破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:常識という目に見えない鎖」

スポンサーリンク
アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:常識という目に見えない鎖」

今日の破・常識!

支配者達は、常識という目に見えない鎖でつなぎ

宗教観などで脅し


人々が自ら彼らの都合のいいように動くように


ミスリードしているのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol.1441 常識という目に見えない鎖

「常識という目に目ない鎖」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

 
真実を知ってください。

 
真実を知ることで、選択することが出来ます。
 

何を選択するかはあなたの自由ですが、

 
少なくとも選択することが出来るようになります。

 
一つしかないと思っているのと


選択肢が出来るのとでは大きく違います。

 
そのためには、真実を知ってください。

 

情報、知識を得ることをめんどくさがらないでください。

 
学校では真実は教えません。

 
なぜならば、学校システムの目的が思想操作だからです。

 
支配者たちの都合のいいように、子どもたちの思想を操作することが

 
学校教育の一番の目的なのです。

 
自分の頭で考えることをさせないように没個性にすることが目的です。

 
権力(支配者)に疑問を持つことなく素直に指示に従うように

 
教育することが大事な目的なのです。

 
支配者たちは、自分で考え、自分で行動する人はいらないのです。

 
そういう人たちは、彼らにとってはとても不都合な人たちなのです。

 
ですから、あの手この手を使って、思考停止にさせ


思考を操作し、自分たちの都合のいいように


人々をミスリードしていくのです。

 
常識という目に見えない鎖でつなぎ、宗教観などで脅し


人々が自ら彼らの都合のいいように動くように


ミスリードしているのです。

 

常識、道徳、倫理、神、お金・・に疑問を持ってください。

 
疑問を持つことから、思考が働き始めます。

 
疑問を持たなければ、そのままの道を


ずっと歩み続けることになるのです。

 
ずっと、苦しい、ツラい、もっと楽になりたい・・


と思いながら、その道をただ

 
あてもなく歩み続けることになります。

 
思考が変わらなければ、あなたの現実は変わりません。

 
いまのあなたの思考が、いまのあなたの現実を創造しているのです。

 
ですから、いまの生活が苦しい、ツラい、楽しくないと思うならば

 
思考を変えるしかないのです。

 
小さなころから刷り込まれてしまった価値観


ものの見方考え方を変えなければ

 
あなたの生活は何も変わりません。

 
変えるためには、刷り込まれてしまった価値観


考え方を変えるしかないのです。

 
そのためには、いまの生活にたいして疑問を持つしかないのです。

 
どうしてこれをしなければいけないのでしょうか?

 
どうしてこれをしてはいけないのでしょうか?

 
・・など、生活の小さなことに疑問を持ってください。

 
生活の中に思考を変えるためのたくさんのヒントがあります。

 

生活の中を探してください。

 
彼ら支配者たちは、あなた達を直接支配・コントロール


しているわけではありません。

 
彼らがしているのは、思考の操作なのです。

 
思考さえ操作してしまえば、彼らは何もしなくても


あなた達を支配・コントロールできるのです。

 
それをまず理解してください。

 
そして、少しずつでいいですので、疑問を持ち、調べ


真実を知ることでどちらを選ぶか決め


操作されている思考のくせを手放していってください。

 
いま、彼ら支配者たちは、思ったようにいかなくていらだっています。

 
ですから、やり方が露骨になってきています。

 
これは、あなた達にとってはチャンスなのです。

 
何かおかしいと感じることが出来るからです。

 
何かおかしい・・と思う感覚を大切にしてください。

 
その感覚があなたを自由にしてくれます。

 
知らないうちに身体に巻かれてしまった鎖をはずし、

 
身軽に好きなことが出来るようになるのです。

 
ピラミッドシステムの上の人たち(支配者)は、


あなた達のことを幸せにしようなどとは決して思っていません。

 
彼らが常に考えているのは、どうやったらもっと搾取できるか

 
‥ということです。

 
真実を知ることを怖がらないでください。

 
真実を知って、あなたがどの道を進むかは


あなたが決めていいのです。

 
選択肢があるのと、ないのでは、大きく違ってきます。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

先日緊急事態宣言が出されましたが、その日以降都内の人出が減ったかと言えば少しは

減っているのですが、わざわざ前回の緊急事態宣言後の人出の数と比較して増えていると

連日テレビが騒いでいました。

これってコロナウイルス感染者の増加を食い止めることが目的ではなくて、人々を出来る

だけ家の中に閉じ込めておくことが目的だとわかります。

今回の緊急事態宣言後の感染者数はあまり減っていません。むしろ増えているところが

目立つので緊急事態宣言の意味がないことがわかりそうなものですが、誰もおかしいと

言いません。

日本人は完全に思考停止状態です。テレビが右と言えば右、左と言えば左とそのまま

信じてしまう思考回路が出来ていて、そこから離脱できないのが今の日本人です。


NHKが毎日放送している今日の感染者数マップは白いところがゼロですべての都道府県で

感染者(陽性者)が発生しています。

このマップを見て気付くのは赤で示した新幹線ルートの都道府県に感染者が集中している

ことです。

ところが今は新幹線もガラガラ状態なので、これまでに新幹線で移動した人が感染を広げて

いることがわかります。

ところが交通機関でコロナ患者が発生したという報告がないのもおかしな話です。

感染防御を徹底するなら各交通機関の改札口に体温測定器をセットして調べるべきなのに

そういう対策は飛行機の利用客だけです。

それと感染を広げているのは日本人ではなく外国人旅行客です。特に中国・西欧など

からの帰国者やビジネス客が広げている可能性があります。

だから、本来なら全面入国禁止措置を取るべきなのに特段の事情のある人は許可している

のを見るとザル規制です。

誰がこうした政策を取っているかは書きませんが調べればわかります。

今日の日曜討論では西村大臣がコロナの罰則規定をかなり否定的に話していましたが

これも国民からの反発があるからだろうと思います。

緊急事態宣言による営業時間規制に従わない企業もだいぶ出てきました。

あまりにも矛盾している政策を行うからでしょう。

規制するなら十分な金を寄こせと言うことです。

そりゃそうでしょう。死活問題ですからね。

すでに国内での企業倒産件数はうなぎ上りで自殺者数もかなり増えています。

春の新人採用もかなり控えられていて、今年の春は就職難となるでしょう。

話がだいぶそれてしまいましたが、いろんなことを調べれば矛盾点が多くあることに

気付くと思います。







コメント

タイトルとURLをコピーしました