ひらがな「ぬ」を廃止へ 使用率低下で決断

スポンサーリンク
「ぬ」廃止 社会問題

ひらがな「ぬ」を廃止へ 使用率低下で決断

「ぬ」と「を」が消えると日本語が崩壊するかも

国語政策会議は28日、ひらがなの「ぬ」を廃止する方針を決めた。使用率が低下していることが要因で、「使用しないよう呼びかけていく」という。

同会議によると、「ぬ」を使った文章や固有名詞の利用率は年々低下。70年代には50%だったが、90年代には20%を割り込み、00年代に入ってからは5%以下で推移している。

毎年調査される「好きなひらがなランキング」でも20年連続トップ49圏外。「しりとりでも何か使いづらい」「形が卑猥で子どもに見せたくない」といった声が多く聞かれるなど、「日本人の『ぬ』離れ」が深刻だ。こうした状況を受け、同会議では「『ぬ』が無くてもやっていける」と判断した。

今後、「ぬるぬる」は「めるめる」、「ぬきさしならない」は「のっぴきならない」、「さぬきうどん」は「香川県民の主食」または「さなぉきうどん」、「ぬあでぃぶー」は「モーリタニア西部の港湾都市」など書き換え・言い換えを全国民に要請する。議論は「ぬーど」の取り扱いで紛糾する一幕もあったというが、「裸」で統一することで一致した。

議長を務めた沼津吾郎氏(沼田産業大学文学部教授)は、「『ぬ』の廃止は長年の課題で、解決したことは喜ばしい」とした上で、「ぬか喜びにならないように言い換えを徹底する事が大事だ」と総括。その直後に「あてが外れて、後でがっかりするような一時の喜びにならないように言い換えを徹底する事が大事だ」とコメントし直した。

将来的には発音が似ている「を」を「お」に言い換える構想もあり、実現すれば頭の悪そうな文章お読むことになりそうだ。

マイコメント

「さぬきうどん」が「さなぉきうどん」になったら様にならないでしょ!

その他「ぬるい」「ぬくもり」「ぬま」「ぬめり」「おぬし」「しぬまで」などの言葉を
どう言い換えるというんでしょう。

「を」を「お」に至っては信じられないの一言です。

「文を読む」が「文お読む」になったり、「漢字を使いなさい」が「漢字お使いなさい」に
なるなど現時点でも「を」と「お」の使い分けが必要だと思うのですが・・・。

「漢字を使いなさい」は「漢字を」と「使いなさい」の二語で目的と動詞に区分されるのが
「漢字お使いなさい」では「漢字」「お使いなさい」と命令形に変わっていくでしょう。
ずいぶんと乱暴な日本語になってしまいます。

これでは日本語が崩壊するでしょう。
国語政策会議の方々は日本人を劣化させる方向を考えているんでしょうね。
そんなことは受け入れられません。

コメント

  1. 豆千代 より:

    名前や地名などはどうするのですかね?

    • hide229406 より:

      豆千代 様

      各地の地名まで無理やり変えると言うことはないと思いますが
      日常生活だけにしても無理そうだと思います。

タイトルとURLをコピーしました