破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:宇宙は意識エネルギー」

スポンサーリンク
トーラス アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:宇宙は意識エネルギー」

今日の破・常識!

宇宙は物質ではありません。

宇宙はエネルギーなのです。

宇宙は意識エネルギーなのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1363 宇宙は意識エネルギー


「宇宙は意識エネルギー」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

地球は球体です。

地球だけではなく、宇宙そのものが球体なのです。

ここからは、物質的な次元でのお話しだということをご理解くださいね。

宇宙のすべては循環しています。

物質的ではないエネルギーという概念の宇宙も循環しているのですが

特に物質的な次元(世界)では循環がとても大切になってきます。

循環が止まってしまったら、何も存在出来なくなってしまいます。

エネルギーが循環するから、宇宙は存在出来るのです。

ここまで大丈夫でしょうか?


ですから、球体なのです。

球体だからこそ、循環することが出来るのです。

平面では循環は起きません。

平面的な循環はおきますが、

平面では全体に循環することが出来ないのです。


宇宙も丸いの?・・という疑問のエネルギーが飛んできますが・・

宇宙も丸いのです。

丸いからこそ、エネルギーの循環が起き

存在し続けることが出来るのです。

大から小、小から大・・と循環しています。

??????ですね(笑)


すべては宇宙とつながっています。

宇宙そのものとお伝えしてもいいと思います。

あなたの身体の中にもたくさんの宇宙があります。

細胞の中に宇宙があるのです。

あなたの外側をずっと追い求めていけば

(頭の上、空、地球の外側、その上のその上を追いかけていけば)

あるところで行き詰まり方向が変わるところがあります。

それは宇宙の端なのです。

それ以上、外側はありません。

そして、方向が変わり、ずっとそれを追い求めていけば

あなたの細胞の中の宇宙につながっていくのです。

そして、それをまた追い求めていけば、

また大きな宇宙の端にたどり着きます。

ずっとこの流れを繰り返しているのです。

循環しているのです。

これが宇宙です。


宇宙は平面で、ずっと広がり続けているという説がありますが

そうではありません。

広がり続けるということはなく、循環し続けているのです。

ですから、そういう意味では無限だということです。

平面だと考えると、どこかで有限が来ます。

有限があると、宇宙は存在できなくなるのです。


宇宙と同じようにテラも循環しています。

循環するから、すべては存在出来るのです。

では、ひとつの丸い宇宙の他にも、宇宙はあるのですか?

・・という質問があるようですが、宇宙はひとつだけです。

たとえば太陽系の惑星のように、惑星がいくつかあって

それが関係しあって存在しているように

たくさんの丸い宇宙があって

それが関係しあって存在している・・

というイメージが飛んできますが、それはありません。

宇宙はひとつなのです。

では、丸い宇宙の外には何もない???・・・

これが、先ほどお伝えした・・・・

物質的な次元でのお話しだということをご理解くださいね。

・・ということなのです。

宇宙は物質ではありません。

宇宙はエネルギーなのです。

宇宙は意識エネルギーなのです。

そこには、空間も時間もありません。

ただ意識エネルギーがあって、それが循環しているのです。

物質次元(世界)のテラ(地球)のまわりには、

あなた達の身体のまわりと同じように

エネルギー体があります。

そのエネルギー体は、何重にもなっています。

マトリョーシカという人形をイメージしていただければ

分かりやすいと思います。

(大きな人形の中に小さな人形が重なって入っている人形)

そして、そのエネルギー体は大きくなるにつれて

あなたの近くにいる人のエネルギー体と融合していくのです。

何層も上のエネルギー体では、

あなたは私、私はあなた・・という状態になるのです。

そして、その上のエネルギー体になるにつれ

その融合がどんどん大きくなっていき

結局は宇宙になるということです。

難しいですね。


これがワンネスなのです。

だから、宇宙はひとつなのです。

????なエネルギーがたくさん飛んできますので

今日はこのくらいにしたいと思います。

今日のご質問に対しては、テラ(地球)は丸いです

・・とお答え致します。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール!

マイコメント 

アシュタールの今回の宇宙の構造についての話をどのまま聞いているとどんどん

わからないところが増えてきて、????となりそうな気持ちよくわかります。

宇宙は循環していて、その宇宙の端まで行けばぐるんとひっくり返るように戻ってくる

道を進み、そのまま行くと私たちの微小な細胞の入り口に到達するというイメージだと

思いますが、考えれば考えるほど想像の範囲を超えてしまい、おさまりがつかなく

なるのがわかります。


また、宇宙は丸くその端っこの外側はエネルギーです。

と言われても、宇宙には端があると思っている私たちにはその端の先がエネルギーと

言われたって理解不能ですね。

そのエネルギーの循環のわかりやすい説明が「トーラス構造」です。

スライブという動画の10分ぐらいのところからその説明が始まります。

スライヴ (THRIVE Japanese)


この動画を見れば宇宙のすべてが循環しているというイメージ作りに役立つと思います。

もし、私たちが宇宙の果てに行ったとしたら、何が見えるでしょうか?

おそらく、端まで行っても端はみつからないでしょう。

なぜなら、どこまで行ってもその端は端だからです(????)

でしょうね(笑)。



ぐるぐる循環しているので、端に行っても端にたどり着けず、そのまま戻ってくるからです。

もしかしたら、科学者の言っているようにブラックホールに吸い込まれ

ホワイトホールから出てくるようなイメージかもしれませんが、実際はどうなのか

分かりません。行ってみたことないですから・・・。

映画「スタートレック」でワープ航法するみたいな形で宇宙のあらゆる場所に

どれだけ飛んで行ってワープを何千回と繰り返したら地球に戻って来たという

ことがありえそうですね。













コメント

タイトルとURLをコピーしました