世にも奇妙なふつーの話「アシュタール:現実を思い通りに動かすことができている人は・・・」

スポンサーリンク
行動 アセンション

世にも奇妙なふつーの話「アシュタール:現実を思い通りに動かすことができている人は・・・」

新刊本出来ました!


「新刊 出来ました!」
 
 
お待たせいたしました!
 
「身体を持って次の次元へ行く」シリーズ
 
1&2 が、やっと出来ましたぁ~^0^ /


 
本日5月25日よりアマゾンでの予約がはじまります!
 
うぇ~い^0^
 
全国の書店さんのご予約もOKです。
 
実際に書店に並ぶのは6月に入ってからになります。
 
 
以前出版したんだけど絶版になってしまった
 
「3000倍、引き寄せる。」「引き寄せの口ぐせ」
 
「夢を叶えたかったら、その夢に名前を付ければいいんです」
 
そして、今回書き上げた「身体を持って次の次元へ行く」
 
4作が入っています。
 
4作が2冊にまとまって、めちゃお得な本です^0^
 
 
えっと、絶版になったと言っても
 
売れなくて絶版になったわけじゃないんですよぉ~
 
前に出版してくれた出版社がなくなっちゃったから
 
増刷出来なくなっちゃったんです(汗)
 
絶版以降も読みたいっていう問い合わせをたくさんいただいてたので、
 
んじゃ、自分たちで出版しようということになったんです。
 
 
以前の本といっても内容は今でも十分使える情報が入っています、
 
というか今の方が理解しやすくて、使いやすいかもって思います。
 
私も改めて読み返して、そう思いました^^
 
 
1巻目に掲載している「3000倍、引き寄せる」は、
 
ボロボロで不機嫌な現実を創造していたミナミが、
 
どうやって思考を変えて今のような面白くてご機嫌な
 
現実を創造していったかの実話です。
 
 
そして、2巻目の「身体を持って次に次元へ行く」は
 
その後のミナミとあつしの活動を赤裸々に描いております^^
 
赤い本 旧「日本列島から日本人が消える日」が絶版になった
 
経緯も事細かくお話しています。
 
こう書くとなんか、私たち絶版ばかりですよねぇ~(爆)
 
でもそのおかげで出版社を創るということになったので
 
それで”すべて良し”だと思っています^^
 
出版社設立の裏話とか、いろいろ面白いですよぉ~。
 
 
今の混乱している世の中から、どうやってそっと離れて
 
私たちにとって新しく楽しい社会を創っていくかの
 
ヒントが盛りだくさんの本になっています。
 
 
是非お読みくださいね^^
 
そして、一緒に身体を持って次の次元へ行きましょうね~^0^
 
 
ご予約はこちらからお願いしま~す。
 
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 


ミナミAアシュタールRadio77



幽霊などと呼ばれる存在

vol.175 「幽霊などと呼ばれる存在」

vol.176「意味のないことは起きません」

ミナミAアシュタールRadio77「幽霊などと呼ばれる存在」

「現実を思い通りに動かすことが出来ている人は」by アシュタール

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。
 
行動するクセをつけてください。
 
すぐに動くという習慣です。
 
 
動かないと現実は変わりません。
 
そうですね。
 
それはわかりますね。
 
 
お腹がすいて何か食べたいと思ってもそのままじっと
 
していたら何も食べられませんね。
 
誰かが何かを持って来てくれるのを待っていても
 
自分で動かなければ食べることは出来ないのです。
 
もし、誰かが持って来てくれたとしてもそれが自分が
 
食べたい物かどうかはわかりません。
 
そして、いつになるかわかりません。
 
自分で好きな(食べたいと思う)ものを取りに行ってください。
 
どこかのレストランに電話をかけて食べたい物を注文する
 
事も行動です。
 
注文するからそこで待っていても食べることが出来るのです。
 
分かりますね。
 
 
何かしたいと思ったらすぐに動いてください。
 
何かしたいと思うことは閃きなのです。
 
本当に小さなことでも動いてください。
 
行動してください。
 
 
いまじゃなくてもいいでしょ、あとでも出来るでしょと
 
思いがちだと思いますが、タイミングがあるのです。
 
何かしたいと思う時がタイミングなのです。
 
 
閃き、直感というとたいそうに聞こえるかもしれませんが
 
水が飲みたいと思うのも閃き、直感なのです。
 
水が飲みたいと思うのは何かのサインです。
 
のどが渇いているという身体からのサインかもしれませんし、
 
水を汲みに行く過程で何か見つけることが出来るという
 
サインかもしれないのです。
 
それは動いてみなければわからないのです。
 
 
現実を思い通りに動かす(創造する)事が出来ている人は
 
動いている人なのです。
 
すぐに行動にうつす習慣を持っている人なのです。
 
小さなことでもパッと動くことが出来るという事です。
 
 
小さな行動が後に大きな変化につながることもあります。
 
その時にこれは小さなことだから後からでも出来ると思って
 
しまうとその時のタイミングを外してしまう事にも
 
なりかねないのです。
 
 
パッと何か思いついたらすぐに動く習慣をつけてください。
 
そうすれば動くことが億劫にならなくなります。
 
勝手に身体が動いているという状態になります。
 
そうなるとどんなことでも動くことが出来るようになります。
 
 
反対にパッと何かが閃いたのに(何かしたいと思ったのに)
 
しないでいることに違和感を感じるようになります。
 
何だか動かない事でムズムズした感じになってきます。
 
 
行動しなければ現実は動きません。
 
行動するクセをつけてください。
 
あとでしようと思うくセをつけてしまうといつまでも
 
あとでしようと思ってしまい、いつまでも行動出来なく
 
なります。
 
どうして私はいつも思うようにいかないのでしょうか?と
 
思うならばすぐに行動しているかどうかを考えてみてください。
 
 
何かしたいと思いながらそんなことはいつでも出来ると
 
思っていませんか?
 
 
あとでしようと思って行動しないうちにタイミングを
 
逃してしまい出来なくなってしまうのです。
 
そうなるとその時にいくら動いてもその現実は創造出来なく
 
なってしまいます。
 
 
パッと動いてみて、これは違うなと思ったらすぐにやめれば
 
いいのです。
 
止めるという事も行動なのですから。
 
 
とにかくどんなに小さな思いつきでも動いてみてください。
 
動く事、行動することが物質世界での思考を現実化する
 
ためには必要なのです。
 
 
あなたに愛をこめてお伝えいたします。」
 
 


ありがとう、アシュタール! 感謝します。  

マイコメント


現実をうまく動かすためには行動することが大事です。

私なんかは思いついたら、あるいはひらめいたら即行動してます。

だから、現実化のスピードがこれまでよりも早くなりました。

頭でこうなりたいとか、こうなっていると思っているだけでは

現実化しません。

必ずな何らかのアクションが必要です。

良く成功本などに壁に願い事を書き、毎日それを暗唱していたら

成功したという体験談が載っていたりしますが、そういう場合でも

何かのひらめきが湧き、そのときに行動を起こして現実に結び付けて

います。

たいていの人は最初の紙に書く暗唱するだけで終わってしまってます。

その問題点は書いたり暗唱したりした後で起きてくるひらめきや

思い浮かぶことを行動に移していないからです。

そこで止まっていて、向こうからやってくるのを待っているからです。

たとえば突然宝くじが当たるとかですが、これはもう数万分の一の

確率ですので望む方が難しいことです。

そんなことではなく、日常生活の中で起こる様々なことに関することで

いいだろうと思います。

それを積み重ねていけば成功するコツもつかめてくるはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました