破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:あなたの身体の周波数」

スポンサーリンク
きれいな青空 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:あなたの身体の周波数」

今日の破・常識!

ご機嫌さんで楽しくいれば、波動エネルギーも軽くなりますので

病気と共振しなくなるのです。

ウイルスも、化学物質も、添加物も

あなたの身体の周波数と合わなくなりますので

あなたに影響を及ぼすことがなくなります。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1360 あなたの身体の周波数


「あなたの身体の周波数」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

薬は補助です。

薬が病気を治しているのではありません。

あなたの病気を治しているのは、あなたの身体なのです。

あなたの身体には自己免疫力と自己治癒力が備わっています。

ですから、身体の調子が悪い時は身体に任せておけばいいのです。

身体は治し方を知っています。

ですから、熱が出たり、下痢をしたりするのです。

熱が出たり、下痢をしたりするのは、身体を治すためなのです。

分かりますか?


熱が出るのは悪いことではないのです。

身体を治すために熱を出しているのです。

身体に不具合を起こすウイルスが入ってきたために

体温を上げてウイルスを無毒化しようとしているのです。

あまりに頭が痛い、熱が高すぎる、などの不快感が強すぎると

ストレスが大きくなってしまい、体力がなくなってしまう

・・というときに一時的に薬の力を借りるのは良いと思います。

薬を飲むことで安心する(プラシーボ効果)

からという理由でもいいと思います。

でも、それは一時的な対処法でしかない

ということを分かってください。

あくまでも、身体が治しているのです。

ですから、身体の声を聞いてください。

横になっていたい、頭を冷やしてみようかな、何も食べたくない

温かい飲物をのみたい・・・と思うことがあると思います。

それは、身体をもとに戻すために身体が要求していることなのです。

たとえば、何も食べたくない、食欲がないときには

無理に食べないでください。

何かを食べることによって消化するための

エネルギーが必要となります。

体力を失ってしまうことになります。

いまは、回復にエネルギー(体力)が

必要だと身体が判断しているのです。

だから、食欲を落とし、食べないようにしているのです。


それなのに、体力をつけるために食べなければ

・・と思うのは、反対なのです。

食べたくないと思うときは食べないでください。

そして、下痢をしているときも

下痢を止めることは回復を遅らせてしまいます。

下痢をすることで、身体に有害な物を

外に出そうとしているのです。

それなのに、下痢を止めてしまうと外に出せなくて

回復が遅くなってしまうのです。

病気にならないためには、体力を落とさないことが一番です。

体力があれば、自己免疫力がしっかりと働きますので

少々ウイルスが入って来ても身体に影響しないように

無毒化することが出来ます。

そして、少々不調になっても、自己回復力を信じ

身体の要求にこたえてあげれば

身体は自分で回復していきます。


体力を落とさない・・それにはイヤなことをやめて

好きなことをしてご機嫌さんでいることです。

我慢をすることでかかるストレスは

とても大きな影響を与えます。

体力を落としてしまうことになるのです。

身体を信じてください。

そして、疲れを感じたら休むことです。

ちょっとだけでもいいですので、休むということを意図してください。

頭と身体の緊張をほぐそうと意図するだけでかなり違ってきます。

休む(5分でも10分でも構いません)と思う気持ちだけで

身体は休まります。

意識と身体は大きく影響しあっていますから。

ですから、積極的に休もうと思って

ちょっとだけでも頭と身体を休ませることで

身体の自己免疫力と自己回復力は戻ります。


そして、もう一つは、気にし過ぎないということです。

たとえば、インフルエンザにかかるのではないかと

心配し過ぎないことです。

心配すればするほど、インフルエンザに

フォーカスしてしまうことになります。

そして、心配はストレスになりますので

体力を落としてしまいます。

フォーカスしている上に体力も落としてしまいますから

インフルエンザにかかるという現実を創造してしまうのです。

ご機嫌さんで楽しくいれば、波動エネルギーも軽くなりますので

病気と共振しなくなるのです。

ウイルスも、化学物質も、添加物も

あなたの身体の周波数と合わなくなりますので

あなたに影響を及ぼすことがなくなります。

インフルエンザにかかりたくなければ、

好きなことをして楽しんでいてください。

それが一番の予防法です。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

今日は午後からしばし休憩して2時間ほど横になっていました。

さすがに先々週から紅葉のシーズンということもありあちこち出歩き、合間にカラオケ

などが重なっていたせいか少し疲れていたようです。

長距離ドライブの運転の疲れも重なっていたと思います。

でも、あちこちの観光地の紅葉を楽しんでいるとときを忘れてしまいますね。

弘前のリンゴ公園


たわわに実ったリンゴの木


鳥海山の紅葉

帰りに見えた日本海の様子

昨日行ってきた十和田湖の紅葉


全部紹介できないのは残念ですが、こうした自然を楽しむのは本当に心が癒されます。

車があれば、どこにでも行って来れる便利さというのは捨てがたいものです。
多少維持費がかかりますけどね。


最近、私の身体も自分に合わないのを食べるとすぐに下痢します。

そして、その異物を排泄すると下痢がすぐに治まるので自分の身体に合わないものは

排泄する作用が働いているのがわかります。

以前はほぼ何を食べても下痢することはなかったのですがこれも波動上昇に伴う

身体の変化のひとつだろうと思います。


同じようにウイルスも波動が合わなければ取り込んでもそのまま外に出してしまうので

風邪を引くような機会は今後減るだろうと思います。

これはインフルエンザだけでなくコロナウイルスも同じです。

風邪というのは身体にウイルスが侵入したときに起こる防衛反応であり、発熱を初期

症状として肺の炎症、身体のあちこちの炎症が起こりますが、この取り込んだウイルスに

反応するから様々な症状が出るのであり、もし反応せずそのまま出してしまえば症状が

出ないことになり風邪を引いたというようなことがなくなります。

波動というのは同じエネルギー(波長とも言えます)を持つ者同士が反応しあう性質を

持つので、全くエネルギー状態が異なれば反応しません。

例えば、ビルの5階にあなたがいて、相手がビルの3階にいたとき口論が始まっても

お互いが出会うことはありませんので喧嘩にはなりません。

これと同じことです。3階と5階では波動が異なるために喧嘩にならないのです。

つまり、これまでのウイルスは3次元世界のものなので5次元の身体を持つあなたとは

反応しないということです。

しかし、怖れや不安、あるいは極度の疲労などで波動を落としてしまえば5次元の

身体を持っていても風邪は引きます。

そのため、楽しめることをすすことで5次元波動を維持するようにしましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました