破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:得意なことだけをする」

スポンサーリンク
2020年冬ドラマ アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:得意なことだけをする」

今日の破・常識!

得意なことだけをする。

それだけで、あなたも、あなたの社会も大きく変わります。

自信に満ちあふれた社会になるのです。

エネルギーに満ちあふれた社会になるのです。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

vol. 1204 得意なことだけをする

「得意なことだけをする」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

得意なことだけをしていてください。

苦手なことにエネルギーを使う必要はありません。

あなたが苦手なことは、それを得意とする人に

お任せすればいいのです。

苦手なこと、出来ないことは、恥ずかしいことではありません。

ただ興味がないだけのことです。

興味がないことは、興味がありませんので

うまく出来る訳がないのです。

興味がないのに、ムリにしようとしてもムリなのです。

分かりますね。


出来ないこと、苦手なことを克服しようなんて思う必要はないのです。

克服するためにそればかりをするなんてとてもナンセンスです。

たとえば数学は得意だけど、英語は苦手・・

ならば、数学だけを楽しんでいてください。

数学は得意だからほっといて

苦手な英語にエネルギーをかけなさい・・

そう学校では教えます。

それは、すべて出来なくてはいけない・・

という刷り込みなのです。

そんなことばかりしていたら

あなた達のセルフイメージは下がるばかりです。

得意なことをどんどんやって、もっと得意になってください。

そうすれば、セルフイメージも元に戻ります。

自分に自信が湧いてきます。

勉強のことだけでなく、すべてにおいてそうです。

生活の中で得意なことだけをしてください。

苦手なことを克服しようとすると、不機嫌になりますので

エネルギー不足になってしまいます。

波動エネルギーの観点から見て、とても損なことなのです。


得意なことはありません・・そんなことは絶対にありません。

必ずだれでも得意なことはいくつもあるのです。

でも、不得手なことばかりにフォーカスするように

教育されてしまったので、

得意なことを見落としてしまっているだけです。

それから、他の人と比べてしまうから

好きだけど得意ではない・・という

面白い考え方になってしまうのです。

他の人と比べる必要などまったくありません。

あなたが好きだと思うことは、あなたの得意なことなのです。

興味があって、どんどんやりたいと思うことは得意なことなのです。

自信を持って、私はこれが出来ます、得意です・・と言ってください。


あなたの世界はとてもうまく出来ています。

得意な人がいれば必ずそれを苦手とする人がいます。

反対も同じです。

とてもバランスがよくできています。

だから、苦手なことがあったとしても

得意とする人にお任せすれば何も困らないのです。

社会、世界はスムーズに動いて行きます。

変に不得意なことばかりにフォーカスして

そこにエネルギーをかけ、平均的に

何でもできるようにしようとする方が、

社会的にうまく行かないのです。

ギクシャクとした社会になってしまうのです。

そして、そういう社会はみんながエネルギー不足になりますので

とても息苦しいものとなります。

みんなが不機嫌さんになるからです。

それが、いまのあなた達の社会なのです。

学校で習ったこと・・得意なことはいいから

苦手なことを出来るようになるまでがんばりなさい・・

という考えはきっぱりと手放して、苦手なことはいいから

得意なことだけをしていてください。

みんながそういう考え方になり

得意なことだけをしはじめたら

ご機嫌さんばかりの楽しい社会になります。

そして、みんなが得意なことを提供しあえば

まったく何も困ることなく、

スムーズに楽しく自由に生きていける社会になるのです。

簡単ですね・・苦手なことにエネルギーを費やすのはやめて

得意なことだけをする。

それだけで、あなたも、あなたの社会も大きく変わります。

自信に満ちあふれた社会になるのです。

エネルギーに満ちあふれた社会になるのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

 

マイコメント

何でもできる人は誰から見ても「素晴らしい人だ」と思わせるところがあります。

しかし、天は二物を与えずということわざにあるように、何でも出来ているように

見えても、その人にも必ず出来ないものがあります。

他人と自分を比較して、自分が出来ないところばかり見ていてはいつも落胆して

自信を失ってしまうので、その人の不得意な部分も見てみると良いです。

それがもしかしたら、自分が得意としているところかもしれないのですから。

ただ、自分はこうなりたいという願望があるのなら、それはやる気があると

いうことであり、関心があるということなので、どんどんやってみると良いです。

そのうち、自分が得意とするもののひとつに豹変するだろうと思います。

しかし、今何も思い浮かばないという人は自分が普段何をいちばんやっているか

ということを考えてみればいいと思います。

やりたくないことは誰もやりません。でも、いつもやっていることなら、それが

いちばん得意とするものでしょう。

だらだらとテレビばかり見て過ごしていても、それが何を観ているかを探って

みると、自分の得意とするもののヒントが見つかると思います。

特定のジャンルなら、それがいちばん得意とするものかもしれません。

ドラマだったら・・・。役者、脚本家、AD、カメラマン、俳優、女優などたくさん

周辺の仕事があります。その中にだって見つかるかもしれません。

そのためには限定をつけずあれこれと想像たくましくして見るのがいいですね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました