コロナワクチン接種2回目から3日後の細胞内にマイクロチップが…

スポンサーリンク
ワクチン接種券 コロナワクチン

コロナワクチン接種2回目から3日後の細胞内にマイクロチップが…

実写:ワクチンを打った後の細胞の様子

これは、ワクチン2回目を打たれて3日後の細胞内を見てみると新型コロナのワクチンは、実は人々の思考を監視するためのマイクロチップを移植する為のワクチンです!陰謀論と片付けられてますが! 現実に存在した 電波に反応して色までかわったり回転したり! 人間ロボット🤖計画が実行されてる
 




 

ワクチン接種会場はガラガラ

マイコメント

先日の異物混入ニュースが流れたあたりから状況がガラッと変わったみたいですね。
やっと国民もおかしいと思い始めたようです。

ワクチンについては内容物の違いによって10種類くらいのものがあるという書き込みも
あるので、すべてのワクチンに今回紹介したマイクロチップが入っているというわけでは
ないように思います。

従って

1.酸化グラフェン入り
2.マイクトチップ入り
3.m-RNA入り
4.生理食塩水入り
5.その他の成分
6.上記の濃度を変えたもの
7.上記の何種類かを混合したもの

などだろうと思われます。
そのため、打った人はどれが当たったかはわかりません。
それがわかるのはロット番号で管理している製薬会社だけです。
ワクチン接種した人はどのロットをわかるようになっています。



彼らは実験しているのです。
どのやり方が一番私たちをコントロールでき、かつ人口を減らせるのかを・・・。

だから、一番いいのは何度も書いてきましたがワクチンを打たないことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました