破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:食べることを楽しんで」

スポンサーリンク
ケーキ アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:食べることを楽しんで」

今日の破・常識!

食べることを楽しんでください。

 
何を食べても大丈夫です。あなたが欲している物を


あなたが満足できる形で楽しんでください。

 
こういう食べ方が正しいなどということは

一切ありません。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1538 食べることを楽しんで

「食べることを楽しんで」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
人それぞれです。個性によって違ってきます。

 
一日一食で満足できる方もいらっしゃいますし


3食でも足りないと思う方もいらっしゃいます。

 
一度にしっかりと食べたいと思う方も


そうではなくちょこちょこと口に入れたい


と思う方もいらっしゃいます。

 
体型や体質によっても変わってきますね。

 
みんなご自分に合った食べ方をすればいいのです。

 
それなのに、一日3食食べなければいけない、一日にこれだけの

 

栄養素をとらなければいけないと決める方がムリがあるのです。

 

それも食べたいときにではなく、お腹もすいていないのに時間に

 
なったからといって食べなければいけない(反対にお腹が空いて


仕方がないのにその時間まで待たなければいけない)


などというのはまったくのナンセンスだということです。

 
栄養素?に関してもそうです。

 
一日に何品目以上、バランスよく食べなければいけない・・

 
というのはビジネスです。

 
毎日そんなには食べられません・・


だから、サプリメントをとりましょうということになるのです。

 
サプリメントを売るために作りだした情報です。

 
食物繊維を何グラムとらなければ病気になってしまいます。

 
でも、それだけをとろうとしたらレタス30個分になってしまいます。

 
毎日そんなには食べられないですよね。

 
でも、このサプリメントを1粒取れば大丈夫です・・などという

 
謳い文句の商品をごらんになったことがあると思います。

 
食物繊維だけではなく、他にもたくさんの栄養素のサプリメントの

 
宣伝をごらんになると思います。

 
それだけ大きなマーケットになっているということです。

 

食事に関してはあなたの身体に聞いてください。

 
あなたが食べたいと思うものを、食べたいと思うときに

 
食べたいように食べてください。

 
それが、そのときにあなたの身体やこころに必要なものなのです。

 
そのときはそうでも、次は違う物を欲することもあると思います。

 
そのとき、そのときのあなたの感覚を感じて食べてください。

 
食欲がないときはムリに食べる必要はありません。

 
食欲があるときにムリに我慢する必要もないのです。

 
汗をかけば塩分が欲しくなります・・そういう時は


身体が満足する形でしっかりと塩分をとってください。

 
塩分は身体に悪いからなどと思って我慢しないでください。

 
塩分は身体に悪いものではなく、必要なものなのです。

 

すべてそうです。

 
あなたの身体が欲しているものを素直に食べてください。

 
罪悪感など持つ必要はありません。

 
罪悪感を持って食べれば、欲求不満になってしまい


必要以上に食べてしまうことにもなります。

 
不食になる必要もありません。

 
なぜかあなた達の間で、不食が良いことのように思われている

 
傾向を感じますが、それはナンセンスです。

 
精神性が高くなると食べ物を必要としなくなる?

 
断食すると悟れる?
 

仙人のような生活が精神性の高い人の生活?

 
・・と思っているようなエネルギーを感じますが


まったくのナンセンスです。

 
食べなければ精神性が高くなる・・などと言うことは


まったくありません。

 
そこには宗教的な概念がたくさん入っています。

 
宗教組織の偉い人が断食をして解脱した・・などの話しですね。

 
断食してもただ苦しいだけで、得るものはありません。

 
我慢をしても何も良いことはないのです。

 
波動が軽くなるということはまったくありません。

 

ではどうして宗教の修行などで断食などをするのでしょうか?

 
それは、断食をすると(餓死するかもしれないという


危機感を感じると)脳の中から快楽ホルモンが出るからです。

 
そのホルモンによって気分がとてもハイになったり


幻影や幻想を見たり、幻聴を聞いたりすることが起きてきます。

 
それを奇跡を感じたとか、神の存在を知ったなどと


思っているだけなのです。

 
そのような状態は精神性とはまったく関係ありません。

 
ただ、快楽ホルモンで通常の意識と違うものを


感じただけのことです。

 

あなた達は身体を持って体験したいと思って


自分で決めてテラに生まれてきました。

 
食べるということも楽しい体験です。

 
身体があるからこそ、食べるという楽しい体験ができるのです。

 
ですので、これから不食になる人がどんどん増えて来る


ということはありませんのでご安心ください。

 

食べることを楽しんでください。

 
何を食べても大丈夫です。あなたが欲している物を


あなたが満足できる形で楽しんでください。

 
こういう食べ方が正しいなどと言うことは一切ありません。

 
時間も量も回数もすべてあなたの身体に聞いて食べてください。

 
身体を維持するだけが食べることの目的ではありません。

 
こころも満足できるように食べてくださいね。

 

あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

波動が上がってくるとこれまで影響のあった食べ物(食品添加物てんこ盛りのもの

とか)は食べるとそれなりの影響があったと思いますが、それがなくなったという

ことでしょう。

一時期「不食」の話題が広がり私もいろいろ調べて見て食べなくとも生きられることを

知りましたが、そういう人はそれでもいいと思います。

余分なものを食べないので身体の調子が良くなったり睡眠が短くて済むようになった

というのもありますが、そもそも食べる楽しみを失くしてしまうことがそれほど

良いものなのか?という疑問がありトライするのは止めました。

普通の人は無理にやると逆効果になり身体を壊します。

一生食べないでいるくらいの覚悟があればいいのですが、ほとんどの人はやったり

やらなかったりと起伏が激しくなるのでそれがいけないのだろうと思います。

身体に大きな負担をかける結果になります。


また、食べるときにはその食べ物が自分に合うかどうかは舌の感覚がある程度

教えてくれます。

要するにまずいと感じたら食べなければいいだけです(笑)。

また、それ以上食べる必要のない状態のときも美味しく感じられません。

だから、身体は正直です。

その感覚に従って食べれば大丈夫と思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました