです。

ナイフはナイフで、あなたがどう使うかで

何が出来るかが変わってきます。

あなたが果物をむこうとナイフを動かせば、

何も抵抗したり、そんな使われ方はイヤですと

文句を言ったりすることはありませんね。

ただ、あなたが動かすように、動くだけなのです。


エネルギーもナイフと同じなのです。

あなたがこうしたい、こうなりたい・・

と思う方向に流れていく(現実となる)のです。

・・ということは、いまのあなたの現状、現実は、

あなたの思考が反映されたものだということなのです。

エネルギーは何かの刺激がなければ動きません。

エネルギーに刺激を与えるのは、思考のエネルギーなのです。

ここまで大丈夫でしょうか?


ですので、あなたがいま面白くないと思う現実を体験しているならば

あなたの思考が面白くない方向へ向かっているということです。

こうなったらイヤだなぁ~・・と思考すると

エネルギーはそちらに向かって流れます。

だから、そういう現実(ホログラム)を創造するのです。

こうなったらイヤだなぁ~~・・って思っているから

こうならない方向へ流れましょう・・

とはエネルギーは判断しないということです。

わかりますね。


ですから、もしあなたがいつも・・

こうなったらイヤだなぁ~、こうなったら困るなぁ~、

などという角度から考えているならば、

考え方の角度を変えてみてください。

こうなりたい、こうしたい・・

という角度から考えるようにしてみてください。


考え方はくせなのです。

思考の方向性はくせです。

くせを自分で認識するのはなかなか大変だと思いますが

ちょっと自分が口にする言葉に意識を持っていっていただくと

思考のくせが分かってきます。

口にする言葉・・それはあなたがいつも意識する

しないにかかわらず思考していることなのです。


お金がない、お金がない・・という言葉を口ぐせにしていると

お金がない方向へエネルギーは流れていき

お金のない現実を創造することになります。

無理やりお金がある、お金がある・・と言う必要はありませんよ(笑)

無理やりに言っても、口と頭が裏腹だと

頭(思考)の方がエネルギーを動かしますので

同じようにお金のない現実を創造してしまいます。

お金がない・・という口ぐせ、思考のくせを

まず認識することが大切なのです。

そして、また同じように考えていると気がつけば

すぐにキャンセルして

大丈夫、必要なもの(お金)は、必要なときに、必要なだけ入ってくる

・・と思考を変えてください。

なんども繰り返していれば、

今度は大丈夫という言葉が口ぐせになってきます。

口ぐせになれば、思考も同じように変わって行きます。

エネルギーを動かす自分の思考のくせをみつけてください。

そうすれば、あなたの思考を

好きな方向へ変えることが出来るようになります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

口ぐせだけでなく、たとえ口に出さなくとも無意識のうちに思っていることがあるはずです。

お金がないとつぶやく前に、給与までまだ半月もあるのに「足りないな~」という思考が

よぎるときがあるでしょう。

それもひとつのくせだと思います。

お金だけでなく、生活の上でもここは我慢しなきゃと少しの余裕を貯蓄に回して、後から

通帳をながめて「にんまり」するということもあるでしょう。

お金はないと困るものですが、今必要なものを我慢するくせがついてしまうので、楽しみを

後に延ばして、気付いてみればどうでもいいやと思うことだってあるでしょう。

それはそのときに思い浮かんだことでそのときに楽しまなければ意味がなかったことかも

しれないのです。

そういう機会は一度逃すとなかなかめぐってきません。

ほんとに口ぐせというのは困ったものです。

だから、何かやる都度、今自分は何をどう考えているのかと思いなおすことが必要な

ことだろうと思います。

気付いたら、そこで即修正ってことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました