破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:自分を責めないで」

スポンサーリンク
善悪の基準 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:自分を責めないで」

今日の破・常識!

何かが起きたとき自分を責めないでください。

 
自分が悪いからと責めないでください。

 
お茶目にそのような考え方をしてしまっただけだ

と思ってください。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1556 自分を責めないで


「自分を責めないで」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
何かあなたにとって面白くない(大変な?辛い?悲しい?)


出来事が起きたとき、自分が悪いからだという


発想は手放してください。

 
自分が何か悪いことをしたからこのようなことが起きたのだ。

 
ある意味罰的な考えですね。

 
誰かが自分の行為を見ていて、それを罰するために


あなたにとって悪い現実になっている


・・それは宗教的な概念です。

 
カルマ?あなたがしたことがまわり廻ってあなたに返ってくる


・・という考えは、ある意味真実ですが


そこには大きな毒が入っているのです。

 
(毒という言葉は使いたくないのですが一番わかりやすいと

 
思いますのであえて毒という言葉を使います。)

 
誰かが審判してあなたに悪い現実を与えているという


宗教的な概念が毒となって、あなたからあなたの現実は


自分で創造しているのだという真実から遠ざけてしまう


という”毒”が入っているのです。

 
分かりますか?

 

そうなるとあなたは自分の人生のカギを


他の人に渡してしまうことになるのです。

 
自分で自分の人生を決めることが出来なくなります。

 
それがあなたの人生をあなたの手から


取りあげてしまう大きな毒なのです。

 
あなたが考えたことがあなたの現実になります。

 
それは波動エネルギーの真実です。

 
シンプルにあなたが考えたことが


あなたの現実を創造しているのです。

 
そこにはいい悪いという判断はありません。

 
だから、あなたが何か悪いことを考えたから


あなたに対して罰的なことが起きたのではないのです。

 
あなたの思考の傾向がそのような現実を創造したのです。

 
言葉でお伝えするのは難しいですね。

 

あなたが誰かに意地悪なことをしたとします。

 
分かった上でしたとします。

 
それを誰かが見ていて、この人はあの人に意地悪なことをしたから

 
ひどい現実になるようにしましょう・・と判断し


あなたの現実を決めることが出来る人はいないのです。

 
あなたが誰かに意地悪なことをして


それにたいして罪悪感などと持って、

 
そしてこんな意地悪な私にはひどいことが起きても仕方がない

 
と思えば、自分で自分を罰するような現実を創りだしてしまう


ということもあるのです。

 
あなたが誰かに意地悪なことをしたとしたら


それは意地悪な思考を持ったということになります。

 
意地悪な思考を誰かに向けるということは


自分にも向けてしまうということなのです。

 
だから、自分にも同じような意地悪(と感じる)


出来事が起きるのです。

 
あの人が貧乏になればいいのに・・と思うということは


自分も貧乏になればいいと思っているのと


同じことだということです。

 
思考のエネルギーは判断しません。

 
善悪も考えません。

 
だから、Aさんがが失敗すればいいのにとあなたが思うと


波動エネルギーは”Aさんが”というところだけで終わらず


あなた自身もそれを願っている事になってしまうのです。

 
”Aさんが”というよりも、あなたの中では”貧乏になればいい”


の方が大きく響くのです。

 
だから、”貧乏になればいい”という思考が


あなたにも向けられるという現象が起こり


あなたも貧乏になる現実になるのです。

 

あなたの思考があなたの現実を創造しているのです。

 
だから、カルマのように何か悪いことをしたから悪いことが起きた


・・のではなく、あなたが悪い(と思っている)ことが起きる


思考をしたから悪い(と思う)現実を創造しただけの事なのです。

 
だからあなたにとって良いことが起きて欲しいと思うならば


他の人にも良いことが起きればいいねって思ってください。

 
幸せになりたいと思ったら、他の人の幸せも一緒に喜んでください。

 
楽しくなりたかったら、他の人の楽しさも一緒に楽しんでください。

 
あなたに罰を与えられる人(存在)はいません。

 
あなたを裁くことが出来る人(存在)などいないのです。

 
あなた達が教えられている神のような存在はいないのです。

 
何かが起きたとき自分を責めないでください。

 
自分が悪いからと責めないでください。

 
お茶目にそのような考え方をしてしまっただけだと思ってください。

 
そしてもうその考え方はやめようと思ってください。

 
そして楽しい方向へ考えますと思考を切り替えてください。

 
そうすれば、あなたは自分の現実を


好きなものにすることが出来ます。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


 


ありがとう、アシュタール! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました