破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:お金を貯めるために・・・」

スポンサーリンク
お金を貯める計画 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:お金を貯めるために・・・」

今日の破・常識!


お金を貯めるためにという理由で


まったく別の仕事をしないでくださいね。

 
もしお金を貯めるためにするのならば、


あなたがしたいと思っている仕事に


関係する仕事をしてください。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1554 お金を貯めるために・・

「お金を貯めるために・・・」by アシュタール

 

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
何かの目的があってお金を貯めることは大丈夫です。

 
私がお金は貯めないでください・・と言っているのは


不安から何かの目的もなくただ将来のために


お金を貯めなくてはいけないという思考は


手放してくださいということです。

 
したいことをするためにどのくらいのお金が必要かは


出来るだけ具体的にしてください。

 
具体的にする方がオーダーしやすくなります。

 
そして、イメージ出来るようになりますので


現実化もしやすくなります。

 
ただ、お金を貯めるためにという理由で


まったく別の仕事をしないでくださいね。

 
もしお金を貯めるためにするのならば、


あなたがしたいと思っている仕事に


関係する仕事をしてください。

 
もし、パン屋さんを経営したいと思っているのならば


パン屋さんで働いてお金を貯めてください。

 
パン屋さんを経営したいと思っているのに


タクシーの運転手をするのはもったいないということです。

 
パン屋さんで働けば、パン屋さんを経営するためのノウハウも

 
お金をいただきながら得ることが出来るからです。

 
タクシーの運転をするのも楽しい仕事かもしれませんが


パン屋さんを経営するためのノウハウ、情報は得ることが出来ません。

 
タクシー会社をしたいならタクシーの運転手をしてください。

 
手芸用品の店をしたいと思いながら旅館で働いても


手芸用品の店をするのに必要なノウハウも情報も入ってこない。

 
・・ということです。

 
パン屋さんで働けば、どんな道具が必要か


その道具もどこの道具が使いやすいか、小麦などの材料は


どこからどのくらい仕入れればいいか、

 
どのくらいの規模なら毎日どのくらいのパンを焼けばいいか

 
パンを焼く技術はもちろんのこと、どんなパンをお客さんが


欲しがるのかや接客の仕方などたくさんの情報を


いただくことが出来るのです。

 
自分が実際にパン屋さんを経営している


シミュレーションをしながら働くことが出来るのです。

 
これは自分のやりたいことをしている人のそばにいるから

 
入ってくる情報なのです。

 
まったく別の仕事をしたら、その情報は入って来ません。

 
何か目的があってお金を貯めるためにするならば


あなたがやりたいと思うことをしている人のそばにいてください。

 
たくさんいろいろなことを教えていただけます。

 
たくさんの情報をいただけます。

 
すぐにやりはじめたいと思うと思いますが、ノウハウをいただいて

 
いろいろ必要な情報を集め、そして必要なお金も準備してから

 
はじめても遅くはありません。

 
お金はもちろんですが、ノウハウ、情報もあなたにとって

 
とても大きな力になります。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント


何か自分がやりたい、あるいはその目的のために欲しいものを手に入れるために

お金を貯めるということは問題はないということです。

何かの事業を、それも自分がやりたいと思っている事業ならそれに近い仕事を

お金を貯めるために利用しなさいということです。

パン屋ならパン屋、ケーキ屋ならケーキ屋、クリーニング屋ならクリーニング

などを選ぶようにしましょうということです。


それでは、マンションを購入するためにお金を貯めることはどうなのでしょうか?

この場合は目的がはっきりしているのでためること自体は問題はないと思われますが

こうした場合には今の仕事がそのままやり続けることがいちばんでしょう。

また、今の仕事ではマンション購入資金を短期に貯めることが難しいのでもっと

稼げる仕事を求めることも考えられますが、この場合も経験のある仕事を選ぶことが

長く務められる条件になると思います。

そして最も考えないといけないのは資金を貯めても今のマンション購入価格は相当

高いのでキャッシュで払えるならいざ知らず多くの人が銀行ローンを利用せざるを

得ないだろうと思います。

仮に銀行ローンを借りられたとしてもその後の返済が大変です。さらには銀行ローンに

固定資産税が加算され、保障のために入る生命保険料も加わると当初の描いていた

返済計画を大幅に上回ることになります。

場合によっては今回のコロナのような事案が発生すると仕事を失いせっかく購入した

マンションを手放さなければならなくなることも考えられます。

だから、私としては自宅の購入資金を50歳くらいまでを目途に貯めておき、50歳を

過ぎたら貯めた資金で程度の良い格安の中古マンションや家を購入する方がいいだろう

と思います。

銀行ローンと違い、自分で貯める分には今月は余裕がないから貯金額を少し減らして

余裕が出来たときに増額するなどの自由な采配が可能になります。

それまでは賃貸でいいと思います。なぜなら転勤の可能性があるからです。

マンションを購入したはいいがすぐに転勤となり夫は地方で赴任生活で妻は自宅で

子供を育てながら生活するという状況が数十年も続くと夫婦関係も悪化します。


ならば、自由に居住地を変えられる賃貸が若い時はいいのです。

そして、老後になると賃貸で貸してくれないところが増えてきますので、この場合は

やはり自宅を持つことが有利でしょう。

そのために購入資金を長期計画で無理せずに貯めておき、50歳を過ぎたら中古住宅を

手に入れるのが良いのです。

以上は私の考えですが、若いときに新築にこだわるならそれもそれでいいと思いますが

購入後のリスクをきちんと計算しておくことが必要です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました