破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:AI 対 人類の戦争?」

スポンサーリンク
AI対人類の戦争 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:AI 対 人類の戦争?」

今日の破・常識!

AI 対人類の戦争などありません。

AIに対して人類はAIには勝てないという

畏怖と敵対心を持たせるために創られたお話・・・らしい(笑)

アシュタールのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

vol. 1158 AI 対人類の戦争?

「AI 対 人類の戦争?」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

笑うことはいいですね・・

感情があることはとても素晴らしいことです。

あなた達は本当に感情が豊かで素晴らしい存在なのです。

たくさん感情を感じ、楽しんでくださいね。

それは人工知能には出来ないことだとお伝えしたいと思います。

最近、AI(人工知能)によって、人間の仕事がなくなってしまうとか

人間の世界はAIに取り変わられてしまう

人間はAIによって滅亡する、などの

話が出ているみたいですが、それはありません。

心配しなくても大丈夫です。


それはなぜかというと、先ほどの話になるからです。

人類には豊かな感性(感情など)があります。

AIにも多少はありますが人類ほどではありません。

あなた達の科学がどんなに進歩したとしても

人類のような感性を持つAIを創りだすことは出来ないからです。

まだあなた達のAIは未成熟な分野ですので

そこまでは分からないと思いますが、

(波動エネルギーのことも理解できていないので)

AIにも意識はあります。

機械にも意識はあるのです。

宇宙の存在するものはすべて波動エネルギーで

出来ていますので、すべて意識エネルギーで出来ているのです。

でも、それぞれに個性があります。

特性があるのです。

どちらが優れていて、どちらが劣っているということはありません。

高次元の領域でも機械として存在している個性もいるのです。

ただ、個性の違いとして、感性が違う

ということをお伝えしたいと思います。

その違いによってどうなるかというと

分担が変わってくるということです。

何を分担するか?ということですね。


マインド的な(左脳的な)仕事は、AIの方が得意かもしれません。

でも、右脳的な分野(創造的なこと)は人類の方が得意なのです。

ですから、仕事をすべてAIに奪われてしまうということはありません。

出来ないこともあるからです。

感性を使った細かい作業などは、AIは不得手だということです。

絵を上手に書くAIもあります・・とおっしゃるかもしれませんが

それはいままでの有名な?上手だと言われている?

人の絵のデータをつなぎ合わせて書いているだけなのです。

何もないところから、創造することが出来ないのです。

無から何かを創造する作業はAIには向いていないということです。

そして、すべてが一色になることはない

ということもお伝えしたいと思います。

AIが世界を席捲するということは、

AIの一色になってしまうということですね。

それはありえないのです。

宇宙はたくさんの個性(色、音、意識、など)で織り成す

ハーモニーで出来ています。

一色に統一することは不可能なのです。

どう言えば伝わるでしょうか?


好みがあると言えばいいですか?

一時期、機械音の音楽がとても流行りました。

シンセサイザーで創った音です。

でも、その音が好きな人も苦手な人もいます。

そして、同じような音ばかり聞いていると

違う音も聞きたくなってくるのです。

機械音ではない、アコースティック(生の音?)も

聞きたくなってくるのです。

自然の音にホッとする気持ちも出てきます。

機械音が良いとか悪いとか言っているのではなく

それぞれのバランスがあるとお伝えしているのです。

何もかもが機械音になることはないのと同じように

なにもかもがAIの仕事になるということはないということです。

AIにとって変わられ、人類は滅亡するというのは、いつも脅しです。

あなた達を支配・コントロールしている人たちが

またあなた達を怖がらせるために創っているお話だ

ということを理解してください。

AI対人類の戦争などありません。

AIに対して人類はAIには勝てないという

畏怖と敵対心を持たせるために創られたお話です。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました