「桜」再燃の裏で、二階派・菅政権を揺るがず収賄疑惑が発覚 〜吉川元農水相は急いで入院

スポンサーリンク
吉川元農水大臣 政治・経済

「桜」再燃の裏で、二階派・菅政権を揺るがず収賄疑惑が発覚 〜吉川元農水相は急いで入院

事件の調査は7月なのに、なぜこの12月になったのか?

「桜を見る会」前夜祭に関して安倍前首相に任意聴取を要請というニュースが駆け巡りましたが、同時に河井克行、案里夫妻の買収事件が意外な展開を見せています。河井夫妻に多額の寄付をしていた「アキタフーズ」という会社に家宅捜索が入ったところ、アキタフーズから吉川元農水相に現金が渡っていたことが発覚しました。

鶏卵業界への便宜が疑われています。吉川議員は二階派の重鎮で、とりわけ菅首相に近い人物であることから菅政権へのダメージは免れず、国会閉会とともに逮捕の可能性まで出ています。当の吉川議員はコロナ禍で病床数が少ない中、とっとと入院したようです。しかもこの件は吉川議員にとどまらず、アキタフーズを案里議員に繋いだとされる亀井静香氏の他、森山裕自民党国対委員長など5名の疑惑議員が浮上しているようです。

アキタフーズへの家宅捜索が行われたのは7月でしたが、今のタイミングで収賄疑惑が湧いてきたのはなぜだろう。リークの真相は不明ですが「自民党全体を揺るがす」ことは確からしい。

(まのじ)

Twitterから






吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

 疑惑の発端は昨年7月の参院選広島選挙区を巡る元法相、河井克行被告夫妻の買収事件だ。今年7月、関係先として検察当局がガサ入れしたのが河井氏側に多額の献金をしていたアキタ社だった

「押収した大量の資料を分析する中で、吉川氏に現金が渡っていたことが判明した。いわゆる派生案件ですが、バッジ(政治家)を挙げたい特捜部にとって贈収賄は別格の事件です。アキタ社側は『鶏卵業界に便宜を図ってもらう目的で現金を渡した』『違法と認識していた』と認めているそうですし、特捜部は動かぬ証拠をつかんでいるはずです」
(司法担当記者)

引用元)日刊ゲンダイDIGITAL 20/12/3

マイコメント

何となく、今回の事件は政界を大きく動かすことになりそうですね。

今日は菅総理が突然記者会見を行い、コロナ対策やGoToトラベルに関して発言して

いましたが、この先何かありそうだなと思いました。

今回の記事が指摘しているように7月に調査に入ったものがこの時期に事件になると

いうことは案外トランプ大統領が糸を引いているような気がします。

あのバイデン氏に大統領になると見込んで祝電を送ったのをトランプ大統領がよく

覚えておくからと答えたことが印象に残っていますので、もしかしたら菅政権総退陣と

なるかもしれませんね。安倍前総理はすでに前途は暗いでしょうから。

狙いは親中派である、菅総理、二階、茂木などの一掃にあるのではないかと思います。

 安倍前首相検察尋問はジャパンハンドラー( CSIS )の「 菅潰し 」の始まり

「安倍前首相検察尋問はジャパンハンドラー(CSIS)の「菅潰し」の始まり」(2020/12/4)増田俊男のラジオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました