破・常識 あつし歴史ブログ「アシュタール:幸せな状態が当たり前」

スポンサーリンク
人生谷あり山あり アセンション

破・常識 あつし歴史ブログ「アシュタール:幸せな状態が当たり前」

今日の破・常識!

あなたは幸せな状態が当たり前なのです。

 
幸せでいることが当たり前なのです。

 
いつかなくなるなんて、まったく考える必要はありません。


無邪気に幸せでいてください。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol. 1498 幸せな状態が当たり前

「幸せな状態が当たり前」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
幸せは続かない・・と教えられてしまっているからです。

 
良いことがあると、それと同じくらい悪いことが起きる


と教えられているのです。

 
上がると下がると教えられてしまっているのです。

 
そういう思考になってしまっているので


本当に上がると下がる現実を創造し、やっぱりね


・・などと変な納得をしてしまうのです。

 

幸せは続きます・・というより、幸せでいる状態が自然なのです。

 
幸せ、ご機嫌さんであることが、当たり前なのです。

 
それを教えてもらっていません。

 
幸せは一時的な状態で、基本は不幸せな状態でいることが


普通の状態だと思ってしまっているのです。

 
幸せは一時的なことではありません。

 
幸せだと感じることが出来れば、それはそのままずっと続くのです。

 
幸せという感じ(状態)を感じれば、それはなくなることはなく

 
ずっと続くし、もっと上がっていくのです。

 
あなた達は、幸せという状態になると、緊張します。

 
そして、調子に乗ってはいけない、必ずこの幸せはなくなると思って

 
面白いことに、不機嫌になる(幸せを手放す)タネを


無意識に探し始めるのです。

 
好きな人と相思相愛になっても、きっとこの人はそのうち違う人を

 
好きになって私から離れていくだろう、とか、


この人を嫌いになることがあるかも知れない、とか思って


そちらを警戒するようになります。

 
警戒する、不安になる、心配する、想像する・・ということは、

 
そちらにフォーカスすることですので、それが現実になるのです。

 
そして、現実になったら、やっぱり幸せは続かないのね。と思います。

 
そのような警戒、心配などせず、その幸せを楽しんでいる人には

 
そのような現実は現れないのです。

 
無邪気に、幸せ~~って思っている人は、

 
ずっと幸せの状態が続きます。

 
あの人はどうしていつも幸せなんだろう? 


どうしてずっと幸せでいられるんだろう?・・と思われる人は


無邪気に自分が幸せでいることが当たり前だと思っているからです。

 
私はお金に困らない・・と無邪気に思っている人は、


お金には困りません。

 
パートナーとずっとこのまま幸せに楽しく暮らしていけると


無邪気に思っている人は、ずっとそのままパートナーと


幸せにいられるのです。

 
幸せが当たり前なのです。

 
幸せを特別な状態だと思わないでください。

 
上がっても、下がりません。

 
反対にどんどん上がり続けるのです。

 
いつかこの幸せはなくなる・・


だから、なくなった時にショックを受けないように


調子に乗らないように気を付けなくっちゃ・・などと

 
思う必要はさらさらありません。

 
そんなことを考えて、幸せだと思う気持ちに


ブレーキをかけないでくださいね。

 
どんどん調子に乗ってください。

 
いい気になってください。

 
調子に乗っていけば、その調子はずっと続きます。

 
何度も、何度もお伝えします。

 
あなたは幸せな状態が当たり前なのです。

 
幸せでいることが当たり前なのです。

 
いつかなくなるなんて、まったく考える必要はありません。


無邪気に幸せでいてください。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

不幸というのはどんな状態だと考えているかですね。

・貧乏であること
・仕事がないこと
・誰かの死に目に会うこと
・友人から裏切られること
・失恋すること
・事故に遭うこと
・いじめられること
・仕事でミスをしたりすること
・左遷されること

などなど考えればいくつでも出てきます。

これって自分は不幸せ病かと思うくらい浮かんできます(笑)。

おそらく多くの人が同じように考えているのではないかと思います。

それで、逆に幸せな状態は?と言うと思ったほど出てきません(笑)。

これが原因でしょう。

私たちの思考はともかく不幸せな状態に焦点を当てるように慣らされている

ということになるのだろうと思います。

だから、幸せは長く続かず不幸が案外多いように思えてしまうのです。

それだったら、不幸な状態を頭から全部消し去ってしまえば???

全部残りは幸せ状態でしょう。

要するに不幸なことを考えすぎているということです。

何かあればすぐにそれを自分が不幸であると考える意識付けがなされています。

ならば不幸なことではなく自分が幸せであることを考え続ければいいことです。

そうすれば幸せは長く続き、不幸は減ります。




コメント

タイトルとURLをコピーしました