入国者に移動追跡システム利用を義務付けへ 平井デジタル改革相、五輪・パラ目指し開発

スポンサーリンク
平井デジタル相 政治・経済

入国者に移動追跡システム利用を義務付けへ 平井デジタル改革相、五輪・パラ目指し開発

 平井卓也デジタル改革担当相は27日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルス感染症対策として、海外から入国した人の移動を追跡するシステムを開発していると明らかにした。

「使ってもらわないと入国させないというところまでやらないと効果がない」と述べ、入国者には利用を義務付ける意向を示した。来年の東京五輪・パラリンピックまでに完成させる。  

システムの詳細には言及しなかったが、衛星利用測位システム(GPS)を活用すると説明。スマートフォンなどに搭載されたGPS機能が念頭にあるとみられ「切られると追跡できなくなる。こういう事態だから許されると思う」と述べた。  

感染者と濃厚接触した可能性を通知する接触確認アプリ「COCOA(ココア)」とは別のシステムになるという。

“外国人用追跡アプリ”に意欲 東京五輪までに… 平井デジタル相

マイコメント

これは大きな波紋を呼びそうですね。

先日、国内で新型コロナウイルスの変異種に感染していることが確認されてから急遽関連国の

入国一時停止に踏み切った菅政権ですが、中国と韓国のビジネス客は対象外としています。

今回の移動追跡システムはどのようなものになるのかは明らかになっていませんが、スマホの

利用を考えていないということなので、ここはやはり人体に埋め込むチップが考えられます。

足首や首、あるいは手首に装着するものは開発されていますが、いかんせん追跡機器が大きく

目立つのでこれを避けることも十分考えていると思います。

もしかしたらと話ですが、外国人で運用がうまく行ったので日本国民にも利用することを

検討している可能性はあると思います。

もう、やることが急ピッチで一気に総監視体制に移行させようとしているのがわかります。

注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました