破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:動物たちのも誇りがあります」

スポンサーリンク
ペット アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:動物たちのも誇りがあります」

今日の破・常識!

他の動物、種族たちは、人間に保護されなければ

生きていけないような弱い存在ではありません。

彼らは自立し、しっかりと自分たちで

生きていく力を持っています。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1369 動物達にも誇りがあります


「動物たちも誇りがあります」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

人間以外の動物も人間と同じように知性も感情もあるのです。

何も変わりません。

ただあなた達人間と言葉や価値観、文化が違うだけなのです。

そして人間との大きな違いは、彼らは種族を超えても

お互いテレパシーで交流しているということです。

言葉(鳴き声など)は違っても

テレパシーでちゃんと理解しあえているのです。

テレパシーが出来ずに

違う種族と交流できないのは人類だけなのです。

価値観が違い過ぎて、他の種族と交流出来ないのも

人類だけなのです。

違う種族で交流しているのは動物だけではなく

植物も動物たちと意思の交流はしっかりと持っています。


ちょっとイヤな言いかたになりますが・・

どの種族とも交流出来ずに

孤立しているのは人類だということになります。

そして、他の種族のことが分からないので

人類だけが知性や感情を持っていて

人類だけが素晴らしい存在だと思い込んでしまっているのです。

そう教育されてしまっていることもありますが・・

みんな同じ存在なのです。

みんな同じ絶対無限の存在の分身なのです。

それを分かってください。


ですから、人間が他の動物たちを保護したりする必要はないのです。

他の動物、種族たちは、人間に保護されなければ

生きていけないような弱い存在ではありません。

彼らは自立し、しっかりと自分たちで生きていく力を持っています。

そこも理解してください。

そして、彼ら(動物たち)にもプライドはあります。

プライドという言葉よりも

誇りと言った方がわかりやすいかもしれません。

(余談になりますが・・

身体を持っていない異次元の存在も同じです)

自分の誇りを大切にしていますから

他の存在の誇りも大切にします。

どういうことかというと

尊敬と感謝の気持ちを大切にしているということです。

それを忘れて接してしまうと、とても怒ります。

ですから、彼らに対する尊敬と感謝の気持ちを

忘れないでください。

そうすれば、人類と動物、植物、鉱物たちは

いい関係を築くことが出来ます。

動物たちを、人間の言葉が話せない

人間の価値観と違う、文化を持っていない・・という理由で

人類より低い存在だと思わないでください。

そして、人間が保護して上げなければいけない

と思わないでください。

自分と同じように知性もあり、感情もある

そして、文化も持っている・・

それを分かるだけで、あなたの世界は大きく変わります。

いろんな存在と交流を持つことが出来るようになります。

動物、植物、昆虫、鉱物、山、など

いままで思ってもいなかったような

ステキな交流が出来るようになります。

そうなると、すべての存在が愛おしく感じられます。

人類以外の存在は、人類よりも低い存在でも

保護しなければいけない存在でもなく

人類と何も変わらない存在だということを

今日はお伝えしたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

動物たちに愛と感謝を持って接していると彼らも同じものを返してくれていると

いうことがよくわかります。

それはペットを飼ってみることですね。

ただ、ペットロスが嫌だという人や最後(最後老体になってしまう期間)が嫌だと

いう人は飼わないように・・・。

互いに嫌な思いをするだけですから。

最後まできちんと世話が出来て決して放り出さないことです。


彼らは私たちの愛情をわかっています。

そして反対のことをされるときもそれをわかっています。

しかし、それでも彼らはあなたを愛そうとします。

だから、わがままなのは人間の方なのです。


猫は気まぐれな動物とよく言われますが、

それは猫は本来自由な生き物だからです。

誰にも干渉されず自由でいたいという気持ちがそこに

現れています。

だから、猫の場合は猫の気持ちにまかせましょう。

決して飼い主のことは忘れていません。

ただ、犬より他への執着心が低いだけです。

それさえ理解すれば猫はあまり手間がかからないので

飼いやすい部類に入ると思います。

もし、機会があればペットを飼ってみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました