破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:真実を知る勇気」

スポンサーリンク
時間を守る アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:真実を知る勇気」

今日の破・常識!

真実を知る勇気を持ってください。

あなたがどのような世界にいるのかがわかれば、

自分で決めることが出来ます。

そこから離れるという選択も

そこにまだいるという選択も出来るのです。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

vol. 1328 真実を知る勇気

「真実を知る勇気」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

本当のご機嫌さんになるためには、真実を知ることが必要なのです。

あなた達は自由ではありません。

手足を縛られていないから自由・・そういうことではないのです。

あなた達の思考は制限されています。

あなた達が思っている自由は、制限のかかった自由です。

許された範囲の中で、好きなことをしてもいいですよ

・・という自由だということです。

たとえば、学校でお腹がすいても

好きな時間に好きな物を食べることは出来ません。

決められた時間であったら、好きな物を食べてもいいですよ

・・と許されます。そのようなものです。

わかりますか?


決められた範囲の中だけで自由にしてもかまいません

・・と許されているのです。

小さなころから教えられる常識や道徳観

倫理観、価値観などによって

あなた達はこころが望むような自由を得ることが出来ないのです。

その状態では、こころからご機嫌さんになることは

出来ないということです。


たとえば、お腹がすいたらいつでも

好きなものを好きなだけ食べる・・ということが

当たり前のことだと理解することが出来たら

決められた時間にしか食べることが出来ないことを

おかしいことだと思うことが出来ますね。

たとえば、学校に行きたくないけど、行くのが当たり前

行かなければいけないと思い込んでいると

行かないという選択肢はなくなり

イヤでも我慢していくことになってしまいます。

どうして学校に行くのか?という疑問も考えることなく

一日中仕方なく学校にいることになります。

そして、学校の中で(先生たちに)許された範囲の中だけで

好きなことをする自由を与えられるのです。

それが自由だと教えられます。

でも、学校はそのように没個性を育てるためにところだ

・・という情報を得ることが出来れば、

没個性になりたくないと思えば、

学校に行かないという選択が出来るのです。

そして、学校の本当の目的がわかれば、

学校に行かないことに罪悪感を持つこともなくなり

自分のしたいことをしたいようにする

自由を手にすることが出来るのです。


真実を知ることは、ある意味ツライことかもしれません。

信じていたことがガラガラと崩れてしまうことに

怖れを感じることでしょう。

慣れ親しんだ世界を離れることになるかもしれません。

でも、真実を知らなければ何も出来ないのです。

考えることも出来なくなります。

選択肢がないので、ずっとそこに居続けることになります。

不自由な世界で、与えられた(許された)範囲の中だけの自由。

その自由を、本当の自由だと信じ

自分は自由に好きなことを自分で選択していると思って

生きていくことになります。

許された範囲の中だけのご機嫌さんで

満足しようとしてしまうということです。

そのご機嫌さんは、あなたのハートが

本当に喜ぶご機嫌さんではないのです。

だから、ご機嫌さんなつもりでいても

どこかに不満が残ってしまうのです。

絶対幸福を感じることが出来ないのです。


真実を知る勇気を持ってください。

あなたがどのような世界にいるのかがわかれば、

自分で決めることが出来ます。

そこから離れるという選択も

そこにまだいるという選択も出来るのです。

選択肢を増やす・・自分で考えることが出来るようになるためには

真実を知らなければ出来ないのです。


私たちは、あなた達を怖がらせようとか

意地悪をしようとか、思ってはいません。

あなた達がいまの世界に疑問を持ち、自由になりたい

そこから離れたいと思っていらっしゃるので、

私たちは波動エネルギー(宇宙)の真実をお伝えしています。

あなた達は真実を隠され、支配者の都合のよい情報だけを

教えられてきたのです。

先ずはそのことを分かってください。

それがわかれば、新しい情報が入ってくるようになります。

許された範囲の自由、ご機嫌さんではなく

あなたのハートが望む自由

ご機嫌さんになっていただきたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント


自由とは何か?

ということですね。

これが明確になっていないと制限された自由も自由だと錯覚してしまいます。

食べたいときに食べ、寝たいときに寝て、起きたいときに起き、好きな時間に仕事を

することが果たしてできているでしょうか?

実のところ、毎日決まった時間に食べていると思いますが、その根拠は何でしょうか?

身体に良いから?胃がもたれないから?消化が早いから?などなどいろいろ考え着くと

思いますが、実のところ意味がないみたいです。

腹が減ったら食べればいいだけです。

そんなことをしたら節操がないと言われそうですが、その方が本当は身体に良いみたいです。

お腹がすくというのは身体がエネルギーの補給をしてくれと言っているようなものです。

それをお腹が空いているわけでもなく、時間で決められているからと食べると過食になる

可能性があります。お腹が空いていないということはエネルギー的に見た場合十分足りて

いるということですね。

それを時間だからと無理して食べればエネルギー過多になり太ります。

規則正しい食生活を心がけましょうということを守っていたら身体が変調をきたすのが

普通なので食べたいときに食べるというのがいちばん理にかなっている食べ方です。

アシュタールが語っているように学校と言うのは軍隊となんら変わりのないところです。

原則は規則を守らせることです。

特に時間についてはうるさいのが学校です。

学科の時間割表と言うのがありますが、一分たりとも遅れたり早かったすることはない

ように守らせられます。遅れたら遅刻と言うことで体罰があるかもしれません。

余談ですが、私は遅刻常習犯で小学校から高校まで同じでした。

これは治らなかったですね。

今は約束の時間には出来るだけ間に合うようにしてますが、それって苦痛なんだろうと

思います。時間通りに行動するということがです。

遅刻常習犯だったのはそれが原因だからなのかもしれません。

まだまだいろいろあると思います。規則で縛られている事柄が・・・。



コメント

タイトルとURLをコピーしました