コロナ騒動を作っている要因として5Gテクノロジーの存在

スポンサーリンク
NECの5Gテクノロジー ウイルス

コロナ騒動を作っている要因として5Gテクノロジーの存在 Wark in the Sprit より

5Gの展開計画と今起きているコロナウイルス感染の接点

今回のコロナ騒動を簡単にまとめると、



https://twitter.com/HenryMakow/status/1232352763914354692

計画は次のように見えます:5Gを世界中に展開、一方で同時に「感染拡大するコロナウイルス」に関係する病気に大騒ぎし、ビルゲイツ提供の必須ワクチンでさらに多くの人々を殺す、by J.Perloff​


​https://twitter.com/jamesperloff/status/1232329116764037120​

​5Gとパンデミックは共存しています、5Gは酸素欠乏を起こします、そもそも歩いている人が突然倒れるなどウィルスではあり得ません、クルーズ船は最新の衛星通信を備えていました、

5Gは酸素欠乏によって人の体内の細胞を傷つけ、破損物質としてDNA破壊片を体外に排泄します。これが検査でコロナウイルスのDNAと一致したとして診断されます。
検査数を拡大しないのは民間検査所に検査を依頼すると、それがインフルエンザウイルスとなるからです。国立の感染症検査所に送られればコロナウイルスになります。

 

先日、​​5G(60GHz)はO2を破壊しコロナ肺炎を誘発する​​​​で紹介したが、
この中で出てくる60GHzの特性を再度見ておく、​​

この解説を出したのは、(今から19年前になるが、)
ハーモニックス株式会社代表取締役社長の白水重明氏、

Fixed Wireless Communications at 60GHz Unique Oxygen Absorption Properties April 10, 2001 rfglobalnet
訳:60GHzのワイヤレステクノロジーには酸素吸収特性がある​)
60GHzのミリ波周波数では、吸収が非常に高く、送信されたエネルギーの98%が大気中の酸素に吸収されます。60GHzでの酸素吸収はレンジを厳しく制限しますが、同じ周波数の端末間の干渉も排除します。​

​​60GHz電波は酸素を吸収するため、電波は遠くに行かない、

ところが、一旦スイープされた帯域空間はクリーンになり、​
次の60GHzは遠距離に安定して届くようになる、

現在5Gで実用化されているのは3.5GHzまでです。しかし、将来的に100GHzまで拡大することが承認されているので、そのための実験をしていて、それが影響している可能性は十分考えられます。

 

それを解説したのがこのグラフ、

​周波数の再利用に対する酸素吸収の利点を図に示します 。

​図は、60GHzの周波数再利用範囲(緑の領域)と従来の範囲(青の領域)の距離関係を示しています。酸素吸収により、空間の非常に局所的な領域内で同じ周波数の再利用が可能になります。60GHzミリ波スペクトル内での動作により、同じ周波数の無線端末の非常に高密度で干渉のない展開が可能になります。​​

今から、19年前ゆえ、
この60GHzをコロナと併用する気があったのか不明ながら、
当初の目的は、通信の精度向上を目指していた、

ところが、(60GHzの)相手側のO2はこの干渉により、

電子スピンが変えられ、本来のO2でなくなる現象が起こる、

これで、呼吸不全、肺疾患となる、(コロナ肺炎となる、)

5G基地局は中国全体では13万基の展開、​

昨10月から試験運用を開始した武漢では1万基が展開され、
日常的に60GHzに晒された環境だった、

その中で昨12月にコロナパンデミックが発生と成ったわけだが、
そもそも、この60GHz、2001年の氏の解説によれば、

現在、連邦通信委員会(FCC)は、パート15での無許可使用のために57.05から64GHzのミリ波RFスペクトルを割り当てています。60GHzで動作するすべてのワイヤレス機器は、FCCパート15タイプ認証を取得する必要がありま​す。

要認証だったが、

​www.siversima.com/news/2019- was-the-breakthrough-year-in-europe-for-60-ghz-unlicensed- 5g /​
2019年7月、欧州通信委員会の加盟国が主導する会議である郵便通信管理会議(CEPT)で非常に重要な決定が行われました。画期的な決定は、ライセンスのない5Gサービスに57-71 GHz帯域の使用を許可することでした。これにより、当社のミリ波技術をヨーロッパで展開する道が開かれました。2020年1月1日までに、48か国すべてがCEPTの推奨に従い、57-71 GHzが免許不要の5Gに使用できるようになります

昨年末までに、認証(ライセンス)が不要になっていた!?

認証不要のタイミングがコロナパンデミックと合っているゆえ、
既にシナリオがあったのだろう、

最強タッグ、5Gとコロナで見た通り、​コロナウィルスは、
​特定の電波/ケムトレイル/接種後のワクチン成分で重症化する、
(武漢では、加えて、大気/水/土地の汚染もこれに貢献、)
と言うかそのように見える、

*コロナの本来の意味は、放電時に出る白/青白い光のことで、

​​特定電波で発症するゆえコロナウィルスとなる、

CORONAVIRUS BIOWEAPON MYSTERY SOLVED :(抜粋)
さらに重要なことに、低電圧システムで生成される目に見えない(しかし検出可能な) コロナもあります。 以下の例は目に見えない電気汚染の海を表しています。 
(i)屋内での広範囲の環境電気汚染、
(ii)3G/4Gネットワ​​ークの電磁周波数のレンジ(セルタワー周囲など)、
(iii)5G送電網(マイクロ波塔など)から放出される高レベルの無線周波数とマイクロ波放射、
(iv)送電線と架空送電線の両方からの浮遊電圧、
(v)原子力、石炭火力、水力発電所からのエネルギーの生成と伝達、
(vi)電気変電所および変圧器。

​*上の6つのリスト見ると、上下横包囲の関東は希望が薄いな!?


​カバラの量子戦略、5G&イージスアショア​

結論として言えるのは、中国での5Gの軍事展開開始決定により、バイオエンジニアリングコロナウイルスパンデミックは、世界中で急速に拡大する5G網が引き起こすさまざまな症状、医学的疾患、健康状態をカバーするために密かに広まっていると言うことです。

​コロナウィルスの話題ばかり広まっているけど、
その背後にO2を破壊する
60GHzを擁する5Gありだ

COVID-19と言うウィルスは存在しない、

​コロナウィルスサイプ(詐欺)​
ご本尊はインフルエンザであり、
その状況下で、60GHz(5G)を発射すれば、
O2欠乏の肺疾患で即死、あるいは重症化する、
それをコロナだ、コロナだ、と騒ぐのである、

そもそも、
50Hzの電磁界への曝露は、ウィルスの活性化を誘導、
​​EBVゲノムに潜在的に感染したヒトリンパ系細胞株であるAkata細胞を50Hz EMFに曝露すると、ウイルス初期抗原を発現する細胞の数が増加しました。 この発見は、DNAが磁場によって変調されるという追加の証拠を提供します。

​50Hzと言う低周波でも​、体内のウィルスを活性化するわけで、
(逆な見方で、体内の免疫が低下する、)
5G以前の問題として、あらゆる電磁波から離れていたいところ、

参考)
State of the Nationお勧めのコロナ(インフルエンザ)感染予防策、
コロナウィルスに感染しないようにする方法​

参考2)
​Makow氏サイトから、
5G is a Factor in Coronavirus Deaths (February 24, 2020)

​5Gはコロナウイルスの死亡ファクター


★衝撃! ウィルスの正体:電磁波と武漢コロナの関係
2020年03月23日​ 1tamachan.blog
ルドルフ・シュタイナーは、「 ウィルスとは、単に有毒化した細胞の排泄物だ 」と述べています。その排泄物とは、有毒化したDNAまたはRNAといくつかのタンパク質が細胞から排出されることで、毒化した細胞はゴミを外へ捨てて自らを浄化しています。それを私たちは、ウィルスと呼んでいるのです。(中略)
過去150年の人類史の中で最大級のパンデミックであった1918年のスペイン風邪は、1917年の晩秋から1918年にかけて広まりました。その頃、地球では電気におけるクォンタムリープが起こりました。この年は、全世界でレーダー波が使われ始めた年だったんです。(以下サイトで)

参考)
日本はなぜ感染率が低いのか by Arthur Firstenberg

コロナ患者に嗅覚味覚喪失、心血管疾患、空咳などが見られるが、
これは電波病の典型的な兆候、

​​参考2)
コロナ5Gケムトレイル症候群が来週から始まる!?

細菌やバクテリア、ウイルスプロテインは人の体内で作られ、
人の体内から外部感染することはない、

ウイルス性の組織が人の体内に入る唯一の方法は、
強制注入(注射など)による、

​人は動物のウイルスプロテインを、
病気のコウモリや豚を食べることで摂取できない、​
動物の胃腸酵素はそれらをアミノ酸に変換(排出)するゆえ、

​5Gの60GHzは偽のコロナウィルス症状を作る、(注:酸欠状態)​

5G電波は細胞組織を傷つけることで、
その傷口から全く同じ種類のプロテイン/核酸を出させる、
(これはウイルスではなく、
排出物、
これを検査機関はコロナウイルスとして扱う、

都合の悪い5Gとコロナ関係を示す映像を削除

とにかく消しに消しまくっている、

 

Dana Ashlieの60GHzミリオンビュービデオは削除され、

BBCは彼女をうそつきと非難中傷し始めた、


​https://www.youtube.com/watch?v=dvqBwPgrX_s​

​JamesPerloff氏推薦のコロナ&5G解説もUpした途端、没!​

​​

https://twitter.com/projectcamelot/status/1246621248890626049
MY highly popular recent interview with DR. ROBERT YOUNG was deleted by YOUTUBE! 
A clear indication of outright censorship!​​

D.アイクの好評だった5G&コロナ2時間半動画も削除、


https://twitter.com/garethicke/status/1247498546716323841

そもそもYoutubeが規制を始めたきっかけが、
このインタビューだったとか、​​​

​ボーダフォン技師の5G証言は数箇所でUpされるもすべて玉砕!​


​​コロナは5Gカムフラージュ用世界最大の詐欺​​

​あの勇敢な英国テレコム技師の5Gタワー破壊作戦、


​5G出現で確認しておくこと​

ついに英国政府が登場、​

イギリスで次世代高速通信「5G」が新型コロナウイルスの感染拡大に影響しているといううわさが広まり、基地局が放火されるなどの事件が起きています。

イギリス中西部のバーミンガムでは2日、5Gの基地局から火が出ました。警察や消防は放火とみているということです。イギリス国内では同じような放火事件が相次いでいます。

これは、新型コロナウイルスの感染拡大は5Gが影響しているというデマが広がっているためとみられます。イギリス国内では「5Gは人の免疫を抑え込むため、ウイルスに感染しやすくなる」といったものや「5Gの技術を使い、ウイルスがどういうわけだか伝染する」といったうわさが流れています。

この事態を受け、政府は「ナンセンスだ」とうわさを否定しました。また、保健当局の幹部も「馬鹿げていて最悪のフェイクニュースだ」と火消しに走りました。(ANN)

https://www.youtube.com/watch?v=e0RPB3CvOC4

技師の目論みは大成功!?

ちなみにここのところ、​

​5Gが免疫を弱めるのは周知の事実であり、
ウイルス(排出物)が出てくるのも、以下の通りの事実、


また、5G電波は細胞組織を傷つけることで、
その傷口から全く同じ種類のプロテイン/核酸を排出する、
(これはウイルスではなく、排出物、)
これを検査機関はコロナウイルスとして扱う、

★衝撃! ウィルスの正体:電磁波と武漢コロナの関係

ルドルフ・シュタイナーは、「 ウィルスとは、単に有毒化した細胞の排泄物だ 」と述べています。その排泄物とは、有毒化したDNAまたはRNAといくつかのタンパク質が細胞から排出されることで、毒化した細胞はゴミを外へ捨てて自らを浄化しています。それを私たちは、ウィルスと呼んでいるのです。

ここまで火消しを徹底させると、
かえって、逆効果じゃないかと思うけど、

おそらく、今後も炎上が続きソーな予感で、
お先が暗くなってきた5G、

押さえておくべきは、例の60GHzの酸欠特性で、
本日、ララポートも言及、
COVID and a 5G connection?
April 7, 2020 
by Jon Rappoport 抜粋
呼吸不全でもなく、肺が正常機能していて、酸素が不足している患者。
一体何がそれを説明できますか? 

ここで、2001年のrfglobalnet.comの記事から、
60GHzのミリ波周波数では、吸収が非常に高く、[5G波からの]透過エネルギーの98%が大気中の酸素によって吸収されます。60GHzでの酸素吸収は範囲を厳しく制限しますが、同じ周波数の端子間の干渉も排除します。」

動き始めた5G(自動車レーダーは60GHz)

言い換えると、
a)60GHzは5G伝送に非常に適した周波数帯域であり、
b)5Gエネルギーのほぼすべてが酸素によって吸収されます。

人体の酸素についてもそうだとしたら、5G送信が身体に及ぼす影響は何でしょう?

これらの電波は、酸素を体の細胞に運ぶヘモグロビンによるその取り込みを邪魔します。

肺自体に構造的に影響を与えることなく、身体に直接酸素欠乏を引き起こすことができます。

私が上記で引用した医師によって説明された新しい状態を作り出します。
(参考)ニューヨークシティのICU医師からの警告。コロナは肺炎ではない!

—これらすべてに加えて— 60GHzは免許不要の周波数帯域であるという事実、つまり通信会社は、免許を取得した帯域に支払う非常に高額な料金を支払うことなく、それを使用できるということです。(以下略)

​60GHzの酸欠特性とライセンスフリーの事実、

ここまで、明らかになると、
否定のしようがないのではないかい、YouTubeさん、

YouTube、「5Gが新型コロナ感染症の原因」とする陰謀論動画を禁止に

 YouTubeは米国時間4月7日、次世代モバイルネットワーク5Gが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因であるとの陰謀論を主張する動画の配信を禁止した。同社は前日、そうした動画を「ボーダーライン」上にあるコンテンツとしていたが、それから24時間もたたないうちに方針を急転換したことになる。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 5G網をCOVID-19と関連づける陰謀論は、YouTubeやFacebookといったソーシャルプラットフォーム上で拡散されており、その影響で英国では複数の携帯電話基地局が放火される事件が発生していた。

 「COVID-19の存在や感染について、WHOや各地保健当局の説明と異なる主張を展開するコンテンツは、すべてYouTubeのポリシーに違反するとみなされることになった。これには、その症状の原因が5Gにあるとする陰謀論が含まれる」と、YouTubeは声明のなかで述べている。

 新型コロナウイルスとその感染症であるCOVID-19が世界中で猛威を振るうなか、それらに関する誤った情報も蔓延している。5Gネットワークは無線波を使用してデータを伝送するもので、新型コロナウイルス(正式名称は「SARS-CoV-2」)は無線波や5Gとは一切関係がない。

 しかし、この誤った理論は5Gに反対する団体などの関心を捉えた。それに対し、英NHS(国民保健サービス)の責任者は、5G陰謀論を「まったくのでたらめ」とし、英国の通信事業者各社では、より多くの人々が今まさに必要としている携帯電話網への接続が損なわれる恐れがあるとして、基地局の放火をやめるよう訴えていた。

出典元 Yahooニュース

マスコミの伝える報道と実際に市民が見た光景が違う

市民レポーターたちの逆襲 (NY / LA)

マイコメント

日本でもおそらくマスコミ報道と実態は異なるのだろうと思います。

5Gも昨年3日に1回くらいNTTから新しいモデムが出来てブロードバンドの速度が飛躍的に

速くなりますので、新しいモデムをタダで送りますから要りませんか?という電話攻勢に

遭った経緯がありました。私はそれが5Gによるものだと理解していましたので、今の

速度で十分間に合ってますので要りませんと断り続けました。

それが良かったものと思います。

しかし、自宅で使っているWifiは5Gを使用しています。影響がないのは波動状態が

良いからなのか、あるいは出力が低いかのどちらかだろうと思います。

また、5Gに近いものとして電力会社のスマートメーターがあります。

これも同じような作用をするので気を付けた方が良いだろうと思います。

簡単に今まで調べたことをまとめると

(1)コロナウイルスの正体はインフルエンザウイルスのようである。

(2)ただし、中国からの入国者も多いので、現在はコロナウイルス患者と
  インフルエンザウイルス患者が混在している。

(3)インフルエンザもコロナウイルスも実態は私たちが風邪を引いた時に
  体内の細胞が破壊されて出て来るDNA断片がインフルエンザやコロナ
  ウイルスと診断されているようです。

(4)5Gは風邪様の症状(発熱、倦怠感)を来たすのと体内の細胞破壊を
  促進するので、風邪症状が悪化する。

(5)肺炎が重篤化するとほぼ助からない。その要因は持病や高齢である
  などの要因があるが、これはケムトレイルによって散布されるアルミ
  ニウムやワクチン接種によって体内に摂りこまれた水銀や他の金属に
  5Gが放射されると受信機として作用し反応するからのようです。
  そのため、体内では細胞破壊を抑えようとしてサイトカインストーム
  が起こり、劇症化すると見ています。

(6)都会はある意味電波密集地のようなものなので、出来れば田舎や都市
  郊外にいる方が影響が受けにくいと言える。

(7)波動と言うのは電磁波に観られる周波数と同じものではない。
  あくまでもエネルギー状態を表すもので意識エネルギーに近いものと
  思われます。意識エネルギーが高いと場のエネルギー状態が変化し
  5Gの影響を受けにくくなるようです。

(8)今回紹介した動画に在るように全世界的に行われている偽パンデミ
  ックのようであり、最終目的は市民を動けなくしておき、その間に
  全世界政府樹立しようとしていることがうかがえます。
  しかし、これは実現可能性としてのひとつであり、別の場合がある
  可能性もあります。

(9)今の世界から逃れたたいと思うならば、意識の転換が必要になる。
  その場合、逃避としてではなく新たな世界観を創るということになる。

今回のコロナウイルス騒動は人類の危機にも見えるが、別の観点から見ると、選択の
二分化の分岐点として表れているように見え、宇宙的なひとつの計画なのかもしれない
と思うのです。人類は次のステージに行けるかどうかのリトマス試験紙の様なものです。

不安と恐怖に巻き込まれるのか、真実を知り次の新たな選択をするかの違いです。

 

以上のことを信じるかどうかは皆さんの判断にお任せします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました