破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:あなたが決めていいのです」

スポンサーリンク
個の時代 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:あなたが決めていいのです」

今日の破・常識!

ご機嫌さんのところへ行くことも出来ますし


不機嫌さんと一緒にいることも出来るのです。

 
あなたが決めていいのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1563 あなたが決めていいのです

「あなたが決めていいのです」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
あなたがしたいと思うことを


実際にしている人のそばにいてください。

 
ご機嫌さんでいたいと思うならば


ご機嫌さんな人のそばにいてください。

 
不機嫌でいたいと思うならば、不機嫌さんのそばにいてください。

 
すぐにあなたも不機嫌になれます。

 
それは波動の共振が出来るからです。

 
波動エネルギーが共振することで同じ波動エネルギーになるからです。

 
ご機嫌さんになりたいと思っているのに


不機嫌さんばかりのところにいたら


あなたの波動エネルギーもその方たちと共振して不機嫌になります。

 

波動エネルギーは思考エネルギーでもあります。

 
楽しい現実を創造している人の思考と共振してください。

 
その方の思考、物の見方考え方、価値観、倫理観、道徳観

 
常識の捉え方などを感じる、見ることで


あなたの思考も変わっていきます。

 
同じような思考になるから


同じような現実を創造出来るようになるのです。

 
頑張って見習おうと思う必要はありません。

 
その方のそばにいるだけで知らないうちに波動エネルギー

 
(思考エネルギー)が共振してきます。

 
(その方といることで気持ちが良いと思えばです。

 
気持ちよく感じないけど、頑張って一緒にいなければなどと


修行的な考えでいるならばそれは逆効果になります。

 
気持ちが良くなければ波動エネルギーが合わないということですので

 
波動エネルギーは共振しません。)

 

仕事も同じです。

 
したい仕事があるならば、実際にその仕事を


(楽しんで)している人のそばにいてください。

 
実際に仕事をしている方のそばにいれば、


いろいろなことを教えてくれます。

 
仕事の知識、技術はもちろんのこと、その仕事への姿勢や

 
考え方なども共振出来ますので、あなたも出来るようになるのです。

 
そして、楽しんでいればあなただけのオリジナルの仕事も


出来るようになります。

 
人は物質的には個別に存在しているように見えますが


エネルギーから見て見ればみんなつながっているのです。

 
そして、似た波動エネルギーの人はよりつながりが深くなります。

 
エネルギーでつながって、いつも交流をしているのです。

 
不機嫌な人ばかりがまわりにいると思ったら


意図してご機嫌さんの人達のところに移動してみてください。

 
気分が変わります。

 
気分が変わるということは波動エネルギーが変わるということです。

 
波動エネルギーは重い方が引っ張る力が強いのです。

 
だから、あなたがご機嫌さんでいようと思っていても


不機嫌さんの近くにいたら、その不機嫌という


重いエネルギーの引っ張られて(共振して)

 

あなたも重い方へいってしまうことになります。

 

あなたは選ぶことが出来ます。

 
ご機嫌さんのところへ行くことも出来ますし


不機嫌さんと一緒にいることも出来るのです。

 
あなたが決めていいのです。

 
自分だけご機嫌さんのところに行くなんて


不機嫌さんを裏切ってしまうような気がすると


罪悪感を感じる必要はないのです。

 
不機嫌さんは自分で不機嫌を選んでいるのですから。

 
だから、あなたがご機嫌さんのところへ移動して


ご機嫌さんになった姿を見たら


もしかしたら自分もご機嫌さんになりたいと思って

 
自分の意志でご機嫌さんのところへ移動して来るかもしれません。

 
もしかしたら離れていったあなたに文句を言ったり


裏切られたと思ってもっと不機嫌さんになるかもしれません。

 
でも、それはあなたの問題ではなくその人の問題なのです。

 
それもその方の意志です。

 
自分で選んでいるのです。

 
あなたは他の人の波動エネルギーを変えることは出来ません。

 
自分でどこと共振するかを選ぶだけです。

 
他の人の思考を変えることはできません。

 
変えることが出来るのは自分の思考だけなのです。

 
あなたはあなただけの事を考えていてください。

 
これは利己主義でも、自己中心的な考え方でもありません。

 
あなたの現実はあなたが創造しているのですから、

 
あなたが主となってあなた自身が


何を望むかで選ぶしかないのです。

 
他の方の現実にまで責任を負う必要はありません。

 
・・というか責任を負えないのです。ムリなのです。

 
ですから罪悪感など感じる必要はないのです。

 

話が逸れてしまいましたので元に戻したいと思います。

 
あなたがこうなりたい、こうしたいと思うことがあるならば

 
実際にそうしている人のそばにいてください。

 
そうすれば、思考エネルギーが共振します。

 
あなたは望む現実を創造することが出来るようになります。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント


自分がそばにいたいと思っている人がどんな人かはある程度自分で決めています。

それはある意味、楽しい現実にしたいかあるいは反対の現実にしたいのかの

どちらに重きをおいて考えているかです。


孤独を愛する人は自然と似たような人の側によって行く傾向があります。

何となくその方が気持ちが落ち着くからなんでしょう。

また、似たような人がいると思うことで自分を慰めている部分もあります。

孤独を愛するのは自分だけではなかったんだという安心感です。

逆に誰かといつも一緒でわいわいと騒ぎながらゲームに興じたり、お酒を飲んで

パーティーを開いている中にいたりします。

どちらも求める方向が違います。

もし、孤独が嫌になったら、いっぱい人がいるところへ行ってみるといいです。

その中の楽しそうな人を見つけて会話を楽しんでみれば自然と楽しくなって

くると思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました