ワクチン接種義務化のフランス在住者からの生の声

スポンサーリンク
フランスパリ コロナワクチン

ワクチン接種義務化のフランス在住者からの生の声

ワクチン接種義務化でみんな辞めてしまいました

これから起こることに備えるために、これを読む必要があります。

この記事を読んで、これから起こることに備えてください。
フランスから🇫🇷(友人からのコピー)   ※フランスの友人からメールが届いたようです。

ここフランスでは、「健康」パスポートを使って極端なことが行われています。先週の21日には、レストラン、バー、コーヒーショップ、スポーツイベント、劇場、映画館、美術館などのレジャー施設が、「パス」を持たない人には閉鎖され、これらの施設のスタッフは、仕事を続けるために「健康パス」を取得することが義務付けられました。

パスを持たずにこれらの場所に入った場合、6ヶ月の懲役刑が科せられます(大統領の顔を叩いた男は3ヶ月の懲役刑で済みました)。企業のオーナーは、「パス」の使用を遵守せず、従業員全員にジャブを取得させないと、4万5千ユーロの罰金と1年の懲役刑が科せられます。

その結果は?低賃金の従業員はみんな辞めてしまいました。ここでは生活保護の方が稼げるからです。(今のところ)技術的にはまだ「食べ物をテイクアウトする」ことができますが、昨夜試してみたところ、私たちの町のすべてのレストラン(テイクアウト可能な飲食店)はスタッフ不足のために閉店してしまいました。

先週の時点で、すべての医師、看護師、健康産業従事者は、ジャブを受けなければ免許、診療所、仕事、ビジネスなどを失うことを義務付けられました。

医療制度は国が運営し、資金を提供しているため、徹底的に管理されています。優秀な医師は5年前にフランスを去り、病院は修理する資金がないため、すべての病院が第3世界の病院のようになっています。設備の半分は機能せず、すべての病院に日常生活に必要な備品(マスク、ジェル、使い捨てのガウンなど)が揃っているわけではありません。

5年前から看護師の人員が不足しており、医療制度が破綻しかけているため、2倍の仕事をしています…. これに加えて、強制的なジャブもあります。

で、結果は?何百万人もの人々が街頭に彷徨い、すべての病院はさらに50%のスタッフを失ってしまいました。私の主治医は早期退職してしまい(通称:辞めてしまった)、代わりの医師はまだ見つかっていません。

8月1日から、すべての大型ショッピングモール、小売店、食料品店のオーナーとそのスタッフは予防接種を受けなければならず、従業員と顧客の入場には健康パスが必要です。

これは、すべてのターゲットが、ウォルマート、コストコ、ホームデポ、そしてすべての主な食料品店を閉鎖するのと同じことです。(基本的に20,000平方メートル以上の建物はすべて、「健康パス」を持っていない人は入れません。)

結果は…?8月15日、トラック運転手が全国的にストライキを行い、パリ市内外のアクセス道路を封鎖します。

昨日、フランス北部の空港は、スタッフの大半が辞めたため、空港全体が閉鎖されました。

9月15日には、すべての公共の場所やアクセスが禁止されます。ファーマーズマーケット、公園、国立公園、湖、川、ビーチ、レクリエーションエリア、キャンプ場など、100人以上の集まり、教会、結婚式なども禁止されます。

10月1日以降は、デリ、ピザトラック、サンドイッチショップ、肉屋、パン屋、野菜売り場など、すべての小さな業者が対象となります。

つまり、10月1日以降は、インターネットで食品を購入したり、(許可されていればの話)ピックアップすることしかできなくなります。

食糧不足、トラック運転手のストライキ、病院や空港の閉鎖、失業率は急上昇しています。皆さん、大変な旅になりそうです。

このような状況は、正確には機能していない「健康パス」にしては、少し極端だと思うのは私だけでしょうか?

アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの皆さん、目を覚ました方がいいですよ。

愛と安全の名の下に、新世界秩序へようこそ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました