破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:本当の自由」

スポンサーリンク
自由の象徴 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:本当の自由」

今日の破・常識!

たくさんの鎖につながれ、あなた達は生きているのです。

そして、一番困ったことが・・

自分は自由だと思い込まされているということです。

許された範囲内だけの自由だということに

気がついていないことです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1283 本当の自由

「本当の自由」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

本当の自由を知ってください。

本当の自由です。

あなたはいま、自分は自由だと思っています。

手足を縛られているわけでもないし、どこに行くのも自由だし

どんな服を着ても、どんな場所に住んでも

何をしても(犯罪以外)自由なんだから、自由でしょ・・

って思っていると思いますが、

あなたの自由は制限の中で許された自由なのです。

でも、何も縛られていませんよ・・と思っていると思いますが

あなたは思考の部分で

がんじがらめになってしまっているのです。

長い鎖をつけられて、その鎖の範囲の中では

自由に動いていいですよ・・と言われているのと同じなのです。

その鎖の範囲であなたは自由だと思っているということです。


ではその鎖に相応する思考とは何でしょうか?

たくさんあり過ぎて、というかすべてですのでここで

これですとお伝えすることは出来ませんが

簡単に言えば、常識、倫理感、道徳観、宗教、科学・・

と呼ばれるもので教えられていることです。

これが常識です・・だから、それを守らなければいけない

常識から外れたことをしてはいけません・・

というのは思考をつないでいる鎖なのです。

目には見えませんが、がっちりとあなたの首

もしくは手足に縛り付けられた鎖なのです。

倫理観、道徳観・・それも宗教からくる思考の鎖です。

死に対する思考もそうです。

死後に対する教えと言われるものもそうです。

死後に楽しくて楽なところ、天国、極楽に行くために

いま生きているこのときを我慢するべきです・・というのも

あなたを強く縛り付ける鎖なのです。

天国も極楽も地獄もありません。

だから、あなたは何をしてもいいのです。

この話をすると必ずと言っていいくらい

じゃあ人殺しも、盗みもしてもいいんですか??

・・・というご質問が来ますが、

根本的なところから見ればそれもOKなのです。

でも、あなた達は倫理観、道徳観、宗教という

太く頑強な思考の鎖に縛られているので

それはなかなか理解出来ないと思います。

この話はとても長くなりますので、

今日はこの話はしないで自由の話に戻りますね。


科学と言われるものも同じです。

科学がすべて、科学で解明出来ないものはない

そして科学で証明出来ないものは

マユツバもの、無いもの、ただの妄想と教えられていますが

あなた達の科学は何も分かっていません。

先ず、根本的な波動エネルギーというものが

理解出来ていないので、何もわからないのです。

でも、科学が万能ですべてだという

思考の鎖につながれていますので

真実へは到達することが出来ないのです。

自由に発想することが出来ませんので

鎖の範囲の中をぐるぐるとまわっているだけになります。


自由とは、何も、どこにも鎖がついていない状態のことです。

朝は起きて働きに(学校に)行かなければいけない

・・これも鎖です。

朝起きたくない人は起きなくてもいいんです

・・それが自由です。

お腹がすいてもお昼休みにならないとご飯を食べてはいけない

・・それも鎖です。

お腹がすいたら、すいたときに好きなものを

自由に食べることが出来るのです。

夜は寝なければいけない・・どうしてですか?

眠くなければ寝なくてもいいのです・・

人には夜型の人もいれば、朝方の人もいるのですから

その人の個性に合わせて自由に好きな時間に

好きなだけ寝ればいいのです。

きちんとした健康的な生活習慣を身につけましょう

・・これも鎖です。

こう見ると、あなたの生活や社会の鎖が見えてくると思います。

たくさんの鎖につながれ、あなた達は生きているのです。

そして、一番困ったことが・・

自分は自由だと思い込まされているということです。

許された範囲内だけの自由だということに

気がついていないことです。

何も鎖のついていない自由とはどういうものなのか?・・

ちょっとでいいですので、考えてみてください。

そして、見つけた鎖を少しずつ外していってください。

本当の自由が少しづつ分かってきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

正直多くの人が自分は自由だと思っていると思います。

特に中国やソ連、そして開発途上国の人々と比べたら自由主義社会の日本ははるかに

自由な社会だと思っているはずです。

でも、それは定められた約束事を守っていれば・・・という条件付きです。

不自由な最たるものはお金に関するものです。

税金を払いなさい、これは国民の義務ですよ!

と言われ毎月所得税や住民税、形を変えた税金である国民年金、健康保険税、失業保険

などたくさん払っていると思います。

もし、払わなければ・・・。

重加算税という税金が課せられ、本来払わないといけない金額より多く請求されます。

それでも払わなければ・・・。

そうです。刑罰の対象となります。


銀行から家の購入資金としてお金を借りると・・・。

利息が付き場合によっては2倍から3倍の総支払額になります。

支払えなければ・・・。

家を銀行に取り上げられ競売にかけられ家を失います。

家のローンが残っていれば、売却額に満たない場合ローンが残ります。


税金は国家の運営のために必要なものと思いますが、実態は必要以上に支払わされて

いるはずです。所得税、住民税、健康保険税、国民年金以外にも形を変えて私たちの

生活の中に巧妙に忍び込んでいる税金がありますがほとんどの人が気づいていません。

ガソリンなどもそうです。それ以外にも商売や契約、不動産の売買などにかかる税金や

手数料などがそうです。すべて合わせると私たちのもらうサラリーの60%が税金に

なっています。だから、40%のお金で生活していることと同じです。

それを巧妙な仕組みで何重にも加算されている税金があります。

それでは私たちの生活が楽にならないのも当然と言えます。


銀行から借りたローンになぜ利息が必要なのでしょうか?

手数料という名目と思いますが、今は総支払額が150%から200%になると思いますが

高度成長期の時には3倍以上は覚悟しなければならないものでした。

今の住宅価格は都心だったら安くても4000万円台です。

それを35年かけて返済するつぃても35年間で6000万円から8000万円の支払額になります。

これが私たちの生活の自由を奪っていることに気付かないのでしょうか?

もし、利息がなければ・・・。支払いが滞っても長期間の猶予があれば・・・。

考えればいろいろ出てくるはずです。

結婚もそうです。法律でがんじがらめに縛り着けられます。

アシュタールが語っている常識や習慣、しきたりなどが本当は税金やローンを

当たり前と思わせている要因です。

税金は国民の義務と教育され支払わないと罰せられますという名目の上に毎年多くの

人がみせしめのように処罰されています。

それが常識と思わされ従うことを強要されているということです。

もし、その常識がおかしいと思えば、誰も税金を払おうとは思わなくなるでしょう。

必要十分以上の税金を払っているのですから・・・。

ローンだってそうです。

借りれば利息が付くのが当たり前のことと思わされ従うことを要求されます。

もし、利息自体が不合理な制度だとわかれば、家のローンに縛られることを拒否

し始めるでしょう。


社会的合意の上に成り立っていると思っている常識は誰かが作ったものです。

その誰かとは支配者ですが、彼らの利益となる体制を作るために教育や宗教

習慣などで作られたものです。

それに気づけば、日本は不自由な社会だと思うはずです。

香港で国家安全法が施行されこれまで以上に生活に不自由さが増しましたが

それに比べたら日本はまだましだと思う人いるかもしれませんが、その考え方

自体が自由を失っている証拠です。

自由を優劣の差で持って受け入れるのであればそれは自由ではありません。

不自由を受け入れているのと同じです。


私たちにとって本当の自由とは何かを再度考えてみる必要があると思います。





コメント

タイトルとURLをコピーしました