ワクチン接種後の心臓へのダメージは、ワクチンを打つたびに悪化するとの英国研究結果報告書

スポンサーリンク
心電図 コロナワクチン

ワクチン接種後の心臓へのダメージは、ワクチンを打つたびに悪化するとの英国研究結果報告書

報告書 ワクチン接種後の心臓へのダメージは、ワクチンを打つたびに悪化するとの英国研究結果

英国の研究報告によると、40歳以下の男性における中国ウイルスワクチン接種後の心筋炎は、これまで考えられていたよりも悪化しているとのことです。重篤な合併症のリスクは、接種のたびに増加します。

Substackのアレックス・ベレンソンが今日報告したワクチンの危険性に関する最新情報は、mRNAワクチンのパイオニアであるロバート・マローン博士が言っていることを裏付けるものである。若者はワクチンを受ける必要がなく、また受けるべきでもない。なぜなら、このワクチン接種による重傷のリスクはアジア型病原体のそれよりも大きいからである。

この研究は、大学が学生にワクチン接種を強制していること、また米軍もそうであることから、特に憂慮すべきものである。

マローンと同じく、ニューヨークタイムズの元ライターであるベレンソンは、ウイルスとワクチンに関するディープステート・左派メディアのシナリオに挑戦したために、ツイッターから追い出されたのである。

    COVIDブースターショットは、UMassシステムの5つのキャンパスで、約93,000人の学生や職員に義務づけられる。

https://t.co/82L8XFE8d2
    – WBZ NewsRadio (@wbznewsradio) 2021年12月28日

研究内容

「40歳未満の男性における心筋炎という深刻な心臓病のリスクは、コロナmRNAワクチンを接種するたびに急上昇し、コロナウイルス感染そのものによるリスクよりもはるかに高い」とベレンソンはその概要に書いている。

    特に、ワクチン接種後の心筋炎のリスクは、40歳未満の男性だけでなく、16歳から25歳の男性にも集中していることが、他の研究によって示されているからである。

    英国の研究者が12月下旬に発表した研究によれば、40歳未満の男性では、ファイザー社の1回目のワクチン接種後に心筋炎のリスクがほぼ2倍になったとのことである。そして、2回目も2倍、3回目もさらに2倍と、基準値の8倍近くまで上昇した。

しかし、この研究からの悪い知らせはそれだけではない。

ベレンソン氏は、モデナワクチンの2回目の接種後に問題が発生するリスクは憂慮すべきものであると報告している。2回目のモデルナ接種で問題のリスクは16倍にもなるのです。

そして、「モデルナの各注射は100マイクログラムのmRNAを含み、一方、ファイザーの各注射は30マイクログラムなので、この知見は、心臓リスクは用量に関係し、追加の注射ごとに上昇し続けるであろうことを強く示唆しています」。

この発見は、若いアスリートが胸を押さえて地面に落下しているバイラルビデオと一致する。

一見健康に見えるティーンエイジャーを含む183人の若いアスリートが、1回以上の注射を受けた後に死亡したり、倒れたりしているのです。

危険すぎる

ベレンソン氏が報告したように、この研究は、大学が危険性のあるワクチンのブースターショットを要求している今、親や学生を心配させるものである。

先週The New Americanが報じたように、Twitterはマローンがワクチンがいかに危険かを示す研究をツイートしたため、ブーイングした。

ある研究では、ワクチンを接種した後に死亡した人のうち、「93パーセントが…ワクチンによって死亡した」とツイートしている。

「ワクチンは悪いニュースだ」と、ワクチン懐疑派のスティーブ・カーシュはSubstackの研究内容を報告した。

    15体の遺体が調べられた(いずれもワクチン接種後7日から6ヶ月の間に死亡、年齢は28歳から95歳)。検視官も検察官も、どのケースでも死因をワクチンとはしなかった。しかし、さらに調査を進めると、15例中14例の死亡にワクチンが関与していることが判明した。最も攻撃された臓器は心臓(死亡者全員)であったが、他の臓器も攻撃された。その結果、何百万人もの死者が出る可能性がある。このワクチンは直ちに中止すべきです

マローンはまた、”ファイザーのコロナワクチン接種が、予防するよりも多くの病気を引き起こすことを示すファイザー6ヶ月のデータ “とツイートしている。

ワクチンの失敗は、予防接種を受けないもう一つの理由です。実験的なエリクサーは宣伝通りに機能していない。

ニューヨーク州イサカにあるメインキャンパスの97%の学生、教職員はワクチン接種を受けているコーネル大学は、ウイルスが暴れ出したため、12月14日に閉鎖した。12月9日から15日にかけて、1,400人以上の新たな感染者が報告されました。

    コーネル大学はニューヨーク州イサカのキャンパスを閉鎖し、学生の間でCovid-19が「急速に広がった」ため、「警戒レベル赤」に移行しているhttps://t.co/d0ybKEzFE1
    – CNN速報ニュース (@cnnbrk) 2021年12月14日

赤色警戒態勢」が続く同キャンパスでは、その後、1,023件のウイルス検査陽性が報告され、カウントされていると、大学のウイルスダッシュボードが伝えている。当局はオミクロンの変種が流行していると疑っている。

 

 

 

Report: British Study Says Post-vaccine Heart Damage Worsens With Each Jab - The New American
A British study reports that myocarditis in men under 40 years old after a China Virus jab is worse than previously thought. The risk for serious complications ...

 

COVID-19連続接種後の心筋炎リスク:年齢・性差別

概要

13歳以上の42,200,614人を対象とした最新の自己対照ケースシリーズ解析において,COVID-19ワクチン接種と心筋炎との関連を年齢と性別で層別し,3回目のワクチン投与を受けた10,978,507人を含めて評価した.

心筋炎リスクは、BNT162b2の3回目の接種後1-28日の間に増加した(IRR 2.02, 95%CI 1.40, 2.91)。

すべてのワクチンタイプで40歳未満の男性で関連が最も強く、BNT162b2とmRNA-1273の初回接種後の1-28日間にそれぞれ3(95%CI 1、5)と12(95%CI 1、17)の追加イベントが100万人あたりで推定された。

ChAdOx1、BNT162b2、mRNA-1273の2回目の投与では、それぞれ14(95%CI 8、17)、12(95%CI 1、7)、101(95%CI 95、104)の追加イベント、BNT162b2の3回目の投与では13(95%CI 7、15)の追加イベント、一方、COVID-19感染では7(95%CI 2、11)追加イベントであった。COVID-19感染と心筋炎との関連は,男女とも全年齢で観察されたが,40歳以上で大幅に高かった.これらの知見は、公衆衛生およびワクチン接種政策にとって重要な意味を持つ。

資金提供 Health Data Research UK.

MAIN

COVID-19ワクチン接種と心筋炎との関連性に関する我々の最近の記事は、科学的、政策的、そして一般的に大きな関心を呼んだ[1]。それは、BNT162b2メッセンジャーRNAワクチンへの曝露と急性心筋炎を関連づけた複数の国から出現した証拠に追加されました[2-8]。これまでで最大かつ最も包括的な分析において、私たちは事前の知見を確認し、mRNAワクチンとアデノウイルスワクチンの両方を含む3種類のワクチン後に心筋炎による入院または死亡が増加することを報告しました。

重要なことは、イングランドのワクチン接種者全体において、ワクチン接種後の心筋炎のリスクは、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)検査陽性後のリスクと比較して小さいことも実証したことです[1]。しかし、心筋炎は、若年者及び特に男性に多くみられる[9、10]。ワクチンキャンペーンが急速に小児や若年成人を含むようになったため、年齢と性別で層別化し、3回目のワクチン接種後に追加分析を行うことが要求された。さらに、心筋炎のリスクは、1回目のワクチン投与に比べ、2回目のワクチン投与で高くなるという一貫した観察があることから[1, 11]、omicron変異体と戦うためにブースタープログラムが国際的に加速されているので、3回目の投与に関するリスクの評価が急務である[12]。

そこで、年齢と性別で層別したCOVID-19ワクチン接種または感染と心筋炎との関連をさらに評価するために、13歳以上と3回目の接種を受けた人に分析を拡大した。

簡単に説明すると、イングランドでCOVID-19ワクチンの接種を受けたすべての人のデータを含むNHS Immunisation Management Service(NIMS)データベースを使用しました。個々の患者データを入院、死亡、SARS-CoV-2検査に関する全国データとリンクさせ、ChAdOx1、BNT162b2、mRNA-1273ワクチンの1、2、3回目の接種、または接種前後のSARS-CoV-2検査陽性への曝露と心筋炎による入院または死亡の関連性を検討した。自己管理ケースシリーズ(SCCS)法 [13, 14] は、個人内の共変数を暗黙的に制御して、個人内の曝露期間と非曝露期間の心筋炎発生率を比較する。ワクチン接種後または検査陽性後の1-28日のリスク期間における入院または死亡について、ベースライン期間と比較して発生率比(IRR)を算出する。IRRは、40歳未満または40歳以上における性および年齢による層別化後に算出した。

2020年12月1日から2021年11月15日までに、イングランドでChAdOx1(n=20,646,456)、BNT162b2(n=20,391,600)またはmRNA-1273(n=1,162,558)を少なくとも1回接種し、合計42,200,614人の方がワクチンを接種しました(付表1)。このうち、38,347,981人がChAdOx1(n=20,059,058)、BNT162b2(n=17,294,004)またはmRNA-1273(n=1,039,919)のいずれかの投与を2回受け、10,978,507人がChAdOx1(n=35,608)、BNT162b2(n=10,599,183)またはmRNA-1273(n=343,716)の投与の3回目を受けていることが分かりました。少なくとも1回のワクチン接種を受けた人のうち、5,185,772人(12.3%)がSARS-CoV-2陽性となった。ワクチン接種前は2,834,579人(54.7%)、1回目のワクチン接種後は698,993人(13.5%)、2回目接種後は160万4087人(30.9%)、3回目接種後は481万813人(0.9%)であった。調査対象者42,200,614人のうち、2,539人(0.006%)が調査期間中に心筋炎で入院または死亡し、そのうち552人(0.001%)がいずれかのワクチン接種後1〜28日間に発生した(補足表2)。

ワクチン接種後1-28日間で、ChAdOx1(IRR 1.27, 95%CI 1.05, 1.55)とBNT162b2(IRR 1.37, 95%CI 1.12, 1.67)の初回投与との関連が認められたが、mRNA-1273(IRR 1.80, 95%CI 0.91, 3.58; Table 1 and Extended Figure 1)には関連が認められなかった。2回目の投与後、リスクはBNT162b2(IRR 1.60, 95%CI 1.31, 1.97)に比べてmRNA-1273(IRR 13.71, 95%CI 8.46, 22.20)で高くなった。ChAdOx1の2回目の投与との関連はみられなかった。3回目の投与後の関連は、BNT162b2でのみ観察された(IRR 2.02, 95%CI 1.40, 2.91)。少数のChAdOx1またはmRNA-1273ワクチン接種者において,3回目の接種後1-28日に心筋炎の事象は発生しなかった.心筋炎のリスクは,SARS-CoV-2陽性検査後1-28日で増加した(IRR 8.40,95%CI 6.89,10.25).

 

表1:

2020年12月1日から2021年11月15日までの暦年で調整した、主解析およびワクチン接種による曝露直前・直後、SARS-CoV-2検査結果陽性前後のあらかじめ設定したリスク期間におけるアウトカムの年齢層別(40歳以下、40歳以上)、性別(女性、男性)別の発症率比(IRR 95%CI)(※はカウント<5として抑えたセル)。各被曝の0日目は数が少ないため削除している。

 

 

 

 

 

40歳未満の男性では,BNT162b2(IRR 1.66,95%CI 1.14,2.41),mRNA-1273(IRR 2.34,95%CI 1.03,5.34) の初回投与後1-28日,ChAdOx1(IRR 2.57,95%CI 1.52,4.34) の2回目の投与後において心筋炎のリスクが増加していることが認められた。 35)、BNT162b2(IRR 3.41, 95% CI 2.44, 4.78)、mRNA-1273(IRR 16.52, 95% CI 9.10, 30.00)、BNT162b2 3回目投与後(IRR 7.60, 95% CI 2.44, 4.78)、およびSARS-CoV-2陽性試験後(IRR 2.02, 95% CI 1.13, 3.61; 拡張図1および表1)であった。高齢の男性では,BNT162b2ワクチンの3回目の接種後1~28日目(IRR 2.48,95%CI 1.46,4.19), および検査陽性後(IRR 5.98,95%CI 2.83,12.63) に心筋炎リスクが増加した.

40歳未満の女性では、mRNA-1273ワクチンの2回目の接種後1-28日間にのみ心筋炎のリスク増加が観察された(IRR 7.55, 95%CI 1.67, 34.12; 図1)。しかし、事象の数は少なかった。高齢の女性では、心筋炎とワクチン接種の間に関連は見られなかった。補足表4に曝露後1週間ごとのIRRを示す。

 

 

図1:

(左図)95%信頼区間(CI)付き発生率比(IRR)、(右図)ChAdOx1の1回目、2回目、3回目投与後の1-28日リスク期間における100万人分の心筋炎イベント超過数(95%信頼区間(CI)付き)。BNT162b2およびmRNA-1273ワクチンまたはSARS-CoV-2検査陽性者における(上)42,200,614人のワクチン接種者集団と(下)若年男性(n=5893,724)、高齢男性(n=11694,015)、若年女性(n=6905,830)および高齢女性(n=13708,352)において、。

 

主解析および年齢・性別ごとに、各被曝後1-28日の心筋炎の過剰発生数を100万人当たりで推定した(補足表5、図1)。ChAdOx1とBNT162b2ワクチンの初回接種後、100万人当たりの心筋炎イベントがそれぞれ1(95%CI 0, 2)と2(95%CI 1, 2)追加されると予想される。BNT162b2 と mRNA-1273 の 2 回目の接種では、心筋炎イベントがそれぞれ 2 件(95%CI 2、3)、36 件(95%CI 34、37)追加されると予想されます。BNT162b2 の 3 回目の投与では、100 万人あたり 2 件(95%CI 1, 2)の心筋炎イベントが追加されると予想されます。これらの推定値は、SARS-CoV-2陽性検査後の1-28日間に、100万人あたり30(95%CI 29, 31)件の心筋炎イベントが追加で発生することと比較しています。

40歳未満の男性では、BNT162b2およびmRNA-1273の初回投与後1-28日間に、それぞれ100万人あたり3件(95%CI 1, 5)および12件(95%CI 1, 13)の心筋炎イベントが追加されると推定された。ChAdOx1、BNT162b2、mRNA-1273の2回目の投与後にそれぞれ14(95%CI 8、17)、12(95%CI 1、7)、101(95%CI 95、104)の心筋炎イベントが追加され、BNT162b2ワクチンの3回目の投与後に13(95%CI 7、15)の心筋炎イベントが追加されます。これは、SARS-CoV-2検査陽性後の1-28日間における心筋炎の追加イベント7(95%CI 2, 11)と比較すると、より多くの心筋炎イベントが発生する。高齢の男性では,BNT162b2の3回目の接種後とSARS-CoV-2検査陽性後に,それぞれ100万人あたり3(95%CI 2,4)と73(95%71,75)の心筋炎イベントが追加されると見積もられた.

40歳未満の女性では,mRNA-1273の2回目の投与とSARS-CoV-2検査陽性で,それぞれ100万人あたり8(95%CI 4,9)件と7(95%CI 6,8)件が追加されると見積もられた.高齢女性では,ワクチン接種後の心筋炎イベントの追加はなかったが,SARS-CoV-2 検査陽性による追加イベントは 100 万人あたり 39 件(95% CI 37, 40)であると推定された.

我々は、政策立案者や一般市民にとって意味のあるいくつかの観察結果を報告する。第一に,COVID-19感染後の心筋炎による入院または死亡のリスクは,全人口におけるワクチン接種に関連するリスクよりも高いという,4,200万人以上における我々の以前の知見を確認し拡張するものであった.次に,心筋炎のリスクは,アデノウイルスワクチンの連続接種よりもmRNAワクチンの連続接種の方が高いことが分かった.今回初めて,BNT162bワクチンの3回目の接種後に心筋炎イベントが増加することが観察された.mRNAワクチンの順次投与では発生率比が高くなりますが、BNT162bのブースター投与後に心筋炎が100万人当たり2件追加されると推定され、全人口におけるリスクは小さいままです。第三に,性別に層別した若年層におけるワクチン接種と感染に関連するリスクについて報告する.COVID-19ワクチン接種後のリスクは,高齢者での発症が多いにもかかわらず,40歳未満の若年男性にほぼ限定され,ワクチン接種後と感染後の心筋炎リスクは同程度であった.しかし,顕著な例外は,mRNA-1273ワクチンの2回目の接種を受けた若い男性で,心筋炎のリスクは感染よりもワクチン接種後の方が高く,SARS-CoV-2陽性後の7イベントに対してmRNA-1273ワクチンの2回目の接種後には101イベントが追加で推定されたことであった.

私たちが認識すべきいくつかの限界があります。まず、3 回目の ChAdOx1 または mRNA-1273 ワクチンの接種を受けた人の数が少なすぎて、心筋炎のリスクを評価することができませんでした。第二に、我々は心筋炎を定義するために病院の入院コードと死亡証明書に依存しており、誤分類により、リスクを過大または過小評価した可能性がある。第三に,13~17歳の小児2,136,189人を解析に含めることができたが,この集団では心筋炎イベントの数が少なすぎ(全期間n=43,接種後1~28日n=15),リスクを評価することができない。また,心筋炎のリスクは40歳未満の男性に限定されていることから,小児におけるリスクを評価するためには,国際共同研究のデータをプールすることが必要である.

以上より,心筋炎による入院や死亡のリスクは,ワクチン接種後よりもCOVID-19感染後の方が高く,全人口におけるBNT162bの3回目のブースター投与を含むmRNAワクチンの連続投与後も緩やかであることが示された.しかし,ワクチン接種後の心筋炎のリスクは,若い男性,特に RNA mRNA-1273 ワクチンの 2 回目の接種後に一貫して高くなる.

 

著者の貢献

MP、JHC、CCは、研究の概念化、研究課題の開発、分析計画を主導した。JHC は資金調達、分析計画、データ承認、分析結果の解釈に貢献した。MP はデータの特定、キュレーション、解析を行った。MP と NLM は論文の第一稿を執筆した。SD は PPIE に参加し、報告した。LH, KMC, FZ, XWM, NLM, KK, MSH, PW, AH, FZ, SD, AS はプロトコルの開発に関する議論に参加し、原稿に重要なフィードバックを提供した。全著者はプロトコルを承認し、原稿の重要な改訂に貢献し、最終版の原稿を承認した。
利害関係

ASはスコットランド政府Chief Medical OfficerのCOVID-19アドバイザリーグループ、スコットランド政府パンデミック常設委員会、AstraZenecaの血栓性血小板減少症アドバイザリーグループのメンバーである。すべての役割は無報酬である。

JHCは、研究の実施中、国立保健研究所(NIHR)生物医学研究センター(オックスフォード)、John Fellオックスフォード大学出版研究基金からの助成金、Cancer Research UK(CR-UK)オックスフォードセンターを通じての助成金番号C5255/A18085、オックスフォード・ウェルカム機関戦略支援基金(204826/Z/16/Z)および他の研究協議会からの助成金を報告している。JHCは、この研究に使用したQResearchデータベースを提供するオックスフォード大学とEMIS Healthの提携による非営利団体、QResearchの無報酬ディレクターである。JHCは、ClinRisk ltdの創設者兼株主であり、2019年5月31日まで同社のメディカルディレクターを務めていた。ClinRisk Ltdは、臨床リスクアルゴリズム(本業務外)を臨床コンピュータシステムに実装するためのオープンソースおよびクローズドソースソフトウェアを製造しています。JHCはNERVTAGリスク層別化サブグループの議長であり、SAGE COVID-19グループおよびSARS-CoV-2感染におけるモノクローナル抗体使用の優先順位付けに助言するNHSグループのメンバーである。

AHは、予防接種・免疫合同委員会(JCVI)のメンバーである。

KKは、政府緊急時科学諮問委員会のメンバーである。

その他の著者は、本論文に関連する利害関係を宣言していない。
オンラインメソッド
データ

 

ワクチン曝露の特定には、COVID-19ワクチン接種のNational Immunisation (NIMS) Databaseを使用しました。このデータベースには,イングランドでワクチン接種を受けたすべての人のワクチンの種類,接種日,接種回数が含まれている.NIMSのワクチン接種データを、個人レベルで、死亡率(ONS)、入院数(HES)、SARS-CoV-2感染データ(SGSS)の全国データとリンクさせた。
研究デザイン

自己管理ケースシリーズ(SCCS)デザインを使用した。このデザインは、もともとワクチンの安全性を調べるために開発されたものである[13, 14]。解析は各症例を条件とするため、性別、年齢、民族性、慢性疾患など、研究期間中の固定特性は本質的に制御されている。季節変動のような時間変動要因は、解析で調整する必要がある。
研究期間と対象者

13歳以上で、ChAdOx1(アストラゼネカ)、BNT162b2(ファイザー)、mRNA-1273(モデナ)の投与を1回以上受けたことがあり、2020年12月1日から2021年11月15日の間に心筋炎で入院または死亡(最終データ更新)した人を対象としています。患者は、試験開始(2020年12月1日)から試験期間終了(2021年11月15日)または死亡のうち最も早い時期まで追跡調査された。研究期間開始前の2年間に心筋炎による入院があった場合、またはAd26.COV2.S(ヤンセン)ワクチンの投与を受けた場合は、投与回数が少なすぎて意味のある解析ができないため除外された。
成績

本研究では、心筋炎による入院または死亡をアウトカムとした。心筋炎は、国際疾病分類(ICD)-10コードを用いて、研究期間中の最初の入院または死亡と定義した(補足表6)。

 

曝露

曝露変数には、ChAdOx1、BNT162b2、mRNA-1273ワクチンの1回目、2回目、3回目の接種が含まれています。COVID-19逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)陽性試験として定義されたSARS-CoV-2への感染は、分離した暴露変数として含まれていた。研究期間内の最初の陽性試験のみを用いた.曝露リスク区間は、曝露後28日目以降は検討対象の有害事象が曝露と関連する可能性が低いという仮定のもと、各曝露日から0、1-7、8-14、15-21、22-28日というあらかじめ特定した期間として定義した。転帰を経験した人は、症状が改善するまでワクチン接種を遅らせる可能性が高いため、この潜在的な偏りを考慮し、各被曝前の1~28日の期間をベースライン期間から削除した。心筋炎による入院は、しばしばSARS-CoV-2の検査につながる。これらの結果はSARS-CoV-2感染によって引き起こされる可能性が高いが,その検出に関わる逆の因果関係は,心筋炎に対する感染の効果を過大評価または過小評価する可能性がある.この潜在的なバイアスの原因を調べるため、我々は0日目を独自のリスク期間に割り当てた。

 

統計解析

ワクチン接種を受けた全コホートの特徴を、年齢、性別、民族、SARS-CoV-2陽性検査状況、接種回数、ワクチンの用量と種類による同種・異種混合接種の観点から述べた。

リスク期間中およびリスク期間外(各ワクチン接種後1~28日)に心筋炎による入院または死亡したワクチン接種者の人口統計学的特性を記載した。

SCCS モデルは,条件付きポアソン回帰モデルを用いて適合させた.発症率比(IRR)は、ベースライン期間に対するリスク期間中の各対象アウトカムによる入院または死亡の相対率比であり、SCCSモデルにより、(季節効果を考慮し)時変共変数として2週間のカレンダー期間を調整して推定された。

SCCSでは絶対的なリスク差は得られない。我々は、IRRの推定値を、1つの過剰な有害事象を発生させるのに必要な暴露の数と、各アウトカムに対する100万人当たりの過剰事象数を推定するために開発した方法を用いて、各暴露の影響の絶対値で補った[15]。

これらの解析にはStataバージョン17を使用した。
データの利用可能性

本研究の結果を裏付けるデータであるCOVID-19の全国予防接種(NIMS)データベース、死亡率(ONS)、入院(HES)、SARS-CoV-2感染データ(PHE)は、非識別化全国臨床記録に基づいているため一般に公開されていません。国や組織のデータプライバシー規制により、本研究で使用したような個人レベルのデータは一般に公開することができません。
コードの利用可能性

本研究で使用したコードは、研究グループのgitリポジトリに寄託されており、プライバシーが保護されている。コードへのアクセスは、非商業的、学術的、研究的な使用に限り、著者から要請があれば可能である。これらの分析にはStata version 17を使用した。
謝辞

 

このプロジェクトは、がん患者のケアとサポートの一環としてNHSが収集した患者レベルの情報に由来するデータを含んでいます。SARS-Cov-2検査データは、Public Health England(PHE)によって照合、管理、品質保証されています。データへのアクセスは、PHE Office for Data Releaseによって促進された。Hospital Episode Statistics, Secondary Users Service (SUS-PLUS) datasets and civil registration dataは、NHS Digitalの許可を得て使用しており、これらのデータの著作権はNHS Digitalに帰属する。NHS DigitalとPublic Health Englandは、データの解析や解釈について一切の責任を負いません。KKはNational Institute for Health Research (NIHR) Applied Research Collaboration East Midlands (ARC-EM) とNIHR Lifestyle BRCの支援を受けています。MS-Hは、National Institute for Health Research Clinician Scientist Award(NIHR-CS-2016-16-011)の支援を受けている。JHCとKMCはNIHR Oxford Biomedical Research Centreの支援を受けています。NLMとKMCは、英国心臓財団(Chair Awards CH/F/21/90010, CH/16/1/32013), Programme Grant (RG/20/10/34966) and Research Excellence Awards (RE/18/5/34216, RE18/3/34214)の支援を受けています。ASは、Health Data Research UK BREATHE Hubの支援を受けています。本研究は,Health Data Research UKが国家統計局と提携して主導し,UK Research and Innovation(助成金番号 MC_PC_20029)の助成を受けたData and Connectivity National Core Studyの一部である。オックスフォード大学の COVID-19 研究対応基金への寄付者の篤志的支援に感謝する。本書で示された見解は著者のものであり、必ずしもNHS、英国NIHRまたは保健省のものではありません。本研究の資金提供者は、本研究の設計および実施に関与しておらず、原稿の確認および承認も行っていない。記載された見解は著者のものであり、必ずしも資金提供者のものではありません。MP、JHC、CCは全ての研究データに完全にアクセスすることができ、JHCは投稿の最終責任を負っていた。このプロジェクトは、患者・市民参加型アドバイザリーパネルの支援を受けており、その継続的な支援と指導に感謝する。諮問委員会からの情報提供は、検討すべき優先的な質問を特定するのに役立ち、また分析も支えました。PPIEアドバイザーは、COVID-19ワクチン接種とCOVID-19自体の両方に関連する心臓のリスクについて報告することが極めて重要であることを支持しました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました