アメリカ・ユタ州に出現した謎の「モノリス」、突如として消失

スポンサーリンク
アメリカユタ州のモノリス 異次元世界

アメリカ・ユタ州に出現した謎の「モノリス」、突如として消失

いったい誰が持ち去ったのか?

ユタ州の砂漠に出現した謎の物体
ユタ州の砂漠に出現した謎の物体 / Credit: Utah Department of Public Safety

アメリカ西部・ユタ州の砂漠で見つかっていた謎の物体が27日、突如として消えたことがわかりました。

この物体は今月18日に同州の野生生物当局により発見され、有名なSF映画『2001年宇宙の旅』に出てくる「モノリス」に似ていると話題になっていました。

当局は「ユタ州に現れたモノリスは、個人の所有物と見られるため撤去しておらず、また、消失したことについても今後調査はしない」と発表しています。

一体、誰が持ち去ったのでしょうか。

一般人が建てるのは困難

最初に「モノリス」が見つかったのは今月18日。当局員がユタ州南部のレッド・ロック砂漠上空をヘリで飛んでいたときのことでした。

「モノリス」は地面から約3.6メートルの高さがあり、ステンレスと思しき金属板3枚を接合した三角柱となっています。

内側は空洞になっており、素人が頑丈な岩盤にこれを埋め込むのは至難のワザです。

調査中の局員
調査中の局員 / Credit: Utah Department of Public Safety

調査を担当した局員は「誰がいつどのように建てたのかまったくわからない」と話しています。

「モノリス」は砂漠の奥地にあり、一般人が訪れるのは危険であるため、当局はくわしい位置情報を非公開にしていました。

しかし、アマチュアの探検家が場所特定に成功し、すでに何人かが訪れているそうです。

当局は「公共の場所なので訪問を禁止することはできないが、当局の管理下にある公有地に許可なく人工物を建てることは、たとえ地球外の者でも違法である」と述べています。

周囲は岩山に囲まれている
周囲は岩山に囲まれている / Credit: Utah Department of Public Safety

「モノリス」は5年前にすでに存在した!一体だれが建てたのか?

かなりの重量がある「モノリス」を岩盤に建てるには高度な技術を要するため、一般人には不可能と思われます。

当局員は「映画を観たファンではなく、複数人の芸術家が協力して埋め込んだのではないか」と推測しますが、今もって正体は不明です。

しかしその後の調査で、「モノリス」は最近埋められたのではなく、4〜5年前にはすでに存在したことが判明しました。

グーグルアースを調べたところ、2015年8月~2016年10月の間のどこかで出現していたのです。

話題になってしまったことで、本人たちが持ち帰ったのかもしれません。

しかし、芸術家なら自分の作品が注目されてしかるべきです。

「モノリス」があった場所には現在、三角形の金属パネルのみが残されており、建造物は跡かたもなく消えています。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

映画では、宇宙から飛来したモノリスが人類に知恵を与え、進化を促しました。

「モノリス」を建て、持ち去ったのは芸術家ではなく、地球外の誰かかもしれませんね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました