破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:主権は庶民にあるのです」

スポンサーリンク
911事件 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:主権は庶民にあるのです」

今日の破・常識!

ひとり一人が自分で考え

 
イヤだと思うことに協力しなければいいのです。

 
それだけで、支配者たちはお手上げになります。

 
ひいては、ピラミッド社会も崩壊していきます。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


vol. 1520 主権は庶民にあるのです

「主権は庶民にあるのです」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
先ず、お伝えしたいのは、国という団体において


力を持っているのは、

 
国を運営している政治家や役人ではないということです。

 
権力者と言われる人たちが、力を持っているのではないのです。

 
一番、力を持っているのは、あなた達庶民と呼ばれる人たちだ


ということを強くお伝えしたいと思います。

 
国という団体において、主権は庶民にあるのです。

 
それを忘れないでください。

 
でも、もうお上(政治家や役人たちの権力者)が決めてしまったら

 
庶民はどうしようもありません、従うしかないのです・・


と思ってあきらめてしまうから


どんどんそのようなことが起きて来るのです。


政府や政治家、役人には逆らえない・・


とエネルギーを引いてしまうから

 
権力者たちの都合の良い社会になってしまうのです。

 
でも、抵抗しても何も変わりません・・


アシュタールも対立と対立では

 
力の強い方が勝つと言っているではありませんか?・・


という思考を感じますが、団体になってデモなどをして


対立してくださいと言っているのではありません。

 
ひとり一人がそれに協力しなければいいのです。

 

たとえば、カジノを創ります・・と立場が上?偉い?


政治家が決めたとします。

 
でも、その建物や施設を実際に創るのは誰でしょうか?

 
庶民です。分かりますか?

 
庶民が建てるから、施設が出来るのです。

 
それは、ある意味、庶民も協力しているということにもなります。

 
(創らせないと言いながら、協力して創っているという


矛盾したことになってしまうのです)

 
設計図を画く人、材料を調達する人


実際に現場で創り上げていく人・・

 
その人たちがいなければ、いくら施設を建てますと言っても

 
何も出来ないのです。

 
そうですね?

 
でも、そんなことは出来ません・・会社の命令に従ったら首になります。

 
と怖がるから、いつまでもその社会が続いていくのです。

 
社会をまわしているのは、あなた達庶民です。

 
あなた達庶民を支配し、コントロールしている存在がいます。

 
その存在があなた達にしているのは、脅すことで


思考をコントロールしているだけなのです。

 
私たちには逆らえない、もし逆らったら生きていけないんですよ


・・と逆らったら首にします、逮捕します、罰則を与えます・・


と怖がらせ、自分達に従うように教育(思考のコントロール)を

 
しているだけなのです。

 
首にしますよ、逮捕しますよ・・と言われたとき、どうぞと言えれば

 
(怖がってエネルギーを引かなければ)実際に首になったり

 
逮捕されることはないのです。

 
反対に彼らには手も足も出せなくなるのです。

 
会社があるから、会社から給料をもらっているから


生きていけるのではありません。

 
反対です。

 
会社に勤めている人がいるから、会社が成り立つのです。

 
最終的には、会社がなくても人々は生きていけますが


会社は人々が働いてくれなければ何もできず


つぶれてしまうのです。

 
そうですね?

 
お上が決めたから、もう庶民には何も出来ない・・

 
ただ(文句を言いながらも)従うしかない


そういう選択肢しかないと思わされてしまっているだけなのです。

 
権力者(目上の人、立場が上の人)には、


従順に従うように学校教育で刷り込まれてしまっているので


自分達が出来ることを考えようとしなくなっているのです。

 
国、政治家、役人たちが決めても、それに従わなければ


彼らには何も出来ないのです。

 
法律を作っても、有名無実なものとなるだけです。

 
いままで、いくつもの政策が名前だけ残っている


という状態になっています。

 
庶民が関心を示さず、従わない、使わないと決めたら


それは何の効力も無くなるのです。

 
国という団体の一番の権力者はひとり一人の庶民です。

 
国を構成しているのは、少数の権力者ではなく


ひとり一人の個人です。

 
みんなで集まって抗議する必要はありません・・


ひとり一人が自分で考え

 
イヤだと思うことに協力しなければいいのです。

 
それだけで、支配者たちはお手上げになります。

 
ひいては、ピラミッド社会も崩壊していきます。

 
そのために、知識、情報を得て真実を知ってください。

 
一番力を持っているのは、個人だということも大きな真実です。

 
そして、あなたの現実を創造しているのは、


あなたの思考だということも


あなたの生活を変えることが出来る大きな真実の情報です。

 

あなたに愛をこめてお伝えいたします」




ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

何より大事なことは知るということです。

この国と世界がどのように成り立っていて誰が支配しているかを知ることです。

世界に権力者と言える人は何人いるのでしょうか?

それは全体の数百分の一くらいです。

残りは私たち庶民なのです。

しかし、残念なことに多くの人は日々の生活を生きて行くことにエネルギーを

使い果たしていてこの世界の実相を知ろうすることさえないのです。

そのため私たちは彼らの言葉に容易に騙され、中にはそれがわかっている人でさえ

しぶしぶ従っているのが現状の有様です。

もし、これを変えようとするならばより多くの事実を知り、中には近づくのさえ

おどろおどろしい事実さえありますが、それも知ってこそ初めてそこから離れようと

いう意志と意識が生まれてくるのです。

だから、まずはこの世界の現実の姿を知らないといけません。

そして、マスコミやテレビは私たちを洗脳するために利用されていることもよく

知る必要があります。

なぜ、毎日のようにまん坊が繰り返し繰り返し報道されているのか?その目的は

そこにあるのか?と言うことも知ることです。

それを知ると本当に嫌気がさしてくるでしょう。

でも、ほとんどの人はそのんあことさえ疑問に思わないのです。

昔のお茶の間ドラマの感覚で見ています。

昔のテレビと言えば日中にはほとんどドラマだけでしたが、今やドラマは隅に

追いやられニュース番組が多くなっています。

人は同じことを何回も繰り返されるとそれが嘘であっても真実だと思い込み

しまいにはそれ以外のことを嘘だと思うようになります。

テレビやマスコミの目的は人々に嘘を真実を刷り込むために行われているのです。

かっての911事件もそうです。あのときビルには飛行機など突っ込んでいなかった

ことがやっと明らかにされ、あれがCGによる合成映像だったことが次々とわかって

来ています。そのようにして政府とマスコミは嘘をつくのです。

今それが明らかにされたとしても「ああ、そうなの」で終わってしまいますが

それが当時明らかにされていたなら世界中から多くの反対が起こりアメリカが政策

変更を余儀なくされ今の世界も大きく変わっていただろうと思います。

そのため、まずは知ることです。それには疑問を持つことです。

すべたはそこから始まります。

そうすれば彼らに従おうとしなくなるはずです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました