破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:無関心でいるということは・・・」

スポンサーリンク
情報源 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:無関心でいるということは・・・」

今日の破・常識!

無関心でいるということは、

何も知らなくても良いということではなく

感情を動かさず、真実だけを見るということです。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

vol. 1324 無関心でいるということは・・

「無関心でいるということは・・・」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

無関心でいるということは、

何も知らなくても良いということではなく

感情を動かさず、真実だけを見るということです。

あ、そういうことをしているのですね、ご勝手に・・という感じでしょうか?

ですから、税金の使い道に関しても、知っていますよ

・・ということは必要なのです。


たとえば、いたずらをしている子どもがいるとします。

誰も見ていなければ、子どもはそれを続けます。

でも、誰かが見ているとそのいたずらをしにくくなります。

ここまでは大丈夫でしょうか?


しかし、それを叱責したり、力尽くでやめさせようとすると

子どもは反抗したり、意地になってそれをしようとしたりしますね。

でも、あなたがしているいたずらは知っていますよ・・

という雰囲気を出しながらも

何も言わない、何もしなければ子どもはどうでしょうか?

やりにくくなってきますね。

そして、やれなくなってきます。

少し状況は違いますが、心理的には同じようなものです。

デモをして抗議したり、力で何とかしようとしても、

それは逆効果になってしまいます。

彼らにとって、それは何も怖いことではないのです。

でも、あなた達が何をしているか知っていますよ

というエネルギーを出していても

何も言わないという態度を貫くと

彼らは気持ちが悪くなってくるのです。

そして、感情を動かさず、どうぞお好きになさってください

私たちはあなたに賛同したり、従ったりしませんけど・・

という態度を取れば、彼らは何もできなくなってしまうのです。

手の内がばれてしまっていると、手品もやりにくいですね。

それも、ネタバレしているのに

何も言わずじっと見られている方がやりにくくなります。

そのような感じです。


私がお伝えしている無関心は、

何も知らないということではないのです。

知った上で、感情エネルギーを動かさず

彼らに怒りなどのエネルギーを向けず、

ただ淡々と自分の好きな方向だけにフォーカスするということです。

それが、彼らと離れる方法なのです。

知らなければ、何も出来ません。

知らなければ、自分の意志で選択することも出来ないのです。

情報があって、知識を持つことが出来て

はじめて彼らのしていることが分かります。

手品のタネが分かります。

彼らのしていることがわかった上で、

彼らと違う世界を選択するのです。

(離れたいのであれば、ですが)


>自分は今はニュースはほぼ見ないので

水道が民営化されようとしてることすら分からないのですが

これでは無関心すぎでしょうか。


テレビのニュースで見なくても

別の形でしっかりと情報は入って来ていますね。

テレビで水道の民営化の情報を得なくても

このようにブログなどから情報を得ています。

それは、あなたが知りたいと思っているからです。

それは、無関心ではありませんね。

関心があるから、情報が入ってきているのです。

知っているけど、あえて何もしない・・

これが彼らにとってはイヤな?困る?ことなのです。

見ているけど、何も反応しない・・

このようにされるとやりにくくなるのです。

これはエネルギーの観点からの話です。

ですから、いつもお伝えしますが、

波動エネルギーのことが理解出来ると

この方法がとても効果的だということが

お分かりいただけると思います。

でも、私たちがおすすめするのは、

彼らの考え方ややり方を変えようとする方向ではなく

彼らと住み分ける方向です。

知っています、分かっています、見ています・・

だから、あなたとは一緒にいることは出来ませんので

違う方向へ進みます・・ということです。

住み分けてください・・波動領域を変えてください。

そうなれば、彼らに意識を向けることもなくなります。

彼らに見ていますよ・・というエネルギーを

向ける必要もなくなってきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!  

マイコメント

日本語は難しいですね。

でも、今回のアシュタールのメッセージで離れるということと抗議しないということを

両立させるやり方が理解できただろうと思います。

私がいつもやっているやり方はアシュタールの語っていることと同じやり方です。

情報はいつも集めています。

そして、その一部をこのブログに載せていますが、知らないわけではないのです。

もちろん一から十まですべて知っているということではないのですが、その時その時に

必要な情報は必ず入ってきます。

必要でないと思うと入ってこないのですが、それは自分が必要と考えている場合と、ハートが

必要であると考えてその情報に行き当たるように誘導される場合とがあります。

また、そのためには自分なりの情報源を持っておく必要があります。

今ならパソコンのブラウザーのお気に入り機能がありますからそこに登録しておけば

必ず見ることが出来ます。

問題は感情を動かさず見るということです。

中には不安や恐怖に駆られる情報もあるかと思いますが、それでも感情を動かさず冷静に

見ることが重要です。そうでないと、その感情に引きずられ予期しない事態を招くことが

出てきます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました