世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:宇宙人には病気の苦しみってわからないのかな?」

スポンサーリンク
カロリー計算 アセンション

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:宇宙人には病気の苦しみってわからないのかな?」

ミナミAアシュタールRadio106

思考を刺激してください」

vol.233 「もう、うんざり!」…そして反転!
vol.234 「思考を刺激してください」

肉体の無い宇宙人には病気の苦しみって分からないのかな?

ミナミAアシュタール radio  103
 
「どうしたら痩せられますか?」に以下のコメントを
 
いただきました^^
 
ありがとうございま~す^0^
 
 
 
美醜で言うとその通り、健康なら太ってても良い。
 
太ってる人に他人がどうこう言うのは違うと思うけど。
 
だけど、食べたいもの食べて糖尿病になったら、
 
腎臓にも支障きたして透析に通わないと行けないのは嫌だし。
 
毛細血管の循環、手足の循環が悪くなるのも嫌ですよね。。
 
あと、膝も悪くして自分で歩けなくなるのはやっぱり辛い。
 
病気の本人が病気のままでいいって事なら自由の尊重だから
 
いいでしょうって事言いたいのかな?
 
糖尿病になりたくないから食事に気をつけるのは意味ないって
 
言ってる訳じゃないよね?
 
それなら分かるんですけど。
 
私はこのチャンネル大好きで常に見ていますよ✨
 
でも、肉体の無い宇宙人には病気の苦しみって分からないのかな
 
と思う時があります。
 
病気でも幸せでいられるとは思いますが私は健康で
 
居たいから食事は気をつけます😅気に病まない程度に。
 
 
 
このコメントに少しアシュタールがお話したいということなので
 
お伝えしますね^^

「宇宙人には病気の苦しみってわからないのかな?」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します
 
食べたい物を食べたいだけ食べれば病気になるということは
 
ありません。
 
食べたい物を食べたいだけ食べたら太るということもないのです。
 
 
そう思わされてしまっているだけです。
 
そして、そのようになるとしたら、それは食べ方が違うのです。
 
食べたい物を食べたいだけ、楽しく気持ちよく食べていれば
 
自分の限界を超えてまで食べることはありません。
 
太ったり、病気になったりするまで食べることはないのです。
 
身体が欲しないものを食べることはないのです。
 
 
楽しく気持ちよく食べているとご機嫌さんでいられます。
 
だから、身体が程よく感じるところで満足できるのです。
 
だから、身体をこわすほどまで食べることはありません。
 
 
身体をこわしてしまうほど食べるのは、食べたいから
 
食べるのではなく、欲求不満を解消するための行為です。
 
食べることで常に我慢していることを解消しようとしている
 
ということです。
 
我慢して不足しているエネルギーを食べるということで解消
 
しようとしているので、身体の限界が分からなくなってしまうのです。
 
だから、病気になったり太りすぎたりしてしまうのです。
 
分かりますか?
 
 
気持ちよく楽しく食べていたら身体の限界を超えてまで
 
食べるということに執着しません。
 
だから病気になったり、自分の身体の適正範囲を超えるほど
 
太ったりすることはないのです。
 
 
あなた達はエネルギー不足を補うために何かに依存して
 
それで欲求不満(エネルギー不足)を解消しようとします。
 
お酒で解消しようとする人はアルコール中毒と呼ばれる症状に
 
なります。
 
ギャンブルで解消しようとするとギャンブル依存症と呼ばれる
 
ようになるのです。
 
お酒が美味しくて飲むのでなく普段の生活、我慢から逃げようと
 
するので酔うこと、忘れることだけが目的となり中毒のように
 
なるのです。
 
ギャンブルもそうですね。
 
 
同じように食べることに逃げることもあります。
 
イヤな事やツラいことがあったときに以上に食欲がわくという
 
方もいらっしゃいます。
 
食べると一時的に本能的な満足を得られます。
 
快楽ホルモンが出ますのでイヤな事や我慢を忘れることが
 
出来るのです。
 
だから、身体が要求していない時でも食べたいと思うのです。
 
そういう食べ方をすると病気になるのはわかりますね。
 
 
太るということもそうです。
 
太るから食べていはいけないと制限をかけると欲求不満になり
 
エネルギーが不足するのでもっと食べたくなります。
 
もっと食べたいという欲求と食べてはいけないという制限の
 
中で我慢と罪悪感からエネルギーがどんどん不足して精神的に
 
バランスを崩してしまうのです。
 
 
好きなだけ気持ちよく食べることを自分に許可すれば
 
自分の身体の適正な範囲を超えてまで太ることはありません。
 
適正な範囲というのは身体の個性です。
 
一般的に適正と言われている数字とは関係ありません。
 
そういう数字で考えるからおかしくなるのです。
 
その人の身体の個性に合った体重というものがあります。
 
その体重でいれば、その体形でいれば、健康なのです。
 
それをムリに違う(合わない)体重にしようとしたり、
 
違う体形にしようとするから身体もこころもバランスを崩して
 
しまい病気になったりするのです。
 
 
心配しているような病気になりたくないと思うならば
 
食べたい物を食べたいだけ気持ちよく楽しんで食べてください。
 
そこに罪悪感や制限をかけないでください。
 
病気にならないために、太らないためにと食べたい物を制限
 
したり、食べることに罪悪感を感じることの方が病気になる
 
ということです。
 
 
食べることに対してあなた達は大きな刷り込みをされています。
 
好きなことを楽しんでご機嫌さんでいてください。
 
そうすれば食べることや、お酒や、ギャンブルなどに依存したり
 
中毒のようになったりすることはなくなります。
 
 
理解していただきましたでしょうか?
 
 
あなたに愛をこめてお伝えいたします。」
 
 
 

ありがとう、アシュタール! 感謝します。  


コメント

タイトルとURLをコピーしました