破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:何のための国、何のための政府?」

スポンサーリンク
国会予算審議 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:何のための国、何のための政府?」

今日の破・常識!

何のための国、何のための政府・・ということを

考えることが出来るようになれば、

必ず次の社会を創り出すアイディアがたくさんわいてきます。

そのアイディアを実行していけば

新しい社会を創造することが出来るのです。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

vol. 1163 何のための国、何のための政府

 

「何のための国、何のための政府?」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

たくさんのことが表面にあらわれて来ています。

それはいつもお伝えしていますが、チャンスなのです。

いままで絶対なものだと、絶対に揺らぐことはないと

信じてきたもの(こと)が信じてもいいのでしょうか?

に変わることが出来たのです。

そして、考えることが出来るようになったのです。

これは素晴らしいことです。


先ず、国、政府とは何なのでしょうか?

そもそもいつもお伝えしているように、国、政府は

ピラミッド構造をしています。

ピラミッドシステムはピラミッドのトップの人たちが

利益を得るように意図して創られたシステムなのです。

搾取のためのシステムなのです。

だから、庶民のことなどまったく考えていません。

庶民の幸せなどまったく考えていないのです。

彼らトップの人たちが考えているのは、

どうやって自分の利益を増やすかということだけなのです。

これはここ最近のトップの人たちの

行動を見ているとお分かりになると思います。

これは日本に限らず世界のピラミッドシステムの国

政府みんな同じです。

世界は大きなピラミッドの中に

たくさんの小さなピラミッドが入っている状態なのです。

だから、最終的には大きなピラミッドのトップのところに

すべての利益(お金や富だけではなくエネルギーも)が

行くようになっているのです。

そして、最近はその小さなピラミッドを潰して

大きなピラミッドだけで世界を統一しようとする動きが

大きく表面に出てきているということなのです。

アトランティスの頃のような世界統一政府が目的です。

ここまではいつもお話ししているので

ご理解いただけていると思います。

では、表面上の国、政府とはどういうものかということを

整理していきたいと思います。

表面上日本は民主主義です。

民主主義というのは表面上はすべての国民は平等です・・・

そして、みんなに選ばれた人が議員(政治家)となって

国、政府を動かして行くというシステムです。

だから、国民には選挙権があるのです・・

だから選挙で選ばれた人は民意を代表しているのです

という名目になります。

でも、民主主義というのは数の論理です。

数が多い方の意見を聞くということです。

数が少なければ意見は通らないということですね。

だから、議員たちは数が欲しくて仕方がないのです。

数さえ自分のものになれば何でもできるということになりますから。

そうですね・・ここまでは大丈夫でしょうか?


そして、国、政府の表面上の役割はなんでしょうか?

ざっくりとシンプルにお話ししますと・・・

国民に選ばれた議員(政治家)が

税金の分配を決めるのが役割ですね。

国として税金を徴収し、その税金をどうやってどこに分配するか・・

それを決めて行くのが議員(政治家)たちの役割です。

税金はみんなのために使う・・これは原則です。

国民の誰かが困った時にみんなで(社会保障として)

助け合うことが出来るように、

国民が必要だと思うもの(橋だとか道路だとか病院だとか)を

創るためにみんなが税金というお金を寄せ合っているのです。

そうですね・・でも、実際はどうでしょうか?


国民のためには使われていないという印象が

大きくなっているのではないでしょうか?

政府の役人や政治家の人たちがまるで自分のお金だと勘違いして

彼らのの好きなように使われてしまって税金の大前提である・・

国民同士で助け合うために・・という概念がまったく抜け落ちて

しまっていると思う方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

というか、税金が自分達のお金だという認識さえも

持っていない方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

ならば、どうして国、政府が必要なのでしょうか?

自分達国民のことを何も考えず、税金ばかりとられて(搾取されて)

いざという時にも何もしてくれない・・そ

んな国、政府が国民(庶民)には必要なのでしょうか?

国がなければ国民は生きていけない・・と

思わされてしまっているだけではないでしょうか?

アシュタールはなんて過激なことを言うのですか?と

思うかもしれませんが、原則を考えてみてください。

何かあったら国民を守る・・という約束があるから

国民も税金を払っているのではないですか?

その約束を反故にする国、政府は必要なのでしょうか?・・と

疑問を持っていただきたいのです。

では、国、政府がなくなったらどうしたらいいのですか?・・

と不安になるかもしれませんが、先ほどからお伝えしている

原則を思い出してください。

国、政府は人々の助け合いが基本です。

困った人がいればその人に手を差し伸べるために

みんなで税金として国、政府にお金を預けているのです。

税金は預けているお金です・・そのことを思い出してください。

税金はあなた達国民(庶民)のお金です。

彼ら支配者たちのお金ではありません。

国、政府に助けていただくのではなく

預けているお金をここに使ってちょうだいと

言っているだけなのです。

ならば、国などという大きな単位ではなく、もっと小さな単位で

創り直せばいいのではないでしょうか?

小さな単位でグループを作り(これはピラミッドの組織の

ようなものではなく、横並びの丸いものです)

そのグループの中でお金を出し合っていけば

いいのではないでしょうか?

そのグループの中で病気になった人がいれば手を貸し合い

子どもを預けるところがなければ

グループの中に託児所のような所を作り

橋が必要ならグループの中でお金を出し合って

橋を創れる人に預けやってもらうということをして行けば

何も困らないのです。どこに保育所を作るとか

橋を作るとかはみんなで協議しあい決めればいいのです。

そして、お金の流れもみんなが把握できますので

明確にすることが出来ます。

真っ黒に塗りつぶした報告書など

絶対に出すことは出来ないのです。

大きすぎるから訳が分からなくなるのです。

小さなグループでやっていけば、何も困ることはありません。

困るどころかどこにどのくらい使ったかをはっきりわかるだけ

気持ちの良いやり取りが出来るようになります。

小さなグループも気の合った人たちで創れば

もっと楽しいことが出来ます。

気の合った人たちですから

意見もそんなに分かれることもありません。

スムーズに話し合いが出来るのです。

小さなグループで、いま国、政府がしていることをして行ってください。

みんなで手を貸し合っていく・・それが国、政府の原則なのです。

それを忘れてしまったなら

その国、政府は必要ないということなります。

ならば、国、政府の根幹を支えているあなた達が

新しい社会を創ってください。

国、政府が存在出来るのは、国民、庶民と呼ばれる

あなた達がいるからなのです。

それを忘れないでください。

あなた達庶民がいればいまの国、政府がなくなっても

何も困らないのです。

困るのは国、政府を動かしている(と思っている)

役人や政治家なのです。

主は国民、庶民なのです。

ならば、あなた達で創りなおすことが出来るのです。

小さなグループを創り、その中で話をしながら手を貸し合う・・

それだけで十分豊かに楽しい社会が出来るのです。

そうすれば、最終的にはお金という概念もなくなります。

お金も必要無くなるのです。

国、政府は強大な権力を持っているので

そんなことをしたら潰されてしまいます・・

と思うかもしれませんが、

あなた達一人一人がその権力に従いませんと

宣言すれば国、政府は何も出来なくなります。

たくさんのグループが出来ていけば、

彼らは何も出来なくなってしまうのです。

何のために国、政府があるのかという基本的なことを思い出して

そして、この国、政府に疑問を感じるのならば次を考えてください。

何のための国、何のための政府・・ということを

考えることが出来るようになれば、

必ず次の社会を創り出すアイディアがたくさんわいてきます。

そのアイディアを実行していけば

新しい社会を創造することが出来るのです。

最初から出来ないと思わないでください。

思考が先、現実はあと・・・です。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

いったい、何のために税金を払っているのか?

と、日本国民の多くが感じ始めていると思います。

政府は仕事を止めなさい、人を減らしなさい、お店の営業時間を短縮しなさい

出歩かないでください、などといろんな形で要請してますが、

会社の仕事を止めて減った売り上げはどうするの?

学校を休めと言うのは良いけど、子どもの面倒見ないといけないから仕事に

行けない、その減った収入はどうするの?

お店の営業時間を短縮するのは良いとしてお金が入ってこない。

もろもろ減った収入をどうすればいいの?

私たちの払った税金で何とかするべきでしょう。

 

そう思っているはずです。

ところが、国と政府は「これは要請であって命令ではないので国がその

補償をする必要はないし、する気はありません」と居丈高に言います。

口は出すけどカネは出さないというのが政府の姿勢です。

 

そんなアホなアメリカは今日から国民にお金を配ってますよ!

韓国だって配ってますよ!

なのに、日本はここまでドケチだったとは!

と、多くの国民に怒りが渦巻いています。

 

そのせいでしょうか?

昨日発表された政権支持率は急落して38%です。

他の報道では非支持率が38%以下なのに、NHKだけは39%と1%だけ

上回る数字でした。これってNHKの国に対する忖度ですね。

もう、放送が流れた時点でみなさんわかったでしょう。

国とかNHKは信じられる機関ではないことが・・・。

 

まさに、何のために国、何のための政府?です。

国民が困った時に何とかしてくれるのが国であり政府でしょう。

マスクを国民に2枚配るのに200億円と言っていたのが、さあ配るぞと

なったら予算が466億円だって。差分の266億円はどこに行くの?

おまけに1枚ずつ2回に分けて配るらしい。

今、ゆうちょは経営が厳しく人員整理という方針さえ出てるくらいなので

郵便を活用して支えてあげたいということなんでしょうか?

身内は助けるけど、国民は助けないという根性ありありです。

 

困窮する国民一人に30万円上げますって言ったって、もらえるのは2割だけ。

それも厳しい条件付きで自己申告性だって。

企業への補助金も申請しなければもらえないけど、その書類がなんと50頁

もあると言うんだから、この国は何とかして払うお金をけちりたいとしか

考えていないことが丸見えです。

今まで申請した会社が全国で30社あったらしいが、認められたのは

たった1社。そして、認められても支給は半年後だとか・・・。

その間に会社潰れてます。

極め付きは、先日の会議で自民党議員が今回のコロナウイルスで潰れる会社は

潰れてもらうつもりだと発言したとか・・・。

30万円の補助金だって、最初一人10万円支給という提案をしたら

ほとんどの議員が「働かざる者食うべからず:と反対し、提案は没に

されたという。

 

そうした国民の声に怖れをなしたのか、今日になって議員の歳費返納とか

安倍総理が3割給与を返納しているとかというニュースが流れました。

 

そんなやってますポーズより大事なのは国民の救済でしょう。

何考えてんだか・・・。はっきり言って思考が国民の反対です。

 

以前にも書きましたが、小林よしのり氏が国民よ大手を振って出て歩きなさい

というのが本筋です。国が面倒見ないのなら言うこと聞く必要ありません。

この小林氏の発言も圧力がかかったようで、あれ以来全く見なくなりました。

 

以上、いろいろありますが、政府は役立たずというのがわかりましたね。

今、日本国民は潜在的なものも含めて収入の49%が税金だそうです。

実に半分ですよ。半分が政府に吸収されてますが、その中の半分は議員や

官僚、公務員、半官半民団体に持ってかれていて、国民に還元されてない

ということです。

なれば、今の税金を半分に減らしてもこの国は十分やっていける計算に

なります。無駄遣いの方が多いのです。

全国民上げて税金不払い運動をするのが最良の方法です。

全国民がやれば怖いものはありません。

彼らを日干しにして潰してしまった方が良いと思っている人もどんどん

出てくるでしょう。

 

それと同時に各地域で連合組織を作り、自分たちのための仲間づくりを

進めていくべきです。

これからは政府にに頼らず自治的組織を立ち上げる運動が出てくるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました