破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:数字に振り回されないで」

スポンサーリンク
検査 医学

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:数字に振り回されないで」

今日の破・常識!

あなたの身体を信じてください。


数字に振り回されないでくださいね。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。 

vol. 1416 数字に振り回されないで

「数字に振り回されないで」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
ガンと言われる細胞は、いつも出来ています。

 
そして、消えていっているのです。

 
出来ては消え、消えては出来ているのです。

 
ですから、気がつかなければ


そのままなくなってしまう細胞の方が多いのです。

 
検査をすると、そのまま消えてしまう細胞を


見つける機会が多くなります。

 
もしかしたら、ガンではない細胞を

 

ガンと見誤ってしまうこともあります。

 
そのような細胞は、何もしなくても消えますので


生存率と言われるものも高くなります。

 
いわゆる数字のマジックです。

 

定期検査を勧めるのは、ビジネスです。

 
定期検査をすれば、病人を作りやすいからです。

 
いまの医療はビジネスが優先されています。

 
数字を変えればいくらでも

 

 

病気の人を作り出し薬が売れるからです。

 
血圧の数字はどんどん変えられています。

 
20年ほど前は、上が180まで正常とされていました。

 
その後どんどん引き下げられ、いまは130を超えると


高血圧と診断され降圧剤をすすめられます。


これによって、20年前よりも


たくさんの薬が売れるようになったのです。

 
数字を変えることによって、売り上げが大きくなるからです。

 
人の身体は20年前もいまもそんなに変わりません。

 
そして、その時の状況、年齢などによっても大きく変わってきます。

 
つねに同じ数値でいるということはないのです。

 
ですからすべての人を同じ数値に押し込めることは、


おかしなことなのです。

 
数字が変わっただけで、病気ではない人も

病気と診断されてしまうのです。

 
血圧だけでなく、他の数字も同じです。

 

あなたが健康だと思えば、健康なのです。

 
ムリヤリに病気を見つけ出す必要はありません。

 
病気にばかりフォーカスして、検査ばかりしている方が


病気になりやすくなります。

 
楽しく暮らしていれば、あなたの身体が持ってる


自己免疫力や自己回復力が働きますので


健康でいることが出来るのです。

 

病気はストレスが原因です。

 
我慢をしたりすることでストレスがたまると


自己免疫力や自己回復力が低下しますので


身体に不調が出てくるのです。

 
つねに病気になるのではないかと不安に思っていることも

 
大きなストレスになります。

 
病気にフォーカスせずに、好きなこと、


楽しいことをしていてください。

 
そして、身体の声を聞き、疲れたと思えば休む


・・そうしていればストレスはたまりません。

 
何も不具合を感じない時は、あなたは健康なのです。

 
ムリに病気を作りだす必要はありません。

 
本当に身体の不具合が出たときは


身体がちゃんと教えてくれます。

 
そして、どうしたらいいかも教えてくれます。

 
あなたの身体を信じてください。


数字に振り回されないでくださいね。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

ガンがなぜこれほど恐れられているのかというと、死に病という印象が強いからです。

一昔前ならばガンになれば助からないと言われていました。

確かにガンになった人のほとんどは亡くなっていました。

しかし、それはガンで亡くなったのではなく放射線照射治療によって起きる自己

免疫力の低下が原因であり、また、放射線が新たなガンを作り出していたので

さらにがんが見つかるという悪循環を招いていたからです。

抗がん剤治療も同じです。正常な細胞をガンと同じように攻撃するので身体が

弱り抵抗力が低下しガンの増殖を早めます。

要するにガンで死んだのではなく病院で別の原因で亡くなったということです。

医療業界は決してこのことを公にはしません。公にしてしまうとほとんどの人が

自然免疫療法を選び病院に来なくなり病院の収益の低下を招くからです。

まさに今の医療は治療ではなく算術に成り下がってしまっています。

医療経済を常に毎年売り上げをアップさせるために必要なのは新しい病気を

作り出したり、基準値を変えて病人を増やすことです。

血圧の基準値が130にまで下げられたのは基準値自体が変わって来たのではなく

それなりのデータをつくろい下げただけのことです。

実際には血圧が年齢や運動で大きく変化するので130をすべての人に当てはめる

こと自体が無理な話でありおかしなことなのです。

そんなおかしなことを堂々とやっているのが今の医療業界です。

少しは医療業界の欺瞞的なやり方に気付かないといけません。

コロナも同じです。東京都の感染者(本当は陽性者であり感染者ではないのです)が

1000人に迫る勢いですが、これは他県から依頼されたPCR検査が陽性になると

東京都で感染した人としてカウントされるからです。そうした数は2割以上加算

されているので全国で断トツの感染者数を誇るのは当たり前のことでしょう。

とにもかくにも彼らは数字の操作に忙しいのです。国民の不安を煽ることが

最大の目的だからです。

そのため、数字はそのまま見てはいけません。

その背後にあるものを自分で調べないといけないのです。

そうしない限りいつまでも振り回され続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました