チャールズ・ホフ博士「(ワクチン接種者の)ほとんどの人が血栓を発症していても自覚症状がない」

スポンサーリンク
コロナワクチン コロナワクチン

チャールズ・ホフ博士「(ワクチン接種者の)ほとんどの人が血栓を発症しているにも関わらず、自分ではまったく気づかない」「これらのワクチンは永久的な損傷を引き起こしている。そして、最悪の事態はまだ続いている」

竹下雅敏氏からの情報

 チャールズ・ホフ博士の「ワクチン接種者の血栓症について」の洞察は、7月24日の記事で取り上げました。

 ワクチンの25%だけが実際に腕に残り、残りの75 パーセントはリンパ系によって集められ、循環系に送り込まれ全身に供給される。細胞に吸収されたmRNAから多くのスパイクタンパク質が生成され、その結果、血液がスムーズに流れるように滑らかになっているはずの血管内皮の細胞が、目の粗い紙やすりのようになってしまう。このため、ワクチン接種者の毛細血管網は血小板の働きによって、微細な血栓ができる。チャールズ・ホフ博士は、Dダイマーテストを使用して調べたところ、“患者の62%にこの微細な血栓が認められた”という事でした。

 3つ目の動画で、「ほとんどの人が血栓を発症しているにも関わらず、自分ではまったく気づかない…心臓、脳、脊髄、肺など、あなたの体の特定の部分が再生されず、血管が詰まってこれらの組織が損傷を受けると後遺症が残ってしまう」と言っています。

 また、4つ目の動画では、「これらのワクチンは永久的な損傷を引き起こしている。そして、最悪の事態はまだ続いている」と警告しているのですが、政府はワクチンに対するこうした懸念に対して、きちんと説明する必要があります。

 さて、こちらの記事では、チャールズ・ホフ博士はブリティッシュコロンビア州で28年間家庭医をして来たが、6月30日の火災で町のほとんどが焼失し、モンテ・レイクに住居を構えた。ところが、8月5日に起きた火災によって、この地域の28軒の家と1軒の会社が焼失した。この時の記事のタイトルでは、「自宅が焼失」となっていましたが、それは誤報で、“ホフ博士の自宅は火災を免れた”とのことです。

 まさか、ワクチンに関してあまりにも核心を突いた発言をすると、続けて2回も大火事に見舞われると言うような事はないですよね。

(竹下雅敏)

Twitterから

ヒマラヤ東京サクラ🌸 on GETTR
mRNAワクチンが人体の細胞に与える影響 (1/5)

ヒマラヤ東京サクラ🌸 on GETTR
mRNAワクチンが人体の細胞に与える影響 (2/5)
ヒマラヤ東京サクラ🌸 on GETTR
mRNAワクチンが人体の細胞に与える影響 (3/5)
ヒマラヤ東京サクラ🌸 on GETTR
mRNAワクチンが人体の細胞に与える影響 (4/5)
ヒマラヤ東京サクラ🌸 on GETTR
mRNAワクチンが人体の細胞に与える影響 (5/5)

BC州火災の最新情報:Hoffe氏の家は残り、Karen氏の家は消失

ホフ氏の募金ページは削除された。ホフ氏はWestern Standard社に対し、火災は彼の家には到達していないと語っている。
引用元)


BC州モンテ・レイクで発生した森林火災により、28軒の住宅と1軒の企業が焼失しましたが、チャールズ・ホーフェ医師の家はその一つではありませんでした。
(中略)
6月下旬、Lytton Creek地区で火災が発生し、最終的にはホフが28年間家庭医をしていた町の90%が焼失しました。
 
ホフはモンテ・レイク地区に移転したが、8月に火災が発生し、28軒の家屋と1軒の会社が焼失した。
(中略)
Hoffe氏は、COVID-19の予防接種について、重篤な副作用を受けた患者がいたことから懸念を表明しました。BC州医師・外科医協会からの警告書を受けても彼は黙っておらず、BC州の公衆衛生責任者であるボニー・ヘンリーに公開書簡を書いたこともある。
 
その後、彼は地元の救急病棟から出入り禁止となった。その後、彼はDダイマー検査でCOVID-19のワクチンを接種した人の62%に血栓を発見した。
(以下略)

マイコメント

ワクチンの血栓症状を告発したホフ博士の家が火災を免れたことは幸いでしたが、それに近い
ことが起きたわけで、それはとどのつまりこの問題を表面化するなという警告だったのでしょう。

故にワクチンによって血栓が発生することは間違いのない事実だということです。

これから数年かけて血栓の影響が様々な症状となって表面化してくると思いますが、問題は
数年経ってしまうとそれがワクチンの後遺症なのかどうか判然としなくなることです。
そういう点ではかなり巧妙に計算されて作製されたワクチンだと言えます。

しかし、症状が出た時点ではもう遅いということになります。
私たちはこの問題にこれからどう対処するのでしょうか?
ファイザー社やモデルナ社を訴えたとしても健康の回復は難しいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました