破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:龍と呼ばれている存在は・・・」

スポンサーリンク
深川竜神 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:龍と呼ばれている存在は・・・」

今日の破・常識!

高次元の存在として考えられている?

奉られている?龍神という存在もいません。

龍と呼ばれている存在は、異次元の方だということです。byアシュタール

アシュタールのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1352 龍と呼ばれている存在は・・


「龍と呼ばれる存在は・・・」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

先ず、もう一度お伝えしますが、”神”はいません。

”神”という概念は、あなた達を支配している

宇宙人が考えだしたものです。

あなた達を支配・コントロールしやすいように

自分達を万能の”神”だと言い出しただけです。

ですので、”神”という存在がいないなら

”神”の使いだとされる”天使”もいないということになります。


そして、”龍神”と呼ばれる存在ですが

これも眷属神と呼ばれ、神の使いとされているようですが

”神”がいないのですから眷属神もいないということになります。


では、あなた達が信じている?

龍神とはどういう存在なのでしょうか?

それは、異次元の存在です。

4次元の存在とも言われていますが、

あなた達とは違う波動領域に存在している方たちなのです。

では、3次元と4次元では、

4次元の方が波動は軽い(高い)のでしょうか?

と問われると、それは違いますとお答えしたいと思います。

波動の軽さは、愛(相手に対する尊敬と感謝の気持ち)

の割合で違ってきます。

波動の軽さは良い悪い、善悪ではないことを

しつこく言わせていただきますね。

波動の軽さという点では、3次元と4次元は同じ領域なのです。

何が違うのかというと、物質で存在しているか

物質化せずエネルギーで存在しているかの違いだけです。

ですから、3次元領域にいる方たちと4次元領域の方たちは

愛の割合はそんなに変わらないということです。

4次元領域(異次元)にいる方たちが

高次元の存在ではない・・ということです。

あなた達よりも崇高で、素晴らしい存在ではないということです。

分かりますか?


だから、龍神と呼ばれる存在が、

あなた達をポジティブな方向へ導いてくれる・・

ということもありません。

彼らは、人間には興味はありません。

基本的には、異次元の存在は

物質次元の方たちとは住み分けていますので、

関与することはないのです。


ならばどうして龍神などと言う概念が出てきたのでしょうか?

それは、波動領域が違っても、そこにいる存在が見えたり

聞こえたりする人がいるからなのです。

超感覚を持っている方が、たまたま感じた

(視覚的にとらえた)長いエネルギーの異次元の存在を

ヘビとか龍のように感じた?描いた?というだけのことです。

最初に龍のように描いた人の絵が、

そのまま龍として認識されるようになったのです。

そして、それがいつの間にか”神”的な存在として

崇められるようになったということです。

だから、あなた達よりも素晴らしい”神”ではありません。

そして、


>これらの存在とつながりサポートを求めたりといった事については、

何か注意すべきことなどありませんでしょうか。


というご質問には、そもそもサポートを求めること事態を

やめてくださいとお答えしたいと思います。

住み分けている異次元の存在とつながることもおすすめしません。

異次元の存在とつながって、あなた達には何のメリットもありません。

彼らには、あなた達と同じ感情があります。

そして、愛の割合は同じです。

ですから、無理やりつながろうとしてしまうと

(それも自分たちの利益のためだけに)

彼らの感情を害することもあり得るということです。

感情を害すると、彼らもあなた達に

必要以上の干渉をして来ることになります。

分かりますね。


静かに寝ている動物を無理やり起こして

言うことを聞かせようとしているのと

同じような状況になります。

はっきり言って危ないということです。


>高次元の存在をまつっていても

やはり行かない方が無難でしょうか?


高次元の存在をまつっている神社・・そのような神社はありません。

龍神を奉っていると思っているのは、人間側だけです。

彼らは奉られていません。

神社には何もいません、ましてや高次元の存在はいないのです。

いるとしたら、あなた達にちょっかいをかけたがっている

異次元の存在だけだということを理解してください。


それから、もう一つお伝えしたいのですが・・

いつも私はお伝えしているように

あなた達はもう5次元領域に共振しているのです。

何が言いたいかおわかりいただけるでしょうか?


波動領域(次元)は、波動の軽さによって変わります。

愛の割合が多くなると波動は軽くなるのです。

・・ということは、異次元の存在(4次元に存在する方たち)は

5次元領域に共振しているあなた達よりも

波動が重いということになります。

あなた達の方が、波動的には軽い

高次元の存在だということです。

あなた達は、あなた達よりも波動が重い領域にいる方たちを

高次元の存在だとして崇めて、奉っているという

不思議なことになっているということです。

もう一度お伝えします。

”神”という存在はいません。

ですから、”神”の使いもいません。

そして、高次元の存在として考えられている?

奉られている?龍神という存在もいません。

龍と呼ばれている存在は、異次元の方だということです。

そして、その方たちよりも、もう5次元領域に共振している

あなた達の方が高次であり波動が軽いということです。

ですから、その異次元の方たちを崇め、奉り

頼みごとをするということはナンセンスだということです。

自分の都合だけで、無理やりつながろうとしたり

ましてや(龍使いなどと呼称して)

龍を思い通りに使役しようなどとすると

どうなるかは火を見るより明らかだと思います。

ご理解いただければ幸いです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

これはすべてのことに言えることですね。

荒神様をたたえているようなものだということですね。

なぜなら私たちはすでに5次元領域に共振していて波動が高くなっているからです。

なかなかそのことを実感できないと思いますが、アシュタールの語るように私たち

自身が波動領域の高いところで生きているということです。


話を過去に戻しますが、2012年アセンションすると言われたあの時、アセンション

するとどうなるのかといろいろな説がありました。

地球が光り輝く球体となり、そこに住む私たちも肉体の構造が変化しクリスタル体と

なり、今まで食料からエネルギーを補給していたのが仙人と言われる住人のように

何も食べなくとも生きていける身体になるという話がありました。

それ以外にも様々な説がありました。波動の上がった別の地球に連れていかれるとか

天に上り、そこから今の3次元世界を見下ろすようなことになるとかですね。

でも、今思うと私たちは個々にアセンションすることを選択したと同時に今の身体と

肉体を持ったままの状態でアセンションすることを選択したように思います。

そのため、現実の環境や身体は以前と何ら変わりがないためにその変化に気付きにくい

ようになっているものと思います。

だから、5次元と共振しているという実感が湧かないのだろうと思います。

でもよく考えてみれば自分の周囲に戦争や喧嘩などの争いごとがあるでしょうか?

毎日を平穏に過ごしているはずです。

もし、そうでない方がいらっしゃればものの考え方を変えてみることをお勧めします。

そうすればすぐにでも5次元領域に共振できます。

その状態にある私たちが竜神様を神として崇め奉るというのは本当におかしな話に

なります。逆ならわかりますが・・・。

だから、もうそんな状態でないことを十分再認識しておくべきでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました