破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:宇宙は循環です」

スポンサーリンク
クラインの瓶 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:宇宙は循環です」

今日の破・常識!

宇宙はどんどん広がっているのではなく

無限に循環しているのです・・

と お伝えしたいと思います。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1287 宇宙は循環です

「宇宙は循環なのです」by アシュタール


「こんにちは、こうしてお話しできることに感謝します。

宇宙は無限です。

限りがないのです。

無限といっても、きっとあなた達のイメージする

無限とは違うと思いますが。

宇宙は広がり続けているのではありません。

宇宙は繰り返しているのです。

繰り返す・・循環しているとも表現できます。

大から小へ、小から大へ・・

ずっと循環を続けているのです。

あなたの外側をずっと広げていくと宇宙につながります。

そして、その宇宙をずっと広げていくと

今度はあなたの中へと戻ってくるのです。

難しいですか?


メビウスの輪というものはご存知ですか?

メビウスの輪は平面をグルグル回るものですが

その立体版だと思っていただければ理解しやすくなると思います。

小さなところから出てどんどん大きくなっていって

そしてその限界が来ると

今度は方向を変えて小さくなって行きます。

それの繰り返しなのです。

それが循環なのです。

宇宙は循環だと言ってもいいと思います。

ただ、あなた達から見るととても大きな循環なので

循環が感覚的にわからないので

ずっと広がって(大きくなって)いるとしか思えないのです。

宇宙は空間だと思ってしまうから

広がっていくという発想になります。

宇宙は空間ではなく、エネルギーの循環なのです。


テラもすべてが循環しています。

たとえば水もそうですね。

山の地面から水が湧き出て、それが川に流れ込み

川はそのまま海に流れ込み

海や川などから太陽に熱せられて

蒸気になり空へ上がり、そして上空で冷やされ

雨粒となって地面へ落ちて来る。

その雨が地中に流れ

また山などの地面から出て来て

また流れはじめる。

とてもシンプルに説明しましたが

こうしてテラの水は循環しているのです。

循環しているから

テラの上の生命を維持することが出来るのです。

水だけではありません。

空気もそうです。水や空気そしていろいろな

栄養分が循環しなくなると

テラは生命を維持することが出来なくなります。

宇宙も同じなのです。

宇宙はエネルギーです。

エネルギーが循環しているから宇宙なのです。

エネルギーが止まってしまうと

宇宙はなくなってしまいます。

循環はとても大切なことなのです。

そして、循環はギャップをうみます。

そのギャップがまた循環をもたらすのです。

ギャップがあるからエネルギーが出来る(動く)のです。

宇宙はエネルギーなので

ギャップがあるところにエネルギーが流れ、うまれます。

アシュタールは、一体何が言いたいのでしょうか?


エネルギーは無限だということです。

そして、波動のことがわかれば、

簡単にエネルギーを生み出すことが

出来るということです。

石油や核などを使わなくても

簡単に手軽に安全にエネルギーを取り出すことが出来るのです。

宇宙の循環に入ることが出来れば

(というか宇宙の循環に入っているからあなたは

そこに存在しているのですが・・)

エネルギーは無限に取り出すことが出来るのです。

ギャップをつくり、エネルギーの流れを

創ることが出来ればフリーエネルギーは

簡単に手に入れることが出来ます。

小さな装置で大きなエネルギーを

取り出す(作りだす)ことが出来るのです。

ギャップ・・高低差・・を作ってください。

そうすれば、そこに循環がはじまります。

それがエネルギーなのです。

水の高低差(流れ)を利用して

エネルギーを取り出すのと同じ原理です。

意識もエネルギーです。

ですから、意識エネルギーでギャップを創ることもできるのです。

無意識の領域で、あなた達は意識エネルギーから

エネルギーを作りだしているので、

身体という物質を動かすことが出来ているのです。

口から入れた食品を、身体の中で分解、吸収する

・・それだけではエネルギーになりません。

分解、吸収することにより体内でギャップが起き

エネルギーへと変化するのです。

これ以上はムリですか?(笑)


意識エネルギーがあるから、物質の身体を創造し

身体を動かすエネルギーを補給し生命を維持しているのです。

それは循環しているからなのです。

ギャップのことがよくわからないと思いますが・・

循環がエネルギーになるというのは理解出来ると思います。

循環しているからこそ、エネルギーが出来

宇宙が存在出来るのです。

いまはそこだけでいいですので、何となくでいいですので

ちょっとだけ理解しようと意図してみてください。

循環を止めないでください。

循環こそがすべてのエネルギーのもとなのですから

・・・話がずいぶんそれてしまいました(笑)

宇宙はどんどん広がっているのではなく

無限に循環しているのです・・とお伝えしたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

「宇宙は循環です」と言われてもなかなかピンと来ないだろうと思います。

現代宇宙物理学によれば宇宙は広がり続けているというのが主流になっています。

しかし、それならば広がり続けたその先には何があるの?

という疑問が出てくると思いますが、誰もその答えを用意できる人はいません。

 

 
これは宇宙が循環していることを表すクラインの瓶というものですが、実際には

このような形をしていないと思います。あくまでも疑似的なものとして・・・。

この瓶の表面A点を出発してそのまま矢印の通りに進むと、いつのまにか瓶の内側に入り

込み気付けばA点の裏にある瓶の内側であるB点に到達しているのがわかると思います。

今私たちのいる地球がA点だったとしても宇宙の果てをたどっていけばいつのまにか

地球の裏側に来ているということです。

これはあくまでもエネルギーとしての流れを示すもので、実際に私たちが宇宙船に乗って

宇宙の果てまで旅するならば、地球の裏側である内部に到達していることになります。

それがどのような形で現れるのかは想像の域を出ませんが、宇宙が循環しているという

のはそういうことです。

だから、私たちがハップル望遠鏡で撮影した宇宙の果ては実は地球の裏側を見ているの

かもしれませんね。


あるいはトーラス状のモデルを提唱する人もいます。

 

これも宇宙が循環しているということを表すモデルです。

どちらにせよ、循環しているのはエネルギーだということです。

物が循環しているのではないということです。

物も形を持ったエネルギーと言えるので、すべてがエネルギーの流れと考えて

おくべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました