「ワクチン接種者がブルートゥースに繋がる」その数々の証拠 ~世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認 される

スポンサーリンク
BLEスキャナー コロナワクチン

「ワクチン接種者がブルートゥースに繋がる」その数々の証拠 ~世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認される

竹下雅敏氏からの情報

 非常に重要な記事です。カレン・キングストンさんによると、2021年3月18日に取得されたCovidワクチンの特許(No.2021/0082583A1)の378項には、“当ワクチンにはIDを作り出すように指示を出す複数の電子装置が含まれている…ブルートゥースなどを介して通信が可能になりユーザー間の交流、人間関係、行動を評価することができるなどと記載されています”と言うのです。

 また、ノーベル医学賞のリュック・モンタニエ博士の共同研究者であるジャン=クロード・ペレス氏は、独占:世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認されるという記事を紹介し、“このファイザーの特許申請は2021年8月31日に承認され、

携帯電話の電波塔や衛星からの2.4GHz(5G)以上のパルスマイクロ波の量子リンクによって「モノのインターネット」に接続される予定の、あるいは現在接続されている世界中のすべてのワクチン接種を受けた人間の遠隔連絡先を追跡する目的で、18500件以上のリストの中で最初に登場した特許です

(DeepL機械翻訳)”とツイートしています。

 “続きはこちらから”の動画の冒頭で、暗視野顕微鏡で撮影されたワクチンの映像が出てきます。「これはチップのようにも見えます」と言っています。最後のツイートは、温泉露天風呂に(禁断の)スマホを持ち込んで、隅っこからスキャンすると、「見える範囲の入浴客と、なんとなく一致」という報告。

 また、「ザウルスの法則」の9月30日の記事では、スマホ、携帯電話等の電子端末は、学校への持ち込みは厳禁で、生徒たちの7割以上はすでに接種していると想像される中高一貫校に勤務する教員の方からのもので、“BLEスキャナーには認識した信号情報データを集積してダウンロードできる機能があることに気づき、BLEスキャナーを起動して、上着のポケットに入れっぱなしで午前中過ごしたところ、BLEスキャナーが認識した受信記録が、なんと300件を超えた”というのです。記事には受信記録のデータが添付されています。ぜひ、記事をご覧ください。

 さて、これだけの証拠を前にして、未だにワクチン接種者がブルートゥースに繋がることを信じず、否定しようとするならば、もはや為す術はないと思われます。申し訳ないのですが、私には、「頭が悪すぎる」という言葉しか浮かびません。
(竹下雅敏)

10/13-その1 Covidワクチンは人間を服従させるためのもの!

引用元)
(前略)

 動画は引用元でご覧ください。
(中略)
キャレン・キングストンさん曰く:
彼等が言っていること(ワクチンに含まれたディスクや生き物のような形をしたものがコンピュータシステムであるということ)が真実であることを示す証拠がここにあります。
(中略)
先週、ご紹介したCovidワクチンの特許の詳細を見てみましょう。この特許(No.2021/0082583A1)は2021年3月18日に取得したものです。
(2:05~)この特許の0378項には、当ワクチンにはIDを作り出すように指示を出す複数の電子装置が含まれているとか、この装置は外部サーバーに接続され、そのサーバーから情報を受信することができるなどと記載されています。
また、強制命令専用のアプリをダウンロードすることができるとか、パンデミック期間中に政府は国民にワクチン接種を促すために各スマホ、他に専用アプリをインストールするよう命令することができるなどと記載されています。
また、このアプリやスマート・ディバイスを介してユーザー(国民)の位置を常に追跡、特定することができ、ユーザーが使用しているスマート・ディバイスとブルートゥースなどを介して通信が可能になりユーザー間の交流、人間関係、行動を評価することができるなどと記載されています。
(以下略)

ワクチン分析 専門家も分からない謎の物体がうごめく

オーストリアの科学者たちがコロナワク●ンの成分を分析した映像をドイツの研究者たちが大勢で観ている動画です。
配信元)
 

マイコメント

今回の記事を読むとワクチン接種された人に対してワクチンに添加された酸化グラフェンや
未知の寄生虫が身体の中で増殖して相互結合することでネットワークを形成し、外部からの
スキャンが可能になることを意味します。

数年後ワクチン接種者はどこにいてもその場所を特定され、会話も盗聴されることになります。
おそらくはワクチン接種した人に与える接種証明書をスマホで行うことで作動するのでしょう。

ただ、現時点でワクチンには濃度による差、生理食塩水を入れた対照群など数種類のものが
存在し、どれを打たされたかは不明なのが現状です。そのため、中には接種済みであっても
スキャナー検出されない人もいると思います。

しかし、これは2回3回と回数を重ねるごとに本来の酸化グラフェン入りワクチンに当たるので
彼らが言う2033年までにはほとんどの接種者のスキャナーによるモニタリングが可能になる
ということを示しています。

ワクチンを打った人でスキャナーで検出されなかった人はこれ以上ワクチンを打たないでおく
ことが賢明な策と思います。


コメント

  1. […] 「ワクチン接種者がブルートゥースに繋がる」その数々の証拠 ~世界中のワクチン接種者をモニターするファイザー社の特許が承認 される http://www.newage3.net/2021/10/17/%E3%80%8C%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E6%8E%A5%E7%A8%AE%E8… […]

タイトルとURLをコピーしました