破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:安く簡単に健康を維持する方法」

スポンサーリンク
ノンストレスな生活 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:安く簡単に健康を維持する方法」

今日の破・常識!

好きなことをしてご機嫌さんでいれば、ストレスもかかりませんし

エネルギーバンパイアとしての病気にもなりませんし

自分を罰するなんてナンセンスなこともしないですし

現実から逃げようとも思いませんし

ノボセも効果を無くします。

好きなこと、ご機嫌さんでいることが何より一番です。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

vol. 1306 安く簡単に健康を維持する方法

「安く簡単に健康を維持する方法」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

病気ですか・・簡単に言ってしまうと

自己免疫力と自己回復力が低下したために起きる

身体の不調だということです。

あなたの身体には自己免疫力と自己回復力があります。

それがしっかりと働いているときは健康でいられるのです。

でも、それらが低下してしまうことで、病気になるのです。


ではどうしてそれらの機能が低下してしまうのでしょうか?

その原因はほとんどがストレスです。

あなたが我慢すると、あなたの身体には

大きなストレスがかかります。

寒いや暑いなどの自然に起きるストレスもありますが

そのストレスは身体も慣れていますので

大きな病気の原因にはなりません。

精神的な我慢が身体には大きなストレスとなって

そのストレスが自己免疫力と自己回復力を低下させることで

身体に入って来た異物を無毒化することが出来なくなって

不調を起こすのです。

同じ寒さでも、抵抗力(自己免疫力)がある人は

ウイルスに感染しません(身体に入っても無毒化出来ます)が

抵抗力がない人は無毒化出来ないので

風邪(インフルエンザなど)をひいてしまうことになります。


それとは反対にストレスがかかると身体が過剰に

防御反応を起こしてしまうこともあります。

いつも食べているもの、触っているものなのに

それを身体にとって異物だと思い

無毒化しようと攻撃したりすることもあるのです。


次に考えられる原因は、病気になることで利益を得ることです。

どういうことかと言うと・・自分を見て欲しい

相手をしてほしい、優しくしてほしい・・という気持ちが強くなると

自分で自分の身体を病気にするということもあるのです。

あなた達は病気の人には同情します。

その同情のエネルギーを受けるために

病気になるという手段を使うこともあるということです。

本人はそれに気がついていない

(頭では分かっていない)かもしれません。

でも、病気になってみんなが自分に注目してくれることで

ご機嫌になる方がいらっしゃるということはご存知だと思います。

それは、エネルギーバンパイアとしての病気です。


あと考えられる病気の原因は、自分を罰するときです。

こんなことをしている自分はダメな人間だから

罰を受けるべきだ、受けなければいけない・・

と自分で思い込んでしまうと

罰として自分を傷めつけようとするのです。

これも頭では分かっていません。

自分を責めることで、自分に罰を下す・・

そのために痛みを作りだしてしまったりするのです。

痛みを感じているときは、自分を許すことが出来る・・

だから、自分で痛みを手放そうとしなくなるのです。

どこの病院にいっても原因がわからず、痛みも取れない

・・というときは自分で自分を罰しているという可能性もあるのです。


それから、エクスキューズのために

自分で病気を作りだすということもあります。

仕事に行きたくない、どうしてそれをしたくない、逃げたい・・

と思う気持ちが大きくなってくると、行かなくていい

しなくていい言い訳のために病気になることがあります。

学校に行きたくなくて朝になるとお腹が痛くなる

・・というのもそうです。

行かなくていいと言ってもらえればすぐにお腹もなおり

元気になります。

そのような経験はありませんか?


そして、次に考えられるのは、思い込みです。

プラシーボ効果の反対にノセボ効果というのもあります。

元気だったのに、誰かに顔色悪いよと言われた途端に

何だか元気がなくなってしまうということがあります。

ちょっと咳をしたときに、風邪ひいたんじゃない?大丈夫?

薬飲んでおいた方がいいんじゃない?と何度も言われると

本当に風邪をひいた時のような症状が出ることもあるのです。

それから、サインに気がついてもらうために

不調になることもあります。

身体の悲鳴ですね。

あまりに過労になると身体がサインを出します。

腰が痛くなったり、胃が痛くなったり、偏頭痛が起きたり

・・いろんな症状があると思います。

それはサインなんです。

私お腹が弱いんです。私すぐに頭が痛くなるんです。

歯が痛くなります。などなど、

弱いと思っているところがあると思いますが

それは身体の弱いところではなく

サインを出してくれるところだと思ってください。

いつものところに不調がでる・・

それは身体が限界だと教えてくれるサインだと思って休んでください。

サインが出ているのに無理をすると

本当に病気になってしまいます。

いろいろお伝えしましたが、

身体は自分の思考でどうにでもなるのです。

病気も自分で創りだしているということを理解してください。

ならば、病気にならないためにはどうすればいいでしょうか?

そうですね・・とても簡単です。

好きなことをしてご機嫌さんでいれば、ストレスもかかりませんし

エネルギーバンパイアとしての病気にもなりませんし

自分を罰するなんてナンセンスなこともしないですし

現実から逃げようとも思いませんし

ノボセも効果を無くします。

好きなこと、ご機嫌さんでいることが何より一番です。

健康食品をたくさん取って、健康診断に行くより

よほど安く簡単に健康を維持することが出来ます。

人生を楽しんでくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント


アシュタールの語ることは実にシンプルですね。

私はタイトルを見て、てっきり健康体操とか健康に良い食事とか習慣に関して

言及すると思っていましたが、良い意味で見事に裏切られました。


ストレスと言うのを私たちはあまりにも日常的にありふれていて、いろいろな

ストレスを毎日受けているので、それが当たり前と感じています。

だから、ストレスであろうとマインドでは気にしないことがあります。

でも、実際に身体の方がストレスを受けて悲鳴をあげているのです。

仕事だってそうです。りっぱなストレスです。

仕事で起きるミスから生じる批判や叱責などがストレスとなって身体に降り

かかってきますが、気持ちの上ではこんなことはどこの職場であっても当たり

前のことだからと真摯に受け止めてしまいます。

それが度重なって病気になるのです。

ところでアシュタールはワクチンの弊害については語りませんでしたが、おそらく

多くのワクチンは人の身体が無毒化しているからだと思います。

それがストレスが重なり免疫力や自己治癒力が低下したときにワクチンの影響で

病気が生じるということだろうと思います。

だから、病気にならないためにはストレスを減らさないといけません。


しかし、今度のコロナウイルスワクチンだけはだめです。

黙っていても打ってしまうと病気になります。

それはこれまでのワクチンと内容が大きく異なるからです。

昨日ナノマシンの記事を載せましたが、あれも荒唐無稽な話ではありません。

今すぐには無理でしょうがいずれ実用化されワクチンに入れられます。


だから、まずはストレスを増やさない、減らすことに注力する。

そのうえで食事や生活習慣に気を付けるということです。

そうすれば大概の病気をはねつけることができるでしょう。

そして、もっといい点があります。

それは生命保険に加入しなくともよくなることです。

さらに、加入しなければ無駄な出費がなくなり生活に余裕が出てきます。

そのほかいろいろと考えてみるといいと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました