今、話題のグレートリセットとは?

スポンサーリンク
グレートリセット ワンワールド

“Own Nothing And Be Happy”: The Great Reset’s Vision Of The Future

グレートリセットの未来像

1月末にスイスのダボスで開催される世界経済フォーラム(WEF)の年次総会には、国際的なビジネスや政治のリーダー、エコノミスト、その他の著名人が一堂に会し、世界的な問題について議論します。

影響力のあるクラウス・シュワブ最高経営責任者(CEO)のビジョンに後押しされ、WEFはディストピア的な「グレート・リセット」、つまり私たちの生き方、働き方、お互いの関わり方を変えようとする地殻変動を推進する主要な原動力となっている。

グレート・リセットとは、製薬会社、ハイテク/ビッグデータの巨人、アマゾン、グーグル、大手グローバル・チェーン、デジタル決済部門、バイオテクノロジー関連企業などの独占と覇権を高めるために、すべての部門が犠牲にされ、基本的な自由と大規模な監視が恒久的に制限される結果となる社会の変革を伴うものである。

COVID-19のロックダウンと制限を使用して、この変換を押し通すために、大規模なリセットは「第4次産業革命」を装って展開されています。経済は「リストラ」され、多くの仕事がAI駆動の機械によって行われるようになる。

ソーシャルメディアで紹介された短いビデオの中で、WEFは2030年までに “あなたは何も所有せず、幸せになるだろう “と予測している。

ドローンが家庭に製品を届けている間、幸せそうな笑顔が描かれている。オンラインで注文し、巨大なアマゾンの倉庫でロボットが梱包しているのは間違いない。

失業者(そして多くの人々がそうなるだろう)は、ある種の普遍的なベーシックインカムに乗せられ、彼らの資産を国家、より正確にはこの偉大なリセットを推進する金融機関に渡す見返りに、彼らの借金(大規模な債務と破産は、ロックダウンと制限の意図的な結果である)を帳消しにされる可能性がある。

WEFは、国民が必要なものはすべて「貸し出す」と言っている。「持続可能な消費」と「地球を救う」という名目で、所有権を剥奪するのだ。もちろん、この大リセットを実行した極小のエリートがすべてを所有することになる。

世界中の何億人もの「必要以上のもの」とみなされた人々は、生計を奪われる(現在奪われている)。私たちのあらゆる動きや購入は監視され、主な取引はオンラインで行われることになる。

個々の国民に対する計画は、国民国家に適用される戦略を反映している可能性がある。例えば、世界銀行グループのデビッド・マルパス総裁は、実施された様々なロックダウンの後、より貧しい国々が彼らの足元に戻るために「助けられる」と述べている。この「援助」は、新自由主義的な改革と公共サービスの弱体化が実施され、さらに埋め込まれることを条件としている。

4月20日、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、「IMF,世界銀行、開発途上国からの援助要請の洪水に直面」という見出しで報じた。多くの国が、1.2兆ドルを貸し出す金融機関に救済と融資を求めている。依存心を煽るための理想的なレシピである。

債務救済や「支援」と引き換えに、ビル・ゲイツのようなグローバルなコングロマリットは、国の政策をさらに独裁し、国民国家の主権の残骸を空洞化させることができるようになるだろう。

アイデンティティと意味

私たちの社会的・個人的アイデンティティはどうなるのだろうか?それは、人間の行動や私たちが行うすべてのことを商品化し、標準化しようとする探求の中で、根絶されるのでしょうか?

このアジェンダを推進している億万長者階級は、自分たちが自然と全人類を所有し、その両方をコントロールできると考えている。例えば大気を地球工学的に操作したり、土壌微生物を遺伝子組み換えしたり、実験室でバイオ合成された偽物の食品を生産することで自然よりも優れた仕事をしたりすることである。

歴史を終わらせ、人間であることの意味を再構築することで、車輪の再発明ができると考えています。2030年までに達成できると考えています。それは何千年もの文化、伝統、習慣を事実上一晩で根絶しようとする冷たいディストピア的なビジョンです。

そのような文化、伝統、習慣の多くは、食とその生産方法、そして自然との深いつながりに関係しています。先人たちの古代の儀式や祝い事の多くは、死から再生、豊饒に至るまで、存在の最も基本的な問題のいくつかを理解するのに役立つ物語や神話を中心に作られていたことを考えてみましょう。これらの文化的に埋め込まれた信念や習慣は、自然との実際的な関係や、人間の生命を維持する上での自然の役割を神聖化する役割を果たしていました。

農業が人間の生存の鍵を握るようになると、農作物の植え付けと収穫、そして食料生産に関連したその他の季節的な活動が、これらの習慣の中心となりました。例えば、フレイファクシは北欧の異教では収穫の始まりを意味し、ランマス(Lammas)やラグナサド(Lughnasadh)は異教では最初の収穫/穀物の収穫を祝うものです。

人間は自然とそれが生んだ生命を祝いました。古代の信仰や儀式は希望と再生に満ちており、人々は太陽、種子、動物、風、火、土、雨、そして生命に栄養を与え、生命をもたらす季節の変化と必要かつ即時の関係を持っていました。私たちの文化的・社会的関係と農耕生産や関連する神々との関係は、健全で実用的な基盤を持っていました。

ロバート・W・ニコルズ教授は、ウォデンとトールのカルトは、太陽と大地、作物と動物、そして夏の明るく暖かい季節と冬の寒さと暗さの間の季節の回転に関する、はるかに古く、より良い根付いた信念の上に重ね合わされたものであると説明しています。

文化、農業、生態系の重要な関係、特にモンスーンや季節ごとの植え付けと収穫の重要性を理解するには、インドに目を向ける必要があります。都市部のインド人の間にも、自然に根ざした農村信仰や儀式が根強く残っている。これらは伝統的な知識体系と結びついており、生計、季節、食料、調理、加工、種子交換、健康管理、知識の継承など、すべてが相互に関連しており、インド国内の文化的多様性の本質を形成している。

工業化時代には都市部への移動に伴い、食と自然環境とのつながりが希薄になったが、伝統的な「食文化」、つまり食の生産、流通、消費を取り巻く習慣、態度、信念は今もなお繁栄しており、農業や自然との継続的なつながりが強調されている。

神の手

1950 年代にさかのぼると、ユニオン・カーバイド社は、人類が直面する問題を「解決」するために空から出てきた「神の手」として描かれた一連のイメージに基づいて、企業の物語を展開していたことが興味深い。最も有名なイメージの一つは、伝統的な農法が「後進的」であるかのように、インドの土壌に同社の農薬を注ぐ手のイメージである。

グレン・ストーン教授が執筆した論文「緑の革命の新しい歴史」によると、この化学物質主導のアプローチが食糧生産の増加につながったわけではないことは、反対によく知られている主張にもかかわらず明らかである。しかし、それは長期的に生態学的、社会的、経済的に壊滅的な結果をもたらした(Vandana Shiva氏の著書『緑の革命の暴力』やBhaskar Save氏の今では有名な、非常に洞察力に富んだインド政府関係者への公開書簡を参照のこと)。

数年前、コカ・コーラのテレビ広告キャンペーンが、現代性と甘い飲み物を結びつけ、古代のアボリジニの信仰を有害で無知で時代遅れのものとして描いた視聴者に、どのようにしてコカ・コーラの製品を販売したのかを、ボブ・アシュレイらの著書『食と文化研究』(ボブ・アシュレイ他)で見ることができます。雨ではなくコーラが乾燥した人々に命を与えることになったのです。この種のイデオロギーは、伝統的な文化を貶め、それらを「神のような」企業からの援助を必要としている欠陥のあるものとして描く、より広範な戦略の一部を形成している。

2020年に私たちが目にしているのは、このようなプロセスが加速しているということです。食糧と農業の面では、インドのような場所の伝統的な農業は、実験室栽培の食品、遺伝子組み換え作物、遺伝子組み換え土壌微生物、データ収穫ツール、ドローン、その他の「破壊的な」技術に開放するよう、ビッグテクノロジーの巨人やアグリビジネスからの圧力をますます受けることになるだろう。

偉大なリセットは、ドローンによって監視され、処理され、食品に似たものに構成されるために、産業用の特許を取得したGM種子からのコモディティ作物を生産するために化学薬品で放水され、無人機によって人手を得ている農民のいない農場が含まれています。農家はどうなるのだろうか?

世界銀行は、COVID後、構造改革の見返りに各国が軌道に乗るのを支援することについて語っています。何千万人もの零細農家が、個人の債務救済と普遍的なベーシックインカムの見返りに、自分たちの土地から引き抜かれることになるのだろうか。このような農民の移住、それに続く農村コミュニティとその文化の破壊は、かつてゲイツ財団が「ランドモビリティ(土地の移動)」と皮肉を込めて呼んだものです。

ビル・ゲイツをはじめ、大規模なリセットの背後にいる信じられないほどの金持ちたちが、昔ながらの帝国主義の圧殺戦略を支持する古風な植民地主義者であることは明らかである。それが農民の知識を採掘し、流用し、商品化したり、研究や種子を企業に移転することを促進したり、知的財産権の侵害や知的財産権法や種子規制によって作られた種子の独占を促進したりすることを含んでいるかどうかは別にして。

インドのような場所では(COVID以前の)すでに多額の負債を抱えた農民の土地は、ハイテク企業や金融機関、グローバルなアグリビジネスに引き渡され、彼らのハイテクでデータ駆動型の遺伝子組み換え工業用スラッジが生産されることになるのだろうか?これは、WEFによって推進されている “何も所有していない、幸せになる “の当たり障りのない勇敢な新世界の一部ですか?

食糧生産、自然と生命に意味と表現を与える文化的に埋め込まれた信念の間のリンクが完全に切断されていると、我々は、国家からの収入に依存しており、誰が満足のいく生産的な努力と真の自己実現を剥奪されている実験室ベースの食品に存在する個々の人間に残されます。

テクノクラティックな干渉は、文化的多様性、意味のある社会的つながり、何世紀にもわたる伝統的な知識に基づいた農耕生態系をすでに破壊したり損なったりしており、食糧安全保障を確保するための有効なアプローチとして認識されるようになってきている(例えば、Journal of South Asian StudiesのFood Security and Traditional Knowledge in Indiaを参照のこと)。

現在想定されている大規模なテクノクラティックな変革では、人間は、生命を持たない技術的なドローンやAIが推進されているように、制御され監視されるべき商品であると考えられている。

DeepL無料版で翻訳しました。

マイコメント

コロナによるロックダウンの記事を取り上げましたが、このロックダウンの最終目標が

グレートリセットと言われるものです。

簡単に言ってしまえば共産主義社会のようなものです。

かってはソ連と中国がそれを実現しようとしましたが失敗しました。

その原因は一部の人間が富と権力を支配したからです。

(中国は共産主義を半ばあきらめ資本主義を取り入れ現在も進行中です。)

しかし、今回のグレートリセットは国家を運営する政府ではなくグローバル企業が行う

という点で異なっていますがやろうとしていることは同じものです。

そして、内容的に違うのはドローンや監視カメラなどのITが使用されるという点です。

ソ連や中国が存在していた時代とは大きく技術革新が進み多くのことが可能になって

きたことです。

デジタル社会の実現によってデジタル通貨が運用可能になり、ロボットの研究も

進み、将来的にはアバターのような利用形態が出てくるでしょう。

彼らはこうした技術革新を背景に今こそチャンスとその駒を大きくあからさまに出して

来ました。

今後世界はこうしたグローバルリセットの波に飲み込まれる人とそうでない人々に

分かれていくような気がします。

少なくとも私たちはその反対の道を探っていくべきでしょう。

【大変革】資本主義は「グレートリセット」へ。バブル崩壊・財政破綻・ハイパーインフレ/デフレ・財産税。政治・経済・株式・金融・不動産投資・ビジネスティップス


コメント

タイトルとURLをコピーしました