ワザトラマンなのか?変なかっこうでざ傷してスエズ運河をふさいでやがる

スポンサーリンク
スエズ運河タンカー座礁 世界の出来事

ワザトラマンなのか?変なかっこうでざ傷してスエズ運河をふさいでやがる

メガシップは、奇妙な事件で座礁した後、スエズ運河のすべての交通を遮断します

異常な事故のように見えるが、エバーグリーンマリン社が所有するパナマ籍船のエバーギブンと呼ばれるコンテナ船が、紅海と地中海を結ぶ重要な人工航路であるスエズ運河内に座礁した。

世界の石油貿易の重要なチョークポイントとして知られているスエズは、「メガシップ」と呼ばれる独特の角度のおかげで、両方向でブロックされています。

 

 
船はエジプトの港から世界で最も活発な港の1つであるオランダのロッテルダムまで移動していました。3月31日に到着する予定でした。
 
 
船はすでに水に閉じ込められています。約20万トンの重量に加えて、ロイターの好意による船の詳細がここにあります。
 
伝えられるところによると、交通渋滞は運河から紅海と地中海に戻ってきました。
 
海運会社がすでにCOVIDパンデミックの緊張からの回復に苦労しているとき、それは彼らが根本的な方法で世界の海運ルートを再調整することを要求しました。また、上記の長引くコンテナ船の不足が、外国製の消費財に対するアメリカ人の需要が急増しているときに世界貿易のペースを鈍化させているため、インフレ見通しにリスクをもたらします。
 
オランダの大手救助会社が救助に乗るには数日かかる可能性があります。

World's Largest Container Ship, Evergreen 20,000+ TEU Class "Ever Given" Into Kaohsiung Harbor
スエズ運河で貨物船が座礁 100隻以上の大渋滞(2021年3月24日)

座礁船は愛媛県の会社所有 台湾の会社が運航

国土交通省などによりますと、今回座礁した船は愛媛県の正栄汽船が所有し、台湾の会社が運航していたということです。

2018年に建造され大きさは全長400メートル、総トン数およそ22万トンの世界最大級のコンテナ船だということです。

スエズ運河は、ヨーロッパと日本を行き来するコンテナ船の交通の要衝になっていて、海運会社でつくる日本船主協会によりますと、所属する各社の船は、年間延べ1200隻ほどが通航しているということです。

コンテナ船を運航する台湾企業は

座礁したコンテナ船を運航する台湾のエバーグリーン・マリンは「瞬間的な強風によって船体が航路から外れ、座礁したようだ。船主には、関係機関と話し合ってできるだけ早い復旧に協力するよう求めた」とコメントしています。

海運大手3社 “長期化すれば到着遅れの影響おそれも”

スエズ運河でコンテナ船が座礁したことについて、海運大手の日本郵船、商船三井、それに川崎汽船の3社は、いずれも今のところ、船の運航に大きな影響は出ていないとしています。

ただ、スエズ運河は、石油や自動車、家電製品などの貿易に欠かせない航路で、海運3社は、船が通航できない状態が長期化すれば、航路を変更せざるをえなくなり荷物の到着が遅れるなどの影響が出るおそれがあると懸念しています。

マイコメント

風の影響で座礁したと報道されていますが、土台こんな大型船を運行させる方がどうか
していると思います。

この長さだったら完全にふさぐことは事前にわかっていることでしょう。

今後停滞が長期化すれば多くの物資が届かなくなるのでガソリンの値上げ、石油製品の
値上げなど多くの製品が値上げとなり、それがきっかけでインフレーションが起こる
可能性が高くなります。
特にコロナで政府がお金をじゃんじゃん配っているのでその影響が出てくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました