ワクチン接種が成功すれば、若者たちの遺伝子は組み換えられ、子を産めなくなります

スポンサーリンク
ワクチン接種 コロナワクチン

優生学の支持者たちが推し進める新型コロナワクチン:「ワクチン接種が成功すれば、若者たちの遺伝子は組み換えられ、子を産めなくなります」〜 すでにインフルエンザワクチンとは比べ物にならない被害が発生!

竹下雅敏氏からの情報

 本物のヘンリー・キッシンジャー博士は、2009年のスピーチで、「羊たちが強制ワクチン接種を受け入れた時がゲームオーバーです」と言っていたようです。すでにこの時に、「ワクチン接種が成功すれば、若者たちの遺伝子は組み換えられ、子を産めなくなります」と言っていたのですね。

 この時の計画と現在が異なるのは、今のヘンリー・キッシンジャー博士は、恐らくクローンで改心しており、本物は既にいないこと。強制ワクチン接種にはならず、あくまでもワクチンを打つ、打たないは自己責任であることです。ただし、いくら自己責任と言っても、政府、メディアがウソの情報ばかりを垂れ流して、ワクチンの危険性をほとんど国民に知らせずに被害が拡大した場合には、関係者の責任が追及されることになるでしょう。

 すでにインフルエンザワクチンとは比べ物にならない被害が出ています。先のヘンリー・キッシンジャー博士の言葉が示しているように、ワクチン接種をしてしまうと、元の身体に戻すのは難しいのかも知れません。

 私の見解では、カバールはもちろんですが、彼らと戦っているホワイトハットと呼ばれる人々の50%以上が、ヘンリー・キッシンジャー博士と同様に優生学の支持者だと見ています。カバールと戦っているから、ホワイトハットが正義なのではありません。

 ウィキペディアによれば、“優生学の目的は様々であるが、「知的に優秀な人間を創造すること」、「社会的な人的資源を保護すること」、「人間の苦しみや健康上の問題を軽減すること」などが挙げられる。これらの目標を達成するための手段として、産児制限・人種改良・遺伝子操作などが提案された”とあります。こうして見ると、トランプ元大統領は優生学の支持者だと見て間違いないでしょう。

 “死亡者だけを「ロット番号」順に並べ替えてみたら…こんなに同じ番号が揃うもの!?!?”というツイートは、6月21日の記事で紹介済みですが、まーてる先生の説明によれば、「ワクチンは治験中、今データ取ってるから濃度が違うはず、だから人それぞれ副反応が違う」とのこと。

 こうした事を理解した上で、“続きはこちらから”の一連のツイートをご覧ください。

(竹下雅敏)


ヘンリー・キッシンジャーの講義から

Twitterから







マイコメント


先日紹介したようにワクチンの死亡者がロットにより偏りがあるということですが

どうも今回の記事によるとロットによりワクチン濃度が違っていたり、成分が異なって

いたり、あるいはプラセボとして生理食塩水が入っている可能性を感じました。

ワクチン自体まだ未承認で実験(治験)として扱われているものなので、本当の

ワクチンとは別に対象群として生理食塩水を使うことは十分考えられます。

また医療従事者向けのものは役所の人が持ってくるということはあらかじめ打つ


ロットが限定されていて、同じ医療従事者でも本物のワクチンと生理食潜水の

二つに分けて打っているはずです。

おそらく数か月後に勤務する医療機関で症状の有無の調査が行われるはずです。

しかし、そのためにはどの人が何を打ったかを把握しておかないと実験結果の分析が

出来ないのですでに個人情報が把握されていると見ていいでしょう。

つまり、1回目を打った人は次の2回目に打つロットがすでに決まっているということです。

また、ワクチンに入っている成分濃度が異なっていたとしてもm-RNAが添加されている

事は間違いないので、どれだけの期間で発症するのかの違いを調べているのでしょう。

これを元に最終的に有効濃度が決定されるので、その時には毎年打ちましょうと言う

ように方針が変更されるはずです。


まさにこれはコロナに便乗した人体実験です。




コメント

タイトルとURLをコピーしました