破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:だから露骨になってきた?」

スポンサーリンク
税金という搾取 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:だから露骨になってきた?」

今日の破・常識!

政府の上の人たちが、国民をどう見ているかを知った

その下の人たちは自分達も同じことをしていい

と思ってしまったのです。

だから露骨になってきたのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1559 だから露骨になってきた?

「だから、露骨になってきた?」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

真実を知ってください。

真実がわかれば考えることが出来るようになります。

あなた達の社会はピラミッド型の搾取システムです。

自然に出来たシステムではなく、最初から搾取を意図して作られた

システムなのです。

だから、あなた達庶民は豊かに幸せになることは出来ないのです。

最近はそれが露骨になってきました。

トップの人たちのやり方を見て、下の人たちもどんどんそれを露骨に

見習うようになって来たのです。

だから庶民たちの目によりつくようになって来たのです。

分かりますか?

少し前まではトップの人たちは庶民たちに気づかれることなく

ある意味こっそりと巧妙に搾取をしていたのですが、

その方法を下の人たちが堂々と真似をしはじめたということです。

政府の上の人たちが、国民をどう見ているかを知ったその下の人たちは

自分達も同じことをしていいと思ってしまったのです。

だから露骨になって来たのです。

言葉で説明するのは難しいですね。

国が搾取しているのだから、私たちもちょっとくらいいいでしょう・・

と考える人たちが増えて来たのです。

親がしているんだから・・ということで子ども達もそれをはじめると

いう感じでしょうか?

ただ親は上手にやっていますが、子ども達はやり方を覚えたばかりで

上手にわからないようにする技術?やり方?を知らないのです。

だからとても分かりやすく搾取をしようとしてしまいます。

親は気がつかれずやってるから、自分達がやっても誰も気がつかない

でしょうと思ってしまっているのです。

親は誰からも文句言われない・・だから自分たちも同じことをしても

良いんだと思ってしまっているのです。

(なかなか難しい微妙な表現ですが理解していただければ嬉しいです)

トップは数が少ないのです。

でもピラミッドの下に行くほど数が増えて行きます。

分かりますね・・

だからひとりが小さく搾取しても、数が多くなると大きな搾取になって

しまうのです。

その上やり方が粗雑になってしまうので、搾取されている人たちに

気がつかれやすくなってしまうのです。

もっと粗雑に搾取していただければ良いと思います。

アシュタールはなんてことを言うんですか?・・と思うかもしれませんが

もっと分かりやすく搾取してもらえれば、もっと搾取されていることに

気がつく人が増えてきます。

そして、もっとピラミッドの上の人たちにも目がいくようになります。

そして、ピラミッドのシステムの真実を知ることが出来るように

なるのです。

搾取されているということに気がつくことが出来れば、自分からその

システムから離れようと思えることが出来ます。

搾取されることを拒否することが出来るようになるのです。

自分で考えることが出来るようになるのです。

先ずは自分がひどい待遇を受けているということに気がつかなければ

先は考えられないのです。

自分がいま現在どのような待遇を受けているのか?

どうしてそのような待遇を受けなければいけないのか?

この疑問を持つことがとても重要なのです。

この疑問を持つことが出来たら考えることが出来るようになります。

あなた達は教育で思考停止にされてしまっています。

思考停止状態から思考を動かすには大きな刺激が必要になります。

それが搾取されているという自覚です。

理不尽な待遇を受けいてるという自覚です。

そのためにはいい傾向だと思ってください。

いろいろなことを知り怒りが出ると思います。

その怒りをパワーにしてください。

怒りを搾取している人たちに向けるのではなく、そこから離れる

ためのパワーにしてください。

怒りのエネルギーはとてもパワフルです。

怒りのエネルギーの方向を変えれば、あなた達は豊かで自由な世界を

自分で創造することが出来るのです。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

政府の搾取というのは昔からやってきたことでしょう。

別に今に始まったことではなくやり方が巧妙だったと思います。

そもそも彼らは集めた税金を国民のものだと思っていません。

国民が貢いだ(実際は預けたが正しいのですが)ものだから自分たちの

ものであって自由に使っていいものだと思っているはずです。

しかし、それだと国民からの不満が大きいので目だたないように

やっているだけです。

それには大義名分という口実が必ずついて回ります。

その最たるものが特別会計です。

特別会計を簡単に説明すると

仮に国民の健康を維持するための国家資格を新たに作ったとした

ときにはその資格を取得管理する特殊法人を作ります。

そして、特殊法人に上級官僚を重役として送り込みます。

いわゆる天下りです。

その特殊法人は次年度から予算化され補助金が配布されます。

その補助金の大部分は天下った重役の給与・退職金に充てられます。

わかりますか?

何もなかったところから国民の税金が本来必要にない人件費として

消えていくということです。

こうした例が全国に無数にあるはずです。

この流れを詳細に調べあげ税金の無駄を排そうとして殺されたのが

民主党の石井 紘基議員です。

この特別会計は複雑に絡み合い内容がわからないようになっています。

そのため、大臣でさえあるいは総理大臣でさえその実態は知らないのです。

もし、知っていれば殺されるでしょう。

私の推測ですが、このシステムは裏社会ともつながっているので

一つ排すると元の指示系統を出しているところに跳ね返ってくるため

絶対にその秘密を守ろうとしているようです。

何しろ特別会計は国家予算の2倍はあると言われ、バランスシートとか

とは無縁の世界です。

だから誰もいじれません。ただ、これまで構築されてきたシステムに

従って予算を消化するだけなのです。

これを崩せば日本国民はもっと経済的に楽な生活が出来るでしょう。

何しろ国家予算と特別会計合わせて400兆円近い税金の半分を納めなく

ともよくなりますからね。


今日のニュースなんか見ると国民のみなさんもだいぶ気付いてきましたね。

                   ↓

竹中平蔵は自民党から金を巻き上げる天才。ワクチン接種で今度は防衛省から中抜き、システム運用会社役員に“詐欺師”の名

ただ、これは表の予算ですからそれほど金額も大きくないのですが、やはり
彼はやりすぎたようですね。わかられてしまいました。
まあ、でもやり方は特殊法人と同じです。
新会社を作ってトンネル会社にしてお金を流すというやり方です。









コメント

タイトルとURLをコピーしました