破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:松果体からサーチエネルギー」

スポンサーリンク
脳と意識 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:松果体からサーチエネルギー」

今日の破・常識!

あなたの頭にある松果体(個性によって違うこともありますが)

からサーチエネルギーを出すのです。

そのエネルギーでエネルギー場をサーチして

欲しい情報を探してくるのです。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1316 松果体からサーチエネルギー

「松果体からサーチエネルギー」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

こういうことをしたい、と具体的にすることが出来れば

あなたのエネルギーが

それを実現する情報を探しはじめるのです。

エネルギーでサーチするということです。

あなたの頭にある松果体(個性によって違うこともありますが)

からサーチエネルギーを出すのです。

そのエネルギーでエネルギー場をサーチして

欲しい情報を探してくるのです。


これは感覚的なところでしか理解出来ないと思いますが・・

松果体からサーチライトの光のようなエネルギーを出し

それをグル~っとまわしてエネルギー場で探すのです。

そして、見つけたものがあなたの現実に入ってきます。

あなたが探すから、サーチライトを光らせるから

その情報が入ってくるのです。

しかし、それにはちょっとコツが必要です。


先ず、そのサーチライトを信じ切ることです。

自分から出ているサーチライトが

必ず必要な欲しい情報を見つける・・と信じることです。

そして、出来るだけ具体的にすることです。

欲しい物を具体的にするのです。

何か美味しいものの情報・・というよりも

生ハムの乗ったトマトベースのピザが美味しいレストラン

・・というように出来るだけ具体化すれば、

それに合った情報を見つけることが出来ます。


あなたが探すのです。

待っていたら勝手に情報が入ってくるのではありません。

探していると、直感やひらめきが来ます。

このジャンルの情報を探してみようとか

この地域の情報を探してみようとか

なんとなくここを探してみようかな、と思うところを探してみるのです。

まったく関係のないジャンルかもしれませんが

でも探してみてください。

インターネットの中かもしれませんし

街で配っている情報紙かもしれません。

何かの広告かもしれないのです。


これは、オーダーより積極的な方法になります。

オーダーも同じ感じなのですが、

もう少し積極的に探す感じになります。

ですので、情報を得たいと思ったときは、こちらの方が効果的です。

感覚的な話になりますので、言葉にするのがとても難しいですが

ちょっとイメージしてみてください。

頭(おでこ)から、サーチライトのような光が出て

それを右や左へ動かして欲しい情報を見つけるというイメージです。

慣れないうちは、欲しい情報を何かの形で

イメージしてもいいかもしれません。

☆の形を探してみるとか・・

でも、☆の形に執着しないでくださいね。

あなたが欲しているのは、☆の形ではなく情報なのですから。

慣れて来ると、エネルギーで分かるようになります。

そして、これだ・・という感覚が来ます。

言葉は難しいですね。


いろいろやり方をお伝えしましたが、

本当はやり方などいらないのです。

矛盾してますね(笑)

いつでもあなたはやっているのです。

ただそれを意識していないだけなのです。

ですから、それを意識していただきたくて、やり方をお伝えしました。

ちょっと意識するだけで、あなたはどんな情報も

得ることが出来るのです。

あなたが欲しいと思う情報は必ず手に入ります。

でも、信じないと出来ません。

こんな難しい条件を満たしてくれるところ(物)はないでしょう

・・と思ってサーチしてもそれは得ることは出来ません。

そうですね、最初からあきらめて

ブレーキを踏んでいるのですから見つかりません。

必ず見つかる・・と思うことで、必ず見つけることが出来るのです。

本気で探せば、必ず見つけることは出来ます。

やってみてください。

いろいろ試しているうちにコツが分かってきます。

コツさえわかれば、誰にでもできることなのです。

何よりも、あきらめない、信じる、・・そこが一番のコツなのです。

(きっとこれがあなた達にとっては一番難しいところだと思いますが・・)

あとは、感覚のコツがわかれば必ず出来るようになります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

疑問に思ったときにはそれを脳裏に思い浮かべて探すことがあります。

そうすると、ここを探した方が良いとかどこかの場所に行ったらいいとか

というイメージが出てきますが、それが松果体の働きだったんですね。

最近は記憶力も少し衰えてきたようなので、ほぼこの方法でネット内を

サーチして情報を得ていますが、わりとすぐに見つかります。


これまでやったことがないことなどはいろいろな資料を調べ、それを頼りに

次の新しい情報をリサーチしてやり方を手にします。


何度か書きましたが、居間のリフォームなんか今まで全くやったことがなくて

壁はどうすれば貼れるかとか天井はどうするのかとかその材料などもいろいろ

調べましたが、いちばん役に立ったのはYoutubeでした。

実際に自分でやったように疑似体験ができるのでとても重宝します。

それをもとにホームセンターで材料を探したり、やり方を聞いたりしました。

そのおかげで初めてにもかかわらずかなりりっぱな居間にリフォームできました。

ただ体力勝負なところが難点ですね。

少しずつ作業したので2か月近くかかりました。

壁材としてモルタルを貼る前に壁の柱を作り直さないといけなくてかなり難儀しました。

なにしろ50年前の家なので壁の柱がぶらぶらしてたり、段差があったりしてその調整が

大変でした。柱材を100本近く加えて補強しましたので、揺らしても全く揺れないくらい

頑丈な壁になりました。

50年前と言うのはお金のある人でないと今のような木材を手にすることはできず、当時の

木材は今のバラ材のようなものでした。

天井や床なんかははがしてみたら隙間だらけの有り合わせの木材を敷き詰めたものでした。

道理で床下から隙間風がスースーと入ってくるわけです。

それをすべてパネルでふさぎ断熱材をいっぱい入れて天井を仕上げたのでかなり暖かい

居間になりました。壁にも断熱材を普通の2倍量使いました。

そうしたやり方も結局は自分で調べたものでしたが、十分でした。

まあ、大工のセミプロ並みくらいの出来にはなっただろうと思います。

みなさんも脳裏にイメージを浮かべてサーチしてみることをお勧めします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました