破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:どちらの流れに乗りたいか・・・」

スポンサーリンク
AかBか? アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:どちらの流れに乗りたいか・・・」

今日の破・常識!

怖れないでください。

変わりゆくことを怖れないでください。

すべては変化します。

変化が進化なのです。

変化しなければ、続いて行くことは出来ないのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1373 どちらの流れに乗りたいか・・


「どちらの流れに乗りたいか・・・」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

大きく流れが変わってきています。

いままでの方向と違う方向へと流れは変わってきています。

もしかしたら、あなた達は大きな怖れを感じているかもしれません。

怖れないでください。

変わりゆくことを怖れないでください。

すべては変化します。

変化が進化なのです。

変化しなければ、続いて行くことは出来ないのです。

宇宙は常に変化しています。

ひとところに留まることは出来ないのです。

まっすぐに流れているように思えても

流れている時点で変化しているのです。

ただ、方向が変わって行くだけです。

変わって行くことにばかりフォーカスしていると

怖れが出てきます。

いままでとは違うことに不安を感じることはあると思います。

はじめてのことには、不安を感じると思います。

でも、不安だけではありませんね・・わくわく感もあると思います。

ですので、わくわくにフォーカスしてください。

不安、怖れにフォーカスしていると小さくなってしまいます。

小さくなるとあなたのエネルギーは内向きになってしまいます。

たとえば、経済が崩壊の方向へ向かっています・・

というニュースを見て不安と怖れにフォーカスして

節約しなければと思うとします。

そうなると、あなたの思考は内向きになり、小さくなり

お金の流れも止まってしまうのです。

難しいですか?

経済が破綻しても、あなた達には何も問題はありません。

反対に、縛り付けれらていた鎖が崩壊するだけです。

鎖がなくなり、あなた達は自由になれるのです。

崩壊するのは、あなた達を支配・コントロール

していたシステムなのです。

搾取のシステムが崩壊するだけです。

そう思えると、あなたはワクワクしませんか?

ならば、そのシステムの中でそのシステムを維持するために

節約をして我慢をする必要はありませんね。

新しく自分たちの手で経済の循環を創ればいいのです。

搾取ではなく、提供のシステムです。

そう考えられるようになれば、あなたのエネルギーは

大きく外側に向かってまわりはじめます。

外側に向かえば、エネルギーは大きくなります。

エネルギーが大きくなれば、変化も受け入れられるようになり

創造のパワーも大きくなります。

節約など考えなくても、お金の流れはスムーズになって来るのです。

お金だけではなく、すべてのことにおいても同じです。

いままでの流れに執着し

何とかその流れを維持しようとしている人たちと

新しい流れに乗って行こうとしている人たちに分かれてきています。

いままでの搾取のシステムの流れと

新しくエネルギーを提供し合う流れ・・

どちらが悪いではなく、どちらの流れに乗りたいか・・です。

怖れ、不安にフォーカスしていると

新しい流れに乗ることが難しくなります。

新しい流れになりたいと思うならば、不安や心配

怖れで小さくなるのではなく、

意図して大きくなってください。

不安ではなく、わくわくにフォーカスしてください。

そうすれば、エネルギーの流れはスムーズに循環するようになり

必要なものは自由に手にすることが出来るのです。

今日は抽象的でちょっと難しかったかもしれませんが

エネルギーのところ(感覚、感性)で

受け取って頂ければと思います。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール!

マイコメント

トランプ大統領が再選されるかどうかで今後の流れが大きく変わってくると思っている

人が多いと思います。

12月8までに選挙結果が確定しないと下院で選挙人が新たに選出されて再投票が行われ

るので、トランプ大統領が再選される可能性が出てきます。

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201106/mcb2011062112025-n1.htm


今のところ、どちらも敗戦を認めておらず、法廷闘争の結果が12月8日までに決まる

様相も見えていないので、このまま進めば12月8日を迎えてしまいます。

それでも現時点ではどちらが大統領になるかは不明です。

ディープステートの反撃が根強いためで、もし、ここでトランプが再選されると

彼らが表舞台から消されてしまうために必死なのです。

また、仮にトランプが再選されても裏で経済崩壊を仕掛けてくるでしょう。

そういう意味でアシュタールが言及された「経済崩壊」は秒読み態勢に入っていると

言えると思います。

これを変化のチャンスととらえるか悪化する一方で何もできないとみるかでその後の

個人のタイムラインは大きく変わっていきます。

アシュタールはどちらを選びたいのか?

と問うてますが、どちらでもいいのです。

無責任な言い方かもしれませんが、どちらも重要な体験になるからです。

しかし、選ぶのは自分であり、どちらが自分に取って心地よいかだけです。

中には波乱に満ちたタイムラインを選択して体験してみたいと思う人もいるかも

しれませんが、激動と混乱の中でもまれながらの体験もなかなかできないものです。

だからと言って、混乱を選びなさいと勧めているわけではありません。

どちらも貴重な体験だということです。

どちらを選ぶかは自由です。

私はすでに決めていますが、それはトランプ再選の可否によって決まるものではない

もので、あくまでも自分の自由意思の選択による結果になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました