破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:自然と元気が戻ってきます」

スポンサーリンク
気分転換 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:自然と元気が戻ってきます」

今日の破・常識!

身体の疲れを回復するためには、

こころを休めることが大切です。

こころを休めるためには、元気がないことを楽しむことです。

あ~、私元気ないわぁ~~・・って、こんなに元気がなくなるんだぁ~

・・くらいに軽く楽しんでみてください。

そうです・・このままでいいと思えると

自然と元気が戻ってきます。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1291 自然と元気が戻ってきます

「自然と元気が戻ってきます」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

先ず、元気がないということが良くないことだという

思いこみを手放してください。

元気がない時は、元気がなくていいのです。

元気がない時に、元気がないのはいけないことだと思ってしまうから

また疲れてしまうのです。

ガソリンがない時に、ムリに空ぶかししているようなものです。

元気がない・・それは、無駄にエネルギーを

使わないようにしているだけです。

だから、元気がない時は、元気がなくていいのです。

元気がない自分を褒めてください。

元気をなくして、無駄にエネルギーを消費しないようにしているんだな・・

そんな私はすごい!って、褒めてあげてください。


あなた達は、常に何かをしていなければいけない

何かをしていないことに罪悪感を感じるように

教育されてしまっているのです。

たとえば、ボ~っとしていないで

さっさとすることをしてしまいなさい・・と

学校や家で言われませんでしたか?

ボ~っとすることは、とても大切なのです。

頭を休めることで、外からエネルギーを

受け取ることが出来るのです。

疲れたときに、頭がボ~っとして考えられなくなるのは

意図的に身体がエネルギーを

放出しないようにしているのです。

そんな時に無理やり考えようとか、動こうとすると

エネルギーを消耗するだけになって

どんどん疲れがたまっていくだけなのです。

こころの疲れは身体に影響します。

また、身体の疲れもこころに影響するのです。

うつと呼ばれる症状(うつ病という病気はありません)は

身体が疲れすぎてこころも疲れてしまうから起きるのです。

頭をボ~っとさせたり、疲れてたまりにたまってしまった

感情を吐き出すために理由もなく泣いたりする症状が出るのです。

ただ、疲れているだけなのです。

疲れているだけなら、休めばいいのです。

先ず、身体を休めるようにしてください。

でも、その時に、こんな時に休んでなんていられない

休んでいる自分は社会的にダメな人間だ・・などと思ってしまうと

こころがヘトヘトになってしまいます。

そして、こころが疲れてヘトヘトになると

どんなにゴロゴロとして身体を休めたつもりでも

こころの疲れが影響して身体も休めずヘトヘト感が抜けないのです。


元気がない時は、元気を出す必要はないのです。

エネルギーを無駄に消費しないために

元気を出していないだけです。

ならば、エネルギーが充てんできるまで

元気をためておいてください。

分かりますか?


エネルギーを補給するにも、エネルギーがいるのです。

補給するためのエネルギーを使わないように

元気をなくしているのです。

だから、ムリに頑張って元気をだそうとして

エネルギーを無駄使いしないでくださいね。

元気がない時は、元気がなくてOKなのです。

それはとても上手にやっているということなのです。

元気がないのはいけないこと、ダメなこと、と思わないで

思いっきり元気がないあなたを楽しんでください。

元気がない自分を楽しんでいると

気がついたらエネルギーが充てんされています。

そうすれば、勝手に元気になります。

身体の疲れを回復するためには、こころを休めることが大切です。

こころを休めるためには、元気がないことを楽しむことです。

あ~、私元気ないわぁ~~・・って、こんなに元気がなくなるんだぁ~

・・くらいに軽く楽しんでみてください。

そうです・・このままでいいと思えると

自然と元気が戻ってきます。

気持ちが元気になると身体も元気になるのです。

どちらも休めてあげてくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

元気が出なくて疲れているようなときには寝るのがいちばんです。

好きなだけ寝てみることをお勧めします。

そうして、気のすむまで寝ていて起きれば少しだけでもいいので疲れが取れて

いれば元気になれることを意味します。

それでも元気になれないときには気分転換をしてみるといいでしょう。

静かな郊外を歩いてみるとか電車で出かけてみるのもいいです。

一番いいのは自然に触れることです。

風景のきれいな公園でもいいです。

木漏れ日を感じながら生い茂っている植物の息遣いを感じながら歩いてみると

気分のリフレッシュに役立ちます。

時には花々を飛び交う虫たちを眺めてみるのもいいでしょう。

その息吹を感じ取ることでエネルギーがチャージされます。

そのようなことが好みでないなら、静かにボーっとして頭を休めているのが

もっとも効果的です。

何も考えず窓から見える風景をずーっと見つめているの良いです。

窓から差し込む太陽の光を浴びればもっと気分が軽くなると思います。

気分が重い時には日が差す明るいところへ行きましょう。

そこで一日過ごしてみるのもいいです。

仕事のことも煩わしい友人関係や親せきなどのことも忘れてしまいましょう。

日曜日や休日には誰にも会わずにボーっとしてみるのがいいです。

それに飽きてくればもう一度何かしたくなる時期が訪れます。

そうでなければ、自分の好きなことにとことん熱中してみるとか

いろいろ自分なりに工夫して試してみるのがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました