日米合同委員会とは?

スポンサーリンク
岸田 バイデン 政治・経済

日米合同委員会とは?

日本は国会が法案を決めていない!日米合同委員会で決められている

【再up】離間工作の罠 元自衛隊陸将補の池田整治氏

低強度戦争

アメリカは

どうすれば自国に逆らう国が消滅し、

かつ大規模な戦争を避けることが出来るか、

という戦略を練っていました。

モルモットになったのは日本・・・。



アメリカに服従する政党と政権を他国に成立させ、

必要な資金をアメリカ側が提供する。



この資金はアメリカが不法な手段により世界各地で巻き上げたものです。

麻薬密売、詐欺、強奪など・・・。




マスコミを操作し、

アメリカ=正義・善と、他国民を洗脳し、

アメリカを批判する言論を封殺する。

アメリカ映画、音楽を大量に流し、

フリーセックスの宣伝を行い、

アメリカが「すばらしい」自由の国だと印象づける。




学校教育においては、

丸暗記中心の学校教育で思考能力を奪い、

アメリカへの批判能力を奪う。

東大エリートはアメリカの犬です。



教師への絶対服従を学校教育で刷り込み、

「強者への絶対服従」を子供の頃から身に付けさせる。



反逆の恐れのある評論家、ジャーナリストなどは、

セックス・スキャンダルや万引き、盗撮などの犯罪を捏造し、失脚させる。

急ぐ場合は、軍の諜報組織を用い、事故に見せかけ殺害する。



他国の食料、エネルギー自給を破壊し、米国に依存するよう国を改造する。




これは「低強度戦争」と名付けられています。

出来るだけ軍事力を使わず、他国を支配する方法です。

日本は「低強度戦争」により、アメリカに支配されています。

・・・

「低強度戦争」は、21世紀現在、アメリカが世界中で展開し、今後も、米軍の軍事戦略の中枢をなす「戦争の方法」となっている。



 ベトナム戦争以後、アメリカは「どうしたらアメリカに逆らう国が無くなり、大規模な戦争を避けられるか」という戦略を練り上げた。モデルになったのは日本であった。



その戦略は、



1、アメリカを絶対に支持し、アメリカに服従する政党と政権を他国に成立させ、そのための資金をアメリカが提供する。



2、この買収資金は、アメリカの税金ではなく、他国でアメリカが麻薬を密売した利益を提供し、アメリカが経済的負担を負わない方策を取る。



3、マスコミ操作を通じアメリカが常に「善」であると他国の市民を洗脳し、アメリカを批判する言論をマスコミに「登場」させない。アメリカ映画、音楽を大量に流し、アメリカが「すばらしい」国だと連日宣伝する。



4、学校教育においては、丸暗記中心の学校教育で思考能力を奪い、アメリカへの批判能力を奪う。



5、教師への絶対服従を学校教育で叩き込み、「強い者=アメリカへの絶対服従」を「子供の頃から身に付けさせる」。



6、逆らう言論人、ジャーナリストは、そのジャーナリストのセックス・スキャンダル等をマスコミに流し失脚させ、必要であれば軍の諜報組織を用い、事故に見せかけ殺害する。



7、他国の食料、エネルギー自給を破壊し、米国に依存しなければ食料、エネルギーが入手出来ないようにシステム化し「米国に逆らえないシステム」を作る。



 こうした支配戦略をアメリカは「低強度戦争」と名付け、出来るだけ軍事力を使わない「ソフト・パワー」で支配する「戦争」と位置付けた。



この「低強度戦争」の最も成功した例が日本である。これは、日本支配のための「軍事戦略であり戦争であった」。



この戦略に沿って、行われた日本の食料自給率の低下は、明らかに、アメリカからの食料輸入の圧力が原因であった。


日本が、アメリカを経由せず、独自にインドネシアからの石油供給を実現しようとした時、その中心に居た首相・田中角栄はスキャンダルによって失脚したが、アメリカ議会が、そのスキャンダル・ワイロ問題を「暴露」していた。


日本の食料自給率の低下、エネルギーの米国依存は、米国の「軍事戦略」であった。


本書では、この「低強度戦争」が日本を始めとした、世界中で展開された「軍事作戦」であった事が明言されている。

・・・

原爆「地上起爆」でCIAのお仲間がわかってしまった。


「2、この買収資金は、アメリカの税金ではなく、他国でアメリカが麻薬を密売した利益を提供し、アメリカが経済的負担を負わない方策を取る。」
北朝鮮に、輸送機でブルドーザー運んだ、帰りの積荷は麻薬でしょうか?↓
競艇資金も使われているのかどうなのか。
1から7、パーフェクトにやられとりますね(笑)
この記事は、非常に解り易いのでメモ。


離間工作の罠 元自衛隊陸将補の池田整治氏
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12193833592.html
25:00~ アメリカが勝手に、日本の税関に関係なく、何をもってきても自由ということ。日本は手を出せない。アメリカの横田基地から北朝鮮の平壌に、軍用機が行っている。何積んでいるの?ブルドーザー。北朝鮮の基地を作っている。
26:25~ 治外法権下の米軍駐留を止めた国がある。ドイツは5年間かけて治外法権をとった。





 

追跡! 謎の日米合同委員会 別のかたちで継続された「占領政策」
従米構造を作り上げた「日米合同委員会」の正体を暴き、事実上、米国による占領が続く戦後日本の核心に迫る画期的ルポルタージュ。 【第一章】 米軍に差し出された軍事空域「アルトラブ」の密約と「米軍機情報隠蔽密約」 【第二章】 対米従属の密約文書の開示を拒む外務省は米軍と一心同体か 【第三章】 日米合同委員会の秘密体制に挑む情...
「日米合同委員会」の研究:謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
「日米合同委員会」の研究:謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)

コメント

タイトルとURLをコピーしました