中国共産党は米軍を打ち負かし、北米を征服する「無制限の戦争」の一環として、ワクチンの巨人であるファイザー、アストラゼネカ、グラクソ・スミスクラインの侵入に成功。

スポンサーリンク
中国共産党 ウイルス

中国共産党は米軍を打ち負かし、北米を征服する「無制限の戦争」の一環として、ワクチンの巨人であるファイザー、アストラゼネカ、グラクソ・スミスクラインの侵入に成功。

速報:ファイザー、アストラゼネカ、グラクソ・スミスクラインはすべて共産党の中国共産党支持者によって潜入され、… ワクチン業界は完全に共犯になった!

速報:ファイザー、アストラゼネカ、グラクソ・スミスクラインはすべて共産党の中国共産党支持者によって潜入され、… ワクチン業界は完全に共犯になった!

(ナチュラルニュース)中国共産党(CCP)の支持者の新たに漏洩したデータベースには、ワクチン業界への侵入に成功し、ワクチンの巨人であるファイザー、アストラゼネカ、グラクソ・スミスクラインに就職した123人の名前と詳細が含まれていることが複数の情報源から確認されています。 —米国の民間および軍用のコロナウイルスワクチンを製造している企業。

そのような情報を確認することができる中国の反体制派と強いつながりを持っているエポック・タイムズは、現在、次のように報告しています。

英国の新聞TheMailによる1212日の報道によると、世界的な議員連合である対中政策に関する同盟(IPAC)は、身元不明の中国の反体制派からデータベースを入手し、4つのメディア組織と資料を共有した。 13、リストを取得してレビューしました。

メールは、主要な航空宇宙企業であるエアバス、ロールスロイス、ボーイングが数百人のCCPメンバーを雇用していることを発見しました。さらに、ファイザーと英国の製薬会社アストラゼネカは合計123人の党員を雇用しました。英国の自動車メーカー、ジャガーランドローバーもCCPメンバーを雇用しました。

CCPのメンバーは、「「党の秘密を守り、党に忠実であり、一生懸命働き、私の生涯を通じて共産主義のために戦う…そして党を決して裏切らない」ことを誓う」と英国デイリーメールは報じている。

Major leak exposes members and lifts the lid on the Chinese Communist Party.


CCPの支持者は日常的に企業の秘密を盗み、中国の利益と競合する可能性のある企業のセキュリティと完全性を危うくします。 また、UK Daily Mailによると、「2016年に英国の銀行HSBCとスタンダードチャータードで働いていた19の支店に600人以上の党員がいました。」

CCPはコロナウイルス生物兵器を作成しました。CCPは、コロナウイルスワクチンを「第2波」生物兵器に変えて、ワクチンを接種する非常に多くの人々を傷つけたり殺したりするために、スパイを使ってワクチンメーカーに侵入して危害を加えたと考えています。

これはまた、ワクチンの義務を推進している個人が、「無制限の戦争」を通じてアメリカ合衆国を破壊することを誓った共産党の中国の手に直接働きかけ、彼ら自身が米国に対する刑事反逆行為に従事していることを意味します。

ビッグテックで働くCCPの支持者は何人ですか?

これまでのところ、名前が完全なリストに載っている約200万人のCCP支持者のうち、8,192人の名前だけが公に発表されています。グーグル、フェイスブック、ユーチューブ、ツイッターなどの大手ハイテク企業と協力しているCCPの支持者の数はまだわかっていません。しかし、Facebookが中国共産党のソフトウェア専門家を故意に雇って、憲法やトランプ大統領を擁護する米国市民を検閲する「ヘイト・スピーチエンジニアリング」アルゴリズムを設計したことはすでに知っています。

言い換えれば、Big Techは意図的に共産党の中国人を採用して、アメリカ人を検閲するためのより高度な検閲アルゴリズムを構築し、Big Techはこれらのアルゴリズムを展開して、中国が所有するドミニオン投票システムを介して実行された選挙盗難のすべての証拠を埋めます。ここで説明しているのは、アメリカ合衆国を転覆させるための大規模な国際的な犯罪陰謀です。

これが、ビッグテックのすべてのCEOが反逆罪で有罪となった場合、逮捕、起訴、公開処刑に直面しなければならない理由です。

英国のデイリーメールから:

今日の日曜日にメールで書いている、元トーリー党のリーダーであるそして私たち自身の外交サービスイアン・ダンカン・スミスは次のように述べています。

言い換えれば、共産党の中国は西側諸国、企業、政府に浸透してきました。時間はもう遅いです。中国共産党はまた、ドミニオン投票システムを所有しており、最近、米国の選挙を盗み、彼らの人形候補(ジョー・バイデン)を米国大統領として任命するために、不正なシステムを使用しました。

バイデンの犯罪家族全員が共産主義の中国によって深刻な被害を受けており、CCPの支持者もエアバス、ボーイング、ロールスロイスへの侵入に成功しています。

これで、ボーイング737-Maxに関するソフトウェアの「グリッチ」がより理にかなっています。

ジョー・バイデンが、中国共産党に潜入したまったく同じワクチンメーカーと優先会議を開いたことも忘れないでください。彼らは何について話し合ったと思いますか?

米陸軍のペルナ将軍は、CCPの影響を受けたワクチンを使用して、アメリカの「終わりの始まり」を宣言する「ワクチンD-Day」を発表しました。

突然、ワープスピード作戦はさらに理にかなっています。米陸軍のペルナ将軍と元国防長官のマーク・エスパーは、米軍関係者に危害を加えるために投与される数百万回分のワクチンを供給するために、中国に関連するワクチン会社を選びました。以前に毎日の状況更新ポッドキャストで取り上げたように、これらの優先ワクチンの対象となるグループの1つはサイバー戦争の兵士です。

ペルナ将軍は、ワクチンが「ワクチンD-Day」として軍全体に展開されることを公に宣言し、さらにワクチンがアメリカにとって「終わりの始まり」になると主張しました。これは、国防総省のこれらのブラックハット・オペレーターがすでに中国と連携しており、共産党の中国と関係のある企業によって製造された危険で致命的なワクチンを配布するために悪用されていることを考えると、完全に理にかなっています。 (国防総省は分割されています。国防総省内には反米、親中国の「ブラックハット」部隊がありますが、親米、親トランプの「白帽子」部隊もあります。国防総省では内戦が進行中です

ここで完全な発表を参照してください:

VACCINE D-DAY OPERATION WARP SPEED BRIEFING
VACCINE D-DAY OPERATION WARP SPEED BRIEFING (GENERAL PERNA'S OWN WORDS... IT IS THE BEGINNING OF THE END !! ) Credits,, QUOT...
0D6150D1-39C3-42BA-A45B-6502717211FC

中国は長い間アメリカ合衆国を完全に破壊するという目標を持っていました、そして彼らが最初に軍人の間で広範囲の死傷者と死を引き起こすことができなければCCPはその目標を達成することができません、その後カナダを経由する土地侵略は達成するためにはるかに簡単になります。

過去2日間に発表された爆弾文書が驚くほど明らかにしたように、カナダの反逆的な首相ジャスティン・トルドーは、カナダの軍隊が冬の戦争戦術で共産党の中国兵を訓練するのを助けることを許可しました。これにより、トルドーは「敵の戦闘員」カテゴリに分類されます。明日の状況更新で取り上げる予定ですが、トランプ大統領は、カナダの裏切りに対応して、カナダに対する巨大な経済制裁と貿易制裁を取り下げる準備をしています。

JRナイキストとのこの重要なインタビューを参照して、米国を破壊し、北米を侵略し、それらに反対するすべての人々の大量絶滅を通じて大陸を征服するという中国の壮大な計画を理解してください。

JR Nyquist warns of China's invasion plans for the USA, aided by Democrats
For more updates, visit: Natural News videos would not be possible without you. As always we remain passionately dedicated to our mission of educating people ...
46933416-8B9A-4D75-AF86-D801D2CDB80A

したがって、中国のワクチン製造業者への侵入は、米軍全体に大規模な犠牲者を出すために必要でしたが、カナダの首相は、中国がカナダを侵略ステージングエリアとして使用して、北かーら米国を脅かすことを許可しました。ビッグテックとビッグメディアも共産主義の中国によって完全に支配されているため、アメリカ人は侵略が起こっていることについて話すことはできません。もちろん、戦時中の侵略のビデオや写真を投稿した人はブラックリストに載せられ、プラットフォームが解除されます。

中国のアメリカに対する「総力戦」が完全に明らかになった

真実は今や明らかです。中国は、CCPのために、米国を完全に転覆させ、北米を主張するために、技術とメディアを管理しながら、不正な投票機、有毒ワクチン、土地侵略計画、企業の浸透を使用して、アメリカに対する多面的な攻撃を計画しました。 

今日の状況更新で述べたように、私たちは現在活発な戦争地帯に住んでいますが、中国が支配する民主党の知事は数百万人のアメリカ人捕虜を捕虜にし、兵器化されたcovid-19の封鎖によって彼らを自分の家で科学的または医学的意味で捕虜に変えました。

これらはアメリカ人に対する戦争行為であり、民主党員はほぼ普遍的に共産主義の中国によって堕落し、危うくされています。

これが、共産党の中国がアメリカ合衆国を弱体化させるために働いていることが証明されているすべての反逆的なアメリカ人を逮捕し、起訴し、処刑するという私の呼びかけを繰り返す理由です。

トランプ大統領は、反乱法を発動し、特殊作戦部隊(SOF)を配備して、アメリカ全土で反逆的な工作員の大量逮捕を実行しようとしているようです。軍事法廷はおそらくそれほど遅れていません。マイケル・フリン将軍が今日(マリア・バーティロモ/フォックス・ビジネス経由で)言ったことは次のとおりです。

シドニー・パウエルは現在、最高裁判所で4件の訴訟を係属中です…私たちの選挙における外国の干渉の決定的な証拠があります…、米国大統領は2018年の大統領命令を発動し、おそらく特別顧問を任命しなければならないと思います。このすべてを調べてください…このドミニオン投票機には深刻な外国の影響の問題があるからです。

そしてシドニー・パウエルは、ルー・ドブスとの最近のインタビューで陰謀に加わり、次のように述べています。

選挙のほんの数週間前に中国から4億ドルの資金がスマートマティツクに流入したこと、ジョージ・ソロスが全努力に関係していることを私たちは知っています…率直に言って、私たちの国家安全保障局と国防情報局はこれをすぐに終わらせる必要があります。これが起こっており、今年始まったばかりではないという証拠は、圧倒的で非常に厄介です。

Lou Dobbs - Sidney Powell - Election Fraud Update
“President Trump Won So Many Votes, He Blew Up Their Algorithm” – Sidney Powell on Lou Dobbs I think it’s time for a whole new team across the board Lou. Ther...
C49B6077-87E4-4292-A892-65F1991D8C12

最新の爆弾ニュースについては、12月13日の状況更新をご覧ください。また、Brighteon.comのHealth Ranger Reportチャンネルで、毎日正午に新しいアップデートを確認してください。

Brighteon

https://www.brighteon.com/fc65632e-e3c2-4b04-a686-3fe0a274cdae

マイコメント

中国という国、とりわけ中国共産党(CCP)は百年がかりの計画を立てると言われます。

トランプ大統領就任で激化した対中国政策はこれまで秘密裏に進んでいた中国の米国

弱体化と内部的な侵略行為を表に引き出しました。

今回の記事で民主党やFACEBOOK、ツイッター、グーグル、ユーチューブなどのビッグ

テックとワクチン製造会社がなぜ反トランプなのかが明らかになったと思います。

それはこれらの企業自体が中国人に侵略されていたからですね。

まさにトロイの木馬です。

それは日本も同じことでしょう。

昨日、GoToトラベルが停止に追い込まれました。これまで菅総理は決して停止しない

と発言し、経済とコロナ抑え込みの両立に必要であるとかたくなに拒んできました。

その背景には二階氏の存在がありました。彼は自分の子供が中国の臓器移植の恩恵を

受けていて、違った意味でのハニートラップを食らった一人です。

従って、彼の進めることは中国政策の意図に沿ったものになっています。

GoToトラベルそのものは経済の下支えに必要なものですが、1か月ほど前に中国人の

入国緩和政策を取りました。実はこの入国緩和政策は中国からの強い申し出があった

からでしょう。現在コロナ陽性者が急増している背景には中国から日本にやって来る

中国人の存在が大きく影響しています。何しろ彼らはもともとコロナ陽性者です。

なぜ、日本にやって来るのかというと日本の高度医療を利用することが目的だからです。

コロナ感染者に外国人が忌める割合は公表されていませんが、ある資料によると半数

以上が外国人でその中でも中国人の数が突出していると言われています。

つまり、GoToトラベルの政策の裏には外国人観光客の全国展開というシナリオがある

というわけです。

感染者数の急増加にはワクチン接種止む無しという口実を与えるためのものです。

それにGoToトラベルと中国人入国者の増加がリンクしていることになります。

しかし、全国からの反対によりGoToトラベルは昨日停止に追い込まれました。

菅総理の言うようにGoToトラベル利用で感染者数の急増加という裏付けはありません

でしたが、中国人感染者を全国に拡大させていることは間違いないことです。

従ってGoToトラベルを停止したことは感染者数拡大に多少の歯止めがかかるかもしれ

ませんが絶対ではありません。

GoToトラベルと停止した後も感染者数の増加は続くでしょう。もし、本当に感染者数を

抑制したいなら中国人の入国を制限するのが真の政策になります。

ワクチン製造会社のアストラゼネカやファイザーなどがすでに中国人によって乗っ取ら

れているとしたなら、もはやこの流れは止められないかもしれません。

しかし、昨日のワクチンに対する世論調査でワクチン接種賛成が50%で反対が36%(?)

あったと記憶してますが、36%の人が反対しているということはワクチンの目的に気付いて

いる人が少なくとも4割近くいるということです。これはとても希望の持てる数字だと

思います。

出来ればこの数字が50%を超えるようになれば一大センセーションが巻き上がるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました