ファイザー社のワクチンの中から「アレ」が見つかった! ~アルミニウムと臭素と炭素で出来ていて、頭は20ミクロン、触手の長さは2.5mmになる「未知の生命体」

スポンサーリンク
未知の生物 コロナワクチン

ファイザー社のワクチンの中から「アレ」が見つかった! ~アルミニウムと臭素と炭素で出来ていて、頭は20ミクロン、触手の長さは2.5mmになる「未知の生命体」

竹下雅敏氏からの情報

 ファイザー社のワクチンには、様々なタイプがあるようで、ワクチンを5本入手したところ、“2本は食塩水、もう2本は酸化グラフェンのみ”であり、残りの1本の中に、「アレ」が見つかったというのです。「アレ」は、頭のようなものに3本のしっぽのようなものがついており、“初めは卵のような状態で、酸化グラフェンに触れると頭としっぽが出てきて、酸化グラフェンが室温になると増えるらしい。アルミニウムと臭素と炭素で出来ていて、生き物のようなものだ”というのです。

 冒頭の動画の4分25秒のところでフランク・ザレウスキ博士は、“「アレ」はワクチンに含まれていて、人々に投与されていますが、その時は卵の状態です。…卵には適切な環境が必要なのです。…だからワクチンの中には卵に栄養を与えるグラフェンが添加されているのです。…そのようなものがあなたの中で成長していくのです。そして頭は20ミクロン、触手の長さは2.5mmになります。これは生命体です”と言っています。

 絵入り餡(えいりあん)なら美味しそうですが、これはちょっと…。アルミニウムと臭素と炭素で出来ている「未知の生命体」だというのです。ワクチンを打ってしまった人は、精神衛生上の観点から、「自分のは食塩水だった」と信じるのが得策ではないかと思われますが、「アレ」が本当に生命体ならヤバイです。

 “続きはこちらから”の「ファイザーワクチン内の謎の生物動画」でも、ワクチンの中身について、「この動く粒子は何ですか?」の問いかけに対し、「これらはすべて生きた細胞です」と答えています。「これはワクチンの中にある生物なのです」と言うのです。この「生物」と「アレ」が同じものなのかどうかは、分かりません。いずれにせよ、ファイザー社のワクチンには、とんでもないものが入っているようです。

 読者の方からの情報提供ですが、「パブロ・カンプラ・マドリッド博士によるCOVID mRNAワクチンにおける微生物群の観察」という記事には、“ファイザー社、アストラゼネカ社、ヤンセン社、モデルナ社の各研究所から提供されたワクチン接種用バイアルに含まれる微生物群”が取り上げられており、この中でファイザー社のワクチンの中身についてセビジャノ博士は、「胞子とか卵とか。そのようなものです。胚芽の生命。つまり、ある時点で孵化するかもしれない何かのように見えます」と言っています。

 ワクチンを打った人に伝えるには、“5本の中で2本は食塩水だった”という前置きが必要かも知れませんね。

(竹下雅敏)

SHARE!!!打った人は見ないで!チーンの瓶から発見された別の生命体!!!

配信元) rumble 21/10/15 OyakiTaiyaki

ファイザーワクチン内の謎の生物動画😱😱😱

配信元) rumble 21/10/14 Mayo97

マイコメント

最近はYoutube動画がワクチンに関する動画を締め出しましたのでrumble動画で報告される
ことが多くなりましたが、残念ながらWPではこの動画を取り込めないので取り込んだものを
掲載しています。そのため、動画の一部が欠けていたりする部分があることをご了承ください。

それにしても、これらの生き物は何なんでしょうか?
こんなものをワクチンで入れられた人は将来身体がどのように変化していくのでしょうか?

私が思うに、これらの生物は身体を乗っ取るためにあるのだろうと思います。
まるでどこかの異星人の知恵を借りて持って来た生物のように見えます。
この地球上のものではないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました