コロナワクチンによる死亡リスクは、コロナと同等かそれ以上

スポンサーリンク
ワクチン免除 コロナワクチン

コロナワクチンによる死亡リスクは、コロナと同等かそれ以上

0歳以下のすべての年齢層で、コロナワクチン接種後の死亡リスクは、コロナワクチン未接種の人が死亡するリスクよりも高い

New Study: ‘Risk of COVID Vaccine-Induced Fatality Is Equal To Or Greater Than The Risk of a COVID Death For All Age Groups Under 80 Years Old’

新しい研究 

80歳未満の全年齢層で見ても

コロナに罹患して死亡するリスクと比較して

コロナワクチンによる死亡リスクは、同等かそれ以上であることが判明しました。

新しい研究によると、「50歳以下のすべての年齢層で、コロナワクチン接種後の死亡リスクは、コロナワクチン未接種の人が死亡するリスクよりも高い」ことが判明しました。

80歳以下のすべての年齢層では、コロナワクチンの接種を受けることによる利益はほぼなく、より若い年齢層では大きなリスクが発生します。”

このリンクで紹介されている研究は、”新型コロナと年齢層別の全死因死亡データから、2022年2月6日時点で80歳未満のすべての年齢層でCOVIDワクチンによる死亡のリスクは同等かそれ以上であることが明らかになった。”と題されています。

Kathy DoppとPhD Stephanie Seneffによる研究は、”ワクチンメーカーは、人が症状のあるCOVID疾患を発症する有病率または可能性に基づく絶対的なリスク低減を計算することを怠っていた “など数々の爆弾発言を報告しています。

 

 
 

 

今週、報告しました。コロナウイルスワクチンメーカーのModerna Therapeuticsが2018年に出した自社株の新規株式公開(IPO)では、メッセンジャーRNA(mRNA)を “遺伝子や細胞のDNA “を変えない「無常」の成分として描写しようとして、今では論争の的になっている記述がありました。

しかし、Modernaや、Pfizer-BioNTechのコロナウイルス注射の主成分であるmRNAは、人体に永続的に影響を与え、変化させることが研究で明らかになった。

ModernaのIPOでは、”メッセンジャーRNAに基づく変革的な医薬品 “と語られていた。2018年のModerna IPOは、当時、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、バークレイズ・キャピタル、JPモルガンなどの大手金融会社が引受会社を代表し、バイオテクノロジー分野史上最大の新規株式公開となったと報道されました。

NATIONAL FILEが報じたように、米国立衛生研究所(NIH)は、モデナコロナウイルスワクチンに金銭的な利害関係を有している。

NATIONAL FILEはまた、ジョー・バイデンのシンクタンクを主催し資金提供しているペンシルバニア大学が、ファイザー・バイオテックとモデナコロナウィルスワクチンの販売で利益を得ており、さらにバイデンFDAの注射の認可でも利益を得ており、大きな利益相反を示していると報じました。

ビル・ゲイツの財団は、2016年の報告書でも明らかなように、以前からmRNA技術のために数百万ドルの巨額の資金をModernaに提供しています。モデナは2019年に5億ドル以上の損失を吸収した。そして、コロナウイルス、そしてモデナ社のコロナウイルスワクチンが登場した。

研究者のチャールズ・ホッフェ博士は、Zoom callミーティングで、mRNAを用いたコロナウイルス注射の話題について、こう述べている。「これらのワクチンは、膨大な数の小さなメッセンジャーRNA鎖である。モデナワクチンは、1回の接種で40兆個のメッセンジャーRNA分子を含んでいます。40兆個…ですから、この6人の人たちは、肺の毛細血管を何千何万とふさいでしまったのだと私は思います。だから、この人たちは今、肺に永久的な損傷を負っていると思うのです、なぜなら・・・つまり、それが彼らが息切れする理由だからです。”

「私たちは、メッセンジャーRNA(mRNA)に基づく革新的な医薬品の新カテゴリーを創造し、患者さんの生活を向上させます。と述べ、「mRNAは、DNAに格納された命令を伝達し、すべての生きた細胞で必要とされるタンパク質を作るものです。私たちのアプローチは、mRNA医薬品を使用して、患者自身の細胞に、病気の予防、治療、治癒につながるタンパク質の生成を指示することです」と述べています。タンパク質を作る際のmRNAの中心的な役割の概略は、下の図に示されています」と、2018年にModerna IPOは述べている。

「最後に、mRNAは無常です。mRNAは、遺伝子や細胞のDNAを変化させるリスクなしに、生物学的に制御された定められた期間、タンパク質を生成します。mRNAの投与を停止すれば、タンパク質の生産は停止し、生物学的効果は一般に元に戻すことができる」とModernaのIPOには124ページに記載されているが、これは現在では大きく異論を呼んでいるところである。

New Study: 'Risk of COVID Vaccine-Induced Fatality Is Equal To Or Greater Than The Risk of a COVID Death For All Age Groups Under 80 Years Old'
A new study finds that “all age groups under 50 years old are at greater risk of fatality after receiving a COVID-19 inoculation than an unvaccinated person is ...

 

 


過去記事にご紹介いたしましたように、マサチューセッツ工科大学の実験結果は、衝撃的でした。ワクチン会社の説明とは違い、ワクチンは我々の大事なDNAを書き換えてスパイクたんぱく質製造工場に変えてしまうことが分かったのです。

 

査読済み論文の中では、『インビトロ』(試験管の中の実験で)と控えめに上記の査読済み医学論文はいっていますが、身体の中でスパイクたんぱく質が作り続けられたら、結果はどうなりますか?

誰もがお分かりの通りの結果となります。

人間の個体差、免疫力、年齢などバラツキがあるので症状は一度にはスタートしませんが、結果的には、コロナや他の病気を発症するわけです。微細な血栓も作られますので、身体のどの部分に詰まるかで、色々な症状が出ます。

自然療法士ルイさんの動画を再度ご紹介したのは、そのためです。

あの動画のなかでワクチンではなく遺伝子治療だとはっきりと明言されています。

ところが実は治療どころか、病気のデパート化が目的なんじゃないのという事が様々な実験から明らかにされています。

繰り返しますが、まして今回のマサチューセッツ工科大学の実験結果は衝撃的でした。

ワクチン会社はこの事を知っており、責任が及ばないように法的な善後策を準備したようですが、果たしてこんなことが許されるのか、今後の国際司法の場に委ねられる事になると思います。

また、同時にこのような事態になってもブースター接種をやめない国家とはどういう存在なのかを改めて問いたださなければいけない時です。国民主権である国が、一番大事な法益である国民の生命をワクチンで侵害しているわけです。だれも遺伝子が書き換えられているなんて分からないし、接種する医師のインフォームドコンセントにもそんな言葉はない。

こんな出鱈目が堂々と行われている国家ってどう思いますか?

そして賠償の話となると税金を使うんですよ。

ワクチンも税金、賠償も税金、儲けは奴等、経済損失、治療費は自腹。

これが現実です。いい加減目を覚ましてくださいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました