国家安全保障、外交政策、および経済に対する異常事態の状況下にあるアメリカ

スポンサーリンク
米中戦争 アメリカ大統領選

国家安全保障、外交政策、および経済に対する異常事態の状況下にあるアメリカ ~闇の側の本当のトップたちは既に何も動けません

竹下雅敏氏からの情報

 「ペンタゴンは機密資料を扱うコンピュータネットワークを緊急シャットダウンした」という事なのですが、これまでの流れを見るとアメリカは、“国家安全保障、外交政策、および経済に対する異常事態”にあることが分かります。

 コーリー・グッド氏は、アライアンス(地球同盟)からの情報として、“最大4週間分の水と食料及び、電話とインターネットの短期間シャットダウンに備えてトランシーバーや無線機、ラジオ、更に電力不足の為に小型のソーラー発電機の購入” を勧めているとのことです。アメリカでの内戦は最大4週間あれば片付くと見ているのが分かりますが、その後の世界の混乱が4週間で済めばラッキーですね。

 “続きはこちらから”の石川新一郎氏の「ワシントンから4回目メッセージ」も大変面白い。5分48秒~6分48秒で、“今後、9.11や3.11のような自然の摂理のような仕組まれた人工的な悲惨な災害はもう起きません。全て終わりました。闇の側の本当のトップたちは既に何も動けません。後は残っている実行部隊だけです。やがて壊滅されるでしょう。本日の午前2時から闇との最後の聖戦があります。48時間以内にすべてが終わります”ということです。

 お賽銭マンさんの動画でフリン将軍は、“誰が次期米国大統領になるか? トランプの確率は10だと思う”と言っています。
 “闇の側の本当のトップたちは既に何も動けません。後は残っている実行部隊だけです”というのは、宇宙人の方も同じです。悪意のある連中は、もはや自殺するよりない精神状態に追い詰められています。彼らに騙されている地球人は、相変わらず多いですが、もはやこの連中に何の力もありません。

 ですから結果は決まっているのですが、何が起きているのかを理解していない人々の間で、大きな混乱が起こるのは避けられないのです。

(竹下雅敏)

【速報!】ペンタゴン、機密情報を扱うコンピューターネットワークの緊急シャットダウンを命令!

(前略)
ペンタゴンは機密資料を扱うコンピュータネットワークを緊急シャットダウンした
(中略)
国防総省は火曜日に、機密扱いの内部通信ネットワークの緊急停止を命じた、と国防総省の3つの情報筋が確認した。
(中略)
シークレットインターネットプロトコルルーターネットワークとして知られるこのシステムは、機密レベルまで機密情報を処理し、数時間シャットダウンされました。

普段は深夜にアップデート。日中は初めて

国防総省のある当局者は、「これは、就業日の真っ只中に起こったことは一度もない」と述べた。「更新は通常、週末と深夜の営業時間後に行われます。これは緊急時に行われました。」
 
シャットダウンは機密扱いのコンピューターにのみ適用され、他のコンピューターや電話システムには適用されませんでした。(justthenews.com)
(以下略)

引用元)Total News World 20/12/16

Twitterから





アメリカにいる日本人に帰国命令が出ているということは政府が真実を知って
いるということですね。


【第49弾】ワシントンから4回目メッセージが有りました‼

【第49弾】ワシントンから4回目メッセージが有りました‼️

Twitterから





マイコメント

アメリカ大統領選挙についてはアメリカ政府の上院共和党がバイデンを正式に大統領と

して承認したと報道されていますが、内実はまだ決定していないものと思われます。

トランプが米国内の戒厳令を発令すると状況は大きく変わります。

しかし、日本のテレビからはこうした内容は一切報道されないので、その真偽に疑問を

持つ人も多いだろうと思います。

その真偽を判断するためには年末年始に日本のメディアの報道内容に変化が現れるか

どうかです。報道内容に変化があれば今回の記事が正しかったことになります。

それでもバイデンが大統領という報道内容が続くならばアメリカは内戦になります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました