世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:今が嫌なら反対のことをイメージして創造力を膨らませてください」

スポンサーリンク
お酒の提供禁止 ウイルス

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:今が嫌なら反対のことをイメージして創造力を膨らませてください」

ミナミAアシュタールRadio61

真実はシンプルなのよ

vol.143 「真実はシンプルなのよ」
vol.144 「ありがとうって言っていいのよ」

ミナミAアシュタールRadio61「真実はシンプルなのよ」

えっ!お酒を出すのは禁止だって!

うわぁ~~、ホント、もうやめてぇ~~(絶叫)
ふ・ざ・け・る・な!!!!!!(絶叫)


【独自】東京都、飲食店の酒類提供を終日禁止へ

今度はお酒がターゲット、
それも理由が
酒を飲むとマスクするのも難しくなるし声も大きくなるし、
感染のリスクがかなり高くなると思っているため・・・ですって(驚)
その理由の中に何も科学的な根拠は無し(呆)
”そんな気がするぅ~~”で簡単に決めてくれるなよ。

今度は禁酒法にもっていこうとしてる?
コロタンが身体の中で活性化してしまうからって
次は砂糖も塩も油も禁止になるかもよ。
理由は?・・そんな気がするぅ~~(呆)

昨日の in deep さんの記事そのものやん!!
「都合よく我慢してくれるあなたに・・・」

この流れにそのまま乗ってると、行きつく先は容易に

想像がつきますよね・・

では、アシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「今が嫌なら反対のことをイメージして創造力を膨らませてください」                     by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。
 
何度も何度もお伝えします。
 
我慢をしても何も変わりません。
 
もっと檻が小さく狭くなっていくだけです。
 
 
いまの社会の現実を見られたらお分かりになると思います。
 
彼らが何をしようとしているのか、どのような社会にしようと
 
しているのか、私が説明しなくてもお分かりになると思います。
 
 
このままどんどん檻が狭くなり、自由の制限が多くなり、
 
強制が多くなり、自分の意見も言えず、表現の自由もなく
 
支配者たちが許す事しか出来なくなるのです。
 
 
それもコロコロと変わります。
 
ですから、常に支配者の顔色を見て怯えていないといつ自分の
 
身に何が起きるかわからない社会です。
 
 
それが世界統一政府なのです。
 
世界統一政府とは、支配者のための社会です。
 
庶民は人権もなくただ支配者の命令だけに従い、ただ支配者の
 
ためのだけ労働する社会です。
 
自分の好きなことなどまったく出来ないのです。
 
食べるものも飲むものも制限され、余暇などもなく、常に監視され
 
オドオドと暮らすだけの社会なのです。
 
これは簡単にイメージ出来ますね。
 
 
それはいまの社会の延長線上にあるからです。
 
だからイメージしやすいのです。
 
だから、反対にイメージしないでください。
 
リアルにイメージしてしまうと(感情とともに)それが現実に
 
なってしまいます。
 
 
ですから、いまそんな社会がイヤだと思うならば反対の社会を
 
どんどんイメージしてください。
 
反対の丸い社会です。
 
 
でも、その社会は私たちはよく知りません。
 
どうやってイメージすればいいかわからないのです・・と
 
思うならば、いまの社会からイメージ出来る生活のまるっと
 
反対の社会をイメージすればいいのです。
 
 
好きなことだけしている社会です。
 
誰からも何も指示されたり、ましてや命令されるなどありえない社会。
 
自分のために働くので、働くことが喜びと感じられる社会。
 
働くというより好きなことをしているだけの社会。
 
いつ寝ても、いつ起きても、いつご飯を食べてもいい社会。
 
好きなものを好きな時に食べることができ
 
好きな人と触れ合い、自由にどこにでも行ける社会。
 
 
いま向かわせられている社会が容易にイメージ出来るならば
 
それとまったく反対の社会も容易にイメージ出来るはずです。
 
細かい事を考え出すと出来ないという感情が出てきてしまいますので
 
大まかにこんな感じというだけでいいですのでイメージ
 
してください。
 
大まかにでもイメージできるようになれば細かいところも
 
どうすればいいかアイディアがわいてきます。
 
 
まるっと反対の社会をどんどんイメージしてください。
 
楽しんでイメージしてください。
 
もうそこにいるかのようにリアルにイメージしてください。
 
 
それがエネルギーとなり、現実化していきます。
 
 
あなたの想像が創造のパワーとなるのです。
 
 
あなたに愛をこめてお伝えいたします。」
 
 


ありがとう、アシュタール! 感謝します。

マイコメント

新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が出された場合、東京都が、飲食店での酒類の提供を終日禁止する方向で調整していることが都関係者への取材でわかった。

最終的には、政府との協議や宣言が出される他府県での対応も踏まえた上で最終判断する。宣言の期間は4月25日か26日ごろから大型連休を挟み、5月11日か16日ごろまでを想定しているという。

都は21日夜、宣言を出すよう政府に要請した。

 飲食店に対しては、酒類の提供は終日禁止にしたうえで、営業時間はまん延防止等重点措置と同じ午後8時までとする方向で政府と協議を進めている。

 緊急事態宣言が出された場合の飲食店への対応について、大阪府も酒類の提供を禁止したうえで、平日は午後8時まで、週末は休業とする案のほか、全面休業する案などを政府に提示している。

 政府は23日に対策本部を開いて、東京都、大阪府、京都府、兵庫県への緊急事態宣言を正式決定する方針で、対象地域での具体策について、自治体と詰めの協議を進めている。


引用→朝日新聞Web


東京都「酒なし営業」を検討 政府あすにも決定(2021年4月22日)

もう無茶苦茶!

部活はダメ、オリンピックはやる? もう意味がわかりません。

という言葉にあるように、私たちの頭は混乱の限界に来ているように思います。

これまでの教育内容から考えれば政府や都は間違ったことを言うはずがないという

思考になるので、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと考え一生懸命解答を

探そうとして混乱するでしょう。

まさしくそれが狙いのように思います。

正常に判断できないようにして思考停止させ気がついたら完全な檻の中という

世界にしようとしているのです。

もし、混乱せずに判断できればどちらも間違いと分かり、いい加減なことをやるな

という批判が都民の中から湧き上がるはずです。

それがないというのはただただ混乱しているということです。

それにしてもどうして東京都にこれだけの権限があるのか?

と思ってしまいます。

酒の禁止「まん延防止」でも要望へ 首都圏3県知事(2021年4月22日)


どうやらこれは首都圏3県の埼玉・神奈川・千葉でも同じような要請をする予定の
ようであり、飲食店ではゴールデンウイーク期間中一気にお酒が飲めないことになります。

お酒とコロナとどういう因果関係があるのか?
誰もそんなこと証明していないはずです。

どうもお酒を飲むなら家でしてください。ということで飲食店への
出入りを抑制しようとするものですが、時短営業に従わない店もあるしょうから
逆効果になるでしょう。

まるで狂ってます。

ここ数日路上や公園で飲み会をやっていることが指摘されていましたが、そのうち
こうしたことも禁止条例として出てくるでしょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました