破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:ワクチンも除菌も殺菌も要らない」

スポンサーリンク
ワクチン接種 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:ワクチンも除菌も殺菌も要らない」

今日の破・常識!

ワクチンも除菌も殺菌もいらないのです。

反対にしないでください。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vo.l 1299 ワクチンも除菌も殺菌もいらない

「ワクチンも除菌も殺菌も要らない」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたの身体には自己免疫力と自己回復力があります。

あなたの身体を信じてください。

ですので、除菌、殺菌をしないでください。

清潔にすれば、病原菌がいなくなり、病気にならない・・という考え方は

バランスのことを知らない考え方です。

あなた達がばい菌だと言っている菌は、悪い菌ではありません。

もともと悪い菌やウイルスなどないのです。

すべては必要だから存在しているのです。

すべてはバランスなのです。

バランスが取れているときは、何も問題は起きません。

身体の中にも大腸菌はたくさんいます。

手にもついています。

そのバランスが保たれているときには、病気にはなりません。

バランスを崩してしまうから、ある特定の菌が増えて

問題を起こしてしまうのです。

この菌が悪いと決めつけ、その菌だけを殺菌しようとすると

バランスを崩し、普段は何も影響を与えない菌さえ

悪影響を及ぼすことになってしまうのです。

身体の自己免疫力と自己回復力があれば、

菌が入って来ても大丈夫なのです。

反対に、除菌、殺菌などばかりにフォーカスしていると

自己免疫力を低くしてしまうことになるのです。

常に細菌やウイルスと接していると

身体は免疫力をあげるようにします。

でも、除菌、殺菌を繰り返していると

身体は免疫力がなくても大丈夫だと思い

免疫力を下げてしまいます。

そこに細菌やウイルスが入ってくると

無防備な状態になっていますので、

影響が大きくなってしまうのです。

ワクチンも必要ありません。

免疫力があれば、ワクチンを打っても

それを無効化してしまいますので、

いくらワクチンで弱い細菌、ウイルスを

身体に入れても何の効果もないのです。

ワクチンで免疫力をつけるという発想ですが、

一度くらい病原菌を身体に入れたからといって免疫力はつきません。

どんな菌でもウイルスでも、入って来た異物的なものは

健康であれば免疫力が働き、無毒化してしまいます。

特定のウイルスだけに対応する免疫力というのはないのです。

そして、ウイルスよりももっと身体のバランスを

崩す薬品が入っていますので、

そちらの方が問題になってきます。

その化学物質は、身体のもっている免疫力では

無毒化しにくい物質ですので、そのために

身体のバランスを崩してしまうのです。

ワクチンも除菌も殺菌もいらないのです。

反対にしないでください。

何度も言いますが、身体の表面や中にはたくさんの菌がいます。

その菌のおかげであなたの身体のバランスは保てているのです。

その菌のおかげで食べ物を消化したり

肌の潤いを保つことが出来るのです。

肌の菌を殺菌して、肌に潤いがなくなって

カサカサになったからと言って、

潤いを保つための化学物質をぬるのはナンセンスなのです。

肌の潤いを保つためには、

除菌や殺菌作用のある物を使わないことです。

肌の油分を取り除き過ぎないようにすることです。

お腹の中もそうです。

この菌(たとえば乳酸菌など)が良い菌だからと言って

身体の中がその菌だけになったらどうでしょうか?

何も消化できなくなります。

乳酸菌だけ(善玉菌)だけでは、生きていけないのです。

あなたの身体の中は化学工場なのです。

菌がいるから、食品を化学変化し吸収することが出来るのです。

すべての菌がバランスよく必要なのです。

バランスです。

バランスは人が考えてコントロールするものではありません。

また、コントロールなど出来ません。

コントロールしようとすると、反対にバランスを崩してしまうのです。

身体を信じてください。

自然を信じてください。

そして、インフルエンザが流行っている、はしかが流行っている

・・などの報道に振り回されないことです。

怖れや不安をあおられ、そこにフォーカスすればするほど

自分の現実になってしまいます。

(そのために、あなたを不安にさせて

病気にさせるために大きく報道するのです)

医療はビジネスなのです。

ビジネスとしてお金を儲けるために

あなたを不安にさせているのです。

しっかりと身体の声を聞き、食べたいと思うものを食べ

休みたいと思えば休み、楽しいことをしてご機嫌さんでいれば

あなたの身体の自己免疫力と自己回復力は高まり

病気になることはありません。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

政府は来年前半までに全国民にコロナウイルスワクチンを接種する方針と決めたとか・・・。

それを聞いて喜ぶ人もいれば、反対に拒否する人もいると思いますが、拒否する人はごく

わずかでしょう。

しかし、歴史を紐解けば1797年にイギリスのバークレイで生まれたジェンナーが天然痘

ワクチンを開発したのがワクチンの始まりでした。

当時のワクチンはワクチンと言っても今とは大きく違います。

ジェンナーが行ったのは牛痘という牛の天然痘に感染した乳しぼりの女性の身体にできた

水ぶくれの液体を採取して、それを少年に何回も与え、その後天然痘を接種して発病しない

ことを確認したものです。

人は細菌に感染すると抗体を作り、その抗体で細菌を死滅させます。その抗体こそが

ワクチンの正体です。

ジェンナーが行ったやり方は牛痘に感染した女性が作った抗体(水ぶくれの液体)を

人に与えることで牛痘に感染しても重篤化しないようになったものです。

その後、天然痘ワクチンは牛に天然痘を植え付け、牛が作る液体(抗体)を人体に接種

するというやりかたになり大成功をおさめ、天然痘撲滅への道を切り開いたものです。


昭和の時代までのインフルエンザワクチンはふ化鶏卵にウイルスを注入して増やした

インフルエンザウイルスを精製して感染性をなくし、それを人に接種していました。

その後多くの研究が進み少量のワクチンでも体内で抗体を多く産生できるように

アジュバンド(抗体を増やす働きを助ける物質)が開発されワクチンに添加されるように

なりました。

問題はこのアジュバンドにあり、抗体を増やせるからと水銀やアルミニウムなどが添加

されるようになり、これが様々な病気を引き起こしています。

特に最近問題となった有名なのが子宮頸がんワクチンによって神経麻痺が生じ一生歩けない

身体になった症例が多く報告されています。その後の研究でこの原因がアルミニウムに

あったことがわかっています。ワクチンを製造したサーバリックス社が意図的に入れた

のではないかと思います。

その目的は不妊と障碍者を発生させるためでしょう。

インフルエンザワクチンやこれから開発されるであろうコロナウイルスワクチンはすべて

ある目的をもって作製されており、けっしてウイルス感染予防のためではありません。

これらのことをよく知り、ワクチンは打たないようにしましょう。

もとからワクチンなどというものは自然獲得免疫で十分対処できるものなので

アシュタールの語るように不必要なものです。





コメント

タイトルとURLをコピーしました